2009年05月15日

中川秀直代議士が政治家初の「mixi公認アカウント」取得

☆政治家もmixi活用 中川秀直さんが公認アカウント取得 (ITmediaニュース)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090515-00000057-zdn_n-sci

http://www.asyura2.com/09/senkyo63/msg/352.html


自民党の中川秀直元幹事長が、mixi

http://ja.wikipedia.org/wiki/Mixi

の公認アカウントを取得し、日記に政策や日常のできごとをつづっている。ミクシィによると、公認アカウントを取得した政治家は初。



《送料無料》(オムニバス) ザ・ベストテン スポットライト編(CD)
posted by はなゆー at 19:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イソップ寓話の「ロバをかついだ親子」と化した民主党(の落日)

「ああ、なんということだろう。これというのも“世論”
http://www.asyura2.com/09/senkyo63/msg/246.html
の言うことばかり聞いたからだ」



色塗られた民主党代表選だが主体性を持つべし
http://www.asyura2.com/09/senkyo63/msg/339.html
投稿者 のもろう 日時 2009 年 5 月 15 日 14:29:39


当の本人が微動だにせぬうちから周りがつつきだして岡田、鳩山両名の名が上がり今世紀最大の政局へと動き出した。

マスコミの誘導に乗せられながらの印象はぬぐえず、世論頼みの立候補が心もとない。

(略)

さて、鳩山・岡田両氏ばかりでなく民主党議員皆さんに共通するのは党内の異論や世論や周りを気にし過ぎて政策や戦略が中途半端になることである。

新体制のもとでは、くれぐれもイソップ童話の「ろばをかついだ親子」にならぬよう願いたい。



《イソップ寓話「ロバをかついだ親子」》

こなひきの おやこが いちばへ ろばを
うりに でかけました。

ふたりは ろばと いっしょに あるいて いました。

むらの ひとが わらいました。
「きみたち おばかさんだねぇ。ろばにのっていけばいいのに」

「なるほど それもそうだな。」 おとうさんは そうおもって
こどもを ろばに のせました。

じぶんは そばに つきそいながら あるきました。

すると、むこうから おとうさんの ともだちが やってきて いいました。

「おい、おい。こどもを ろばに のせて じぶんが あるくなんて よしたまえ。こどもを あまやかして どうする。 こどもは けんこうの ためにも あるいたほうが いいんだよ。 あるかせろ。 あるかせろ。 」

「なるほど それもそうだな」 おとうさんは そうおもって、こどもを ろばから おろし、かわりに じぶんが のりました。

しばらくいくと、こんどは うしかいのおねえさんが かおを しかめて いいました。

「まぁ、よのなかには ひどい おとうさんも いるものね。
じぶん ばっかり、らくしちゃってさ。
ちいさな こどもを あるかせるなんて。
かわいそうに こどもが つかれて くるしそうじゃないか。 」

「なるほど それもそうだな」 

おとうさんは そうおもって、こどもを じぶんの まえに のせました。

こんどは おやこ ふたりが ろばにのって、いちばの ほうへ すすんで いきました。

ろばは ふたりも せなかに のせて、だんだん くるしそうに なってきました。

あしが よたよた してきました 。

やがて、ろばは きょうかいの まえに つきました。
きょうかいの まえには、 ぼくしさんが たっていて おとうさんを よびとめました。

「もしもし、ちょっと まちなさい。 そんな ろばが かわいそうじゃないか。おとうさん、 ろばをみて ごらんなさい。 よたよたして つらそうだ。」

「なるほど それもそうだな」 おとうさんは そうおもいました。

いちばに いくまでに ろばが よわってしまっては
うりに だすことが できません。

「どうすればいいんだろう」こまった おとうさんに、 ぼくしさんは いいました。

「ろばを かついでいきなさい」

「なるほど それもそうだな」

おとうさんと こどもは ろばからおりました。

それから ろばの あしをしばり ぼうにくくって ふたりでかつぎました。
 
ところが、おもくて おもくて たいへんです。

おやこは たいへんな おもいで
ろばを かついで いきました。

そのようすを ながめていた ひとたちは
あきれていいました。

「ばかな おやこだねぇ」

もうすぐ いちばに とうちゃくです。
ろばを かついだ おやこは まもなく はしの うえに つきました。

「もうすぐ いちばだ がんばろう」

しかし、ろばが あばれだしました。
さかさに つるされて いるので くるしかったのです。

ろばが ひどく あばれたために
ぼうが ポキンと おれてしまいました。

ろばは かわの なかにおち、
ながされて いってしまいました。

「ああ、なんという ことだろう。
これと いうのも ひとの いうことばかり
きいたからだ 」

おとうさんと こどもは しょんぼりと
いえに かえって いきました。



イソップ寓話集
posted by はなゆー at 15:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡田克也・次期民主党代表が「検察批判は自制すべき」

☆岡田氏会見「検察を頭から否定すべきではない」 (産経新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090514-00000620-san-pol

http://www.asyura2.com/09/senkyo63/msg/311.html

私は、今回の事件もそうだが、政党が前面に出てて検察批判をするのは避けるべきだ。具体的当事者が批判をするのは当然だ。裁判の中でもそうですし、自ら降りかかった火の粉を払うというのは当然ですね。しかし、政党が国家権力の中核にある検察というものを、頭から否定するような言い方は絶対すべきではない。具体的な問題があれば指摘をすればいいんです。例えば今回、おかしなことはいろいろあった。事情聴取を受けた現職議員のことが事前に漏れているというのには憤りをおぼえるが、検察のやっていること全体がおかしいというかのごとく、そういう言い方を政党がするのは、国家権力の根幹を政党が否定することになりかねないので一定の自制があるべきだ。



《有力ブロガーの反応》

☆「政党が国家権力の中核にある検察を否定するような言い方は絶対に避け、一定の自制をするべきだ」なんてアホこく岡田克也はやはり政権奪取する気概など元からないようだ (憂き世の日々に埋もれて、たまには温泉へ)

http://onsen-kabumasa.cocolog-nifty.com/okirakunikki/2009/05/post-62cd.html

http://www.asyura2.com/09/senkyo63/msg/312.html

昨日民主党代表への立候補を決めた鳩山由紀夫幹事長と岡田克也副代表が記者会見した。その中で岡田克也が応えている部分読んで、やはり岡田克也は政権奪取をする気がないんだなとわかる。だいたい前回の郵政民営化詐欺総選挙でもまるで自民を支援するかのようなことしか出来なかった人物だ。

(略)

相も変わらず自民の腐れ狗状態のマスゴミのクズ記者どもは小沢一郎の「説明責任」なるものをアホのごとくに同語反復ばかりしているようだ。

そんな馬鹿なマスゴミに対してまさに馬鹿正直そのものに誘導に乗ってしまっている愚かさは度し難いほどの馬鹿だ。ここは、凛として小沢秘書逮捕事件は検察の横暴だとか、自党の代表だった人物が何のやましいこともないとさんざんご丁寧な会見で説明しているんだからマスゴミを一喝するべきだし、その度胸もないのか。

なんなのだこの回答は。「政党ではなく個人として説明責任を果たしていくべきだ」って、お前は自民クサレ議員の同類か。しかもだ、「政党が国家権力の中核にある検察を否定するような言い方は絶対に避け、一定の自制をするべきだ」と来た。検察なんてのは官僚の一組織に過ぎず、しかも逮捕・起訴の暴力機構でもある。戦前の特高の暴虐を忘れたのか。この言い方じゃ、この頑固で一貫している(何を一貫しているのかサッパリだが)とからしい岡田克也なる人物は権力には一切抵抗するな、逆らうなと言っているのと同じではないか。自民カルト癒着腐敗政権から政権を奪取して新しい政治世界を創り出すと言う気概がまったく感じられない。所詮官僚上がりの金持ち坊ちゃんでしかない訳だ。

自民やクソマスゴミが岡田克也は国民的人気があるなどという妄想を撒き散らしているのも宜なるかなだ。




☆正体見たり岡田克也 (反戦な家づくり)

http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-707.html

http://www.asyura2.com/09/senkyo63/msg/306.html

代表選出馬の記者会見で、いきなりこれだ

「政党が国家権力の中核にある検察を否定するような言い方は絶対に避け、一定の自制をするべきだ。」

私は国家権力には絶対に逆らいませんと、現政権に忠誠を誓っているようなものだ。

ダメだこりゃ。

頑固で融通が利かないなんて言う評判は、たぶん岡田サイドが流している自画自賛情報だ。

国家権力の中枢には逆らいません、なんて誓いをたてるヤツに頑固という評価はあたらない。モッタイナイ。ホンモノの頑固者にたいする侮辱だ。



ハンニバル
ラベル:岡田克也
posted by はなゆー at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

衆院選後に「民主党トロイの木馬派(ユダ派)」が与党と連立か?

☆インタビュー:7月総選挙が望ましい=安倍元首相 (ロイター)

http://news.goo.ne.jp/article/reuters/business/JAPAN-380068.html

http://www.asyura2.com/09/senkyo63/msg/308.html

また、選挙の結果、民主党が分裂し、そのグループと自民党が連立を組む可能性もあるとの見方を示した。その際には政策での一致が重要とした上で「民主党に自民党と全く政策の変わらない議員がたくさいんいる」とした。



ときわ村 トマトジュース 1L※無塩・無添加

 
ラベル:安倍晋三
posted by はなゆー at 05:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伝統的に危機管理がお粗末な民主党(の落日)

http://www.asyura2.com/09/senkyo63/msg/309.html

262 名前:るな[]
投稿日:2009/05/15(金) 02:10:31 ID:ihqE5tQA

民主党にとって問題なのは「代表が変われば、新代表効果で順風が再び吹く、それで選挙を戦う」と本気で思っている人がいること。マスコミや評論家なら全然問題ないが、議員さんでそのように考えている人がいるのはどうか、そんなに事がうまく進むのか?

無党派層にも「新代表効果」を期待する声がけっこう多い。お金はださないが口はだす人の考えはどうしても楽観的になりがちだ。一般党員、小選挙区の予定候補者の危機感はものすごい。気の毒になるぐらいだ。何度も書いてるが、ポスターやキャッチフレーズの変更などよけいな出費も痛い、なにより世間の目が変わった、活動員は身にしみて感じている。



268 名前:無党派さん[sage]
投稿日:2009/05/15(金) 02:15:08 ID:04vjQdyf

今の体制で十分戦えるのに新代表効果なんて期待する方がおかしい。




280 名前:るな[]
投稿日:2009/05/15(金) 02:26:37 ID:ihqE5tQA

268が書いている通り小沢代表のままのほうが十分戦える。3月24日に代表続投を決めたので「西松」の問題は小沢氏個人でなく党として戦う姿勢を世間に示した。

ところが秋田と千葉の県知事選で敗れてから民主党内が動揺した。そこからおかしくなった、強気の態度が消え、解散の時期をさぐるようになった。

「国策捜査」の批判がある。小沢氏擁護の評論家が主張したが、党として3月5日に説明で「説明責任」は果たしたとの態度を取った、これが一番の間違いで評論家の口でなく民主党、できれば小沢氏が粘り強く「国策捜査」であるとの批判を展開すれば支持率はある程度回復したのではないか。

政治家のスキャンダルの場合は「疑惑の本質」よりも政治家の「説明」を国民は優先する。5日の小沢氏の会見はお粗末なもので、あの会見だけで「説明責任」を果たしたなんて考えたのはいくらなんでも虫がよすぎる。だから二ヶ月たっても辞任しろの声がおさまらなかった。



287 名前:るな[]
投稿日:2009/05/15(金) 02:39:29 ID:ihqE5tQA

「西松」の件がホントに「国策捜査」なら、民主党は党をあげて小沢氏を擁護しないといけない。だから24日の続投となった。来るべき選挙の争点として検察の不当な権力の行使を訴えればよかっただけだ。

ところが選挙に負けそうだとのことで小沢氏が辞任した。実質は解任だ。擁護するといっていざとなったら見捨てたようなもんだ。断固たる決意もない、危機管理に乏しい政党だとの認識が改めて示された形だ。

民主党の危機管理は過去の歴史を振り返ってみてもお粗末そのものだ。菅氏の女性スキャンダル、鳩山氏の代表選後の人事での騒動、そして永田偽メール問題、連立騒動と結党10年ちょいにしては多すぎる。そして今回の「西松騒動」。いいかげんにしてほしいというのが正直な気持ちだ。



ときわ村 トマトジュース 1L※無塩・無添加
posted by はなゆー at 05:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする