2009年08月05日

〔メモ〕漆間官房副長官は陸幕調査部調査第2課調査別室長だった

☆戦前型警察国家の謀略官僚人脈 - 漆間巌、大林宏、田母神俊 (世に倦む日日)

http://critic6.blog63.fc2.com/blog-entry-40.html

経歴はこうなっている。1969年警察庁に入庁、1980年在ソ連日本大使館の一等書記官、1987年防衛庁陸幕調査部調査第2課調査別室長、1989年奈良県警本部長、2001年警察庁警備局長、2004年警察庁長官。



☆漆間巌と 『ねじまき鳥クロニクル』 − 対ソ謀略機関工作員の運命 (世に倦む日日)

http://critic6.blog63.fc2.com/blog-entry-43.html

後の陸幕調査2課別室、戦前の参謀本部謀略課は、こうした特務機関の工作員を教育して満蒙方面に送り出していた組織である。その任務はまさに謀略工作であり、満州を手に入れた陸軍が、次の標的をモンゴルに定め、極東でソ連と大きな戦争を起こし、ナチスドイツと東西から挟撃してソ連に侵入し、共産政権を倒してバイカル以東のシベリアを支配統治する戦略意図のものだった。ソ連は崩壊したが、漆間巌や大林宏や安倍晋三にはまだ仕事があり、憲法を変えて日本を戦前の警察国家の原状に戻すべく、まずは北朝鮮と戦争を始めなければならない。拉致問題というのは現代の満州事変そのものだ。



☆陸幕二部別室 (防衛大学校卒業者である竹原信一・阿久根市市長
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E5%8E%9F%E4%BF%A1%E4%B8%80
のブログ)

http://www5.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=521727&log=20070609

私が自衛隊に居た頃、何をやっているのかわからない所として聞いていたのが「陸幕二部別室」という名前だった。当時は「軍隊だから秘密組織があってもおかしくはない」という程度だった。

「自衛隊中央病院の上の階に、多くの精神状態がおかしくなった高級幹部が入院している」という事を私に話した人も、精神面の治療でその病院に入院させられた事を知り、自衛隊の闇の部分をなんとなく感じていた。

退官後、自衛隊で心理戦の専門教育を受けたという人物から、「自衛隊には戦前から『ある金持ち組織』のためにあらゆる工作をおこなう所がある。」という話を聞いた。その人物の祖父は特別な組織の教官をやっていたという。また、最近では人の前頭葉の一部を破壊して廃人にする方法に変わり、カテーテルを使って脳のごく一部を破壊して人格を変える技術が使われているとも語った。 その後、彼は施設の入所者を虐待したということで警察に逮捕されたという報道があった。 

報道で国会議員達の発言を聞いたり、市議会議員をしていて実感するのは政治家の間抜けぶりと、役人組織の悪かしこさだ。こんな状態で政治や行政がまともに機能すると考える方がどうかしている。世間はバカや欲深人間ばかりではない。あまりにもおかしなこの状態が続いている事こそ奇跡的でさえある。

この馬鹿げた状態が偶然に続いてきたとは考えられない。大きな強い闇の力が働いていると考えるべきだ。日本を動かしてきた極悪秘密組織の正体が姿を現してきている。


(略)

キャンプ座間には、米軍の極東全体における機密情報収集の司令部、米陸軍第500軍事情報大隊、通称500MIがあり、極東全体での心理戦争を担当している。

(略)

本来自衛隊と米軍は別組織であり、駐屯地が同一などと言う事は有り得ない。自衛隊の駐屯地が米軍基地の「内部」にあるという「異常」な形態を取っているのは、日本全体、自衛隊全体で「ここだけ」である。

しかも極東全域を統括する大きな「大隊司令部」の中にあるという「極めて重要視された」形で、「国民を一定方向に誘導する」ための心理戦争部隊が日米完全一体化されている。




☆人体へのハッキング攻撃:発達する「神経工学」とその危険性 (WIRED VISION NEWS)

http://wiredvision.jp/news/200908/2009080323.html

他人の脳をハッキングしたいと思う人などいるだろうか、という反論もあるかもしれない。だが研究チームによると、コンピューターを用いて人の神経系を攻撃した例はすでにある。2007年11月と2008年3月に、悪意あるプログラマーたちがてんかん患者の支援サイトを攻撃し
http://wiredvision.jp/news/200804/2008040122.html
、点滅するアニメーションを掲載したために、図形感受性てんかん患者の一部が発作を起こしたのだ。



野球狂の詩(水原勇気編 3)新装版
ラベル:漆間巌 竹原信一
posted by はなゆー at 20:44| Comment(2) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【要警戒】小沢一郎氏を暗殺できる科学技術が既に存在するようだ

☆ウィキペディア「小沢一郎」の項→

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B2%A2%E4%B8%80%E9%83%8E

5月9日の会見で、衆院本会議を欠席しがちな理由として「食後すぐに仕事にとりかからないなど、医者の忠告を守っている」と、自身の体調管理を理由に挙げたことに関し、「議会軽視だ」と各方面から厳しい批判を受けた。また、自身の健康状態を語ったことに対して様々な憶測が流れた。9月25日臨時党大会で正式に代表に再選された後、狭心症の発作の兆候を感じたため、都内の病院に検査入院した。10月5日に退院し、自身の動脈硬化が進んでいることを明らかにした。



☆民主党の政権奪取は簡単ではない? (飯山一郎のちいさなホームページ)

http://www.asyura2.com/09/senkyo68/msg/580.html

http://www.geocities.jp/o1180/index.html#ws0802

あ,総選挙が延期される可能性もある.

延期された場合は,小沢が不思議な死に方をする.




☆人体へのハッキング攻撃:発達する「神経工学」とその危険性 (WIRED VISION NEWS)

http://wiredvision.jp/news/200908/2009080323.html

Kohno氏らは、米国で260万人が使用している植え込み式除細動器(ICD、致命的な不整脈を止める医療機器)のセキュリティ上の危険性についても指摘している。例えばICDに一種のDoS攻撃をしかけて電池の寿命を縮めたり、機能を停止させることで殺人も可能という。



NIKKATSU COLLECTION 野球狂の詩 HDリマスター版/木之内みどり[DVD]
posted by はなゆー at 20:08| Comment(1) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酒井法子さんは最高裁判所の裁判員制度広報映画に出ている

http://www.saibanin.courts.go.jp/news/flash6.html

映画「審理」

主婦の奈緒子は,裁判員候補者の名簿に載ったことに戸惑いを感じつつも,家族3人で平穏な生活を送っていました。そんなある日,東京都内の駅の構内でナイフによる刺殺事件が発生。この事件の裁判に裁判員として参加することになった奈緒子。目の前で展開される審理の中で次第に明らかになっていく事実とは・・・・・・。



 日田天領水 ペットボトル 2L*10本【日田天領水】
ラベル:酒井法子
posted by はなゆー at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阿久根市長(防衛大卒)による「自衛隊の心理戦部隊」の解説

☆陸幕二部別室 (2007/06/09)

http://www5.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=521727&log=20070609


私が自衛隊に居た頃、何をやっているのかわからない所として聞いていたのが「陸幕二部別室」という名前だった。当時は「軍隊だから秘密組織があってもおかしくはない」という程度だった。

「自衛隊中央病院の上の階に、多くの精神状態がおかしくなった高級幹部が入院している」という事を私に話した人も、精神面の治療でその病院に入院させられた事を知り、自衛隊の闇の部分をなんとなく感じていた。

退官後、自衛隊で心理戦の専門教育を受けたという人物から、「自衛隊には戦前から『ある金持ち組織』のためにあらゆる工作をおこなう所がある。」という話を聞いた。その人物の祖父は特別な組織の教官をやっていたという。また、最近では人の前頭葉の一部を破壊して廃人にする方法に変わり、カテーテルを使って脳のごく一部を破壊して人格を変える技術が使われているとも語った。その後、彼は施設の入所者を虐待したということで警察に逮捕されたという報道があった。 

(略)

既報のように、自衛隊には国民を「鎮圧」するためのテロ組織、自衛隊幕僚2部という存在がある。また自衛隊には心理戦争を専門とする大きな部隊がある。

(略)

本来自衛隊と米軍は別組織であり、駐屯地が同一などと言う事は有り得ない。自衛隊の駐屯地が米軍基地の「内部」にあるという「異常」な形態を取っているのは、日本全体、自衛隊全体で「ここだけ」である。

しかも極東全域を統括する大きな「大隊司令部」の中にあるという「極めて重要視された」形で、「国民を一定方向に誘導する」ための心理戦争部隊が日米完全一体化されている。



昭和史発掘(5)新装版
ラベル:竹原信一
posted by はなゆー at 11:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔衆院選〕和子夫人が最新予想を発表した

「和子夫人」
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%cf%c2%bb%d2%c9%d7%bf%cd?kid=272355
による最新予想

        ↓

http://f15.aaa.livedoor.jp/~tokuou/senkyo2009/shuuinsen.cgi?mode=shousai&num=121

詳細
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1064934957/


自民 118
公明 26

民主 299

社民 8
共産 11


★都議選では惨敗した社民共産だが、ここでは微増となっている。



山内和彦/選挙

ラベル:和子夫人
posted by はなゆー at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする