2009年10月18日

〔ケニア動画〕港湾都市Malindiで洪水

Malindi floods

http://www.youtube.com/watch?v=mQSyAjSdUYM


Several roads in Malindi town
http://en.wikipedia.org/wiki/Malindi
have been rendered impassable following heavy rains that have pounded the coastal town for the last three days. Residents seeking to buy items have had to wade through pools of water with majority staying indoors hoping that the rains will subside.

posted by はなゆー at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口からセメントを吐く「アソウ星人」が日本侵略

☆広島長崎が五輪共同開催へ、消費者庁移転見送り、オバマ大統領がノーベル平和賞受賞 (謙遜と謙譲の音楽)

http://ch10670.seesaa.net/article/130572804.html

http://www.asyura2.com/09/senkyo73/msg/502.html

A:政界を引退した小泉さんだけは調子付いているよ。

N:ウルトラマン映画に声優として出演するらしいな。

A:麻生さんも「アソウ星人」として出演するらしいよ。

N:テキトーなことを言うなよ。

A:アソウ星人は口からセメントを吐いて、日本中を道路やダムだらけにしちゃうんだよ。

N:造るのかよ。地球侵略に来たんだから破壊しろよ。



【やきとりの一平】室蘭やきとり 20本セット
posted by はなゆー at 17:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パキスタン諜報機関が西側からの援助狙いでタリバンを支援

☆パキスタン諜報機関がタリバン支援、狙いは西側援助=アフガン政府顧問 (ロイター)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091018-00000963-reu-int

http://www.asyura2.com/09/warb1/msg/290.html

アフガニスタンのスパンタ外相の上級政策顧問であるダブード・モラディアン氏は、ロイターのインタビューに答え、同国で自爆テロなどの攻撃を繰り返す武装勢力に対し、隣国パキスタンの諜報機関である軍統合情報部(ISI)が支援を行っているとの見方を示した。

英国際戦略研究所のセミナーでロンドンを訪れたモラディアン氏は、ISIによる武装勢力の支援について、核保有国であるパキスタンが不安定化するという懸念を西側諸国に与え、財政支援を得ようとするのが狙いだと語った。

ISIの関与を示す確たる証拠はあるのかとの問いに、モラディアン氏は昨年7月にカブールで2人のインド人外交官を含む数十人が犠牲になったインド大使館での自爆攻撃を例示。パキスタンは当時、この事件を強く非難し、自国の関与を否定したが、モラディアン氏は、ISIの諜報員がかけた電話記録を証拠として挙げ、その情報を各国の情報機関にも提供したという。

(略)

モラディアン氏がISIの関与を示す別の証拠として挙げたのは、アフガンに駐留する米軍と北大西洋条約機構(NATO)軍のトップ、マクリスタル司令官が、今年8月に作成した報告書でISIの役割を公にした点。同報告書には、アフガン国内の主要な反政府勢力の幹部が「パキスタンのISI内部から支援を受けているという情報」についても言及されている。

また、モラディアン氏は、アフガンでのISIの関与がタリバンとアルカイダを含んだ「テロのトライアングル」の一部になっていると指摘。さらに、ISIの関与がアフガンで混乱が続く理由の一つになっているとも語る。このため、モラディアン氏は、パキスタン政府が軍とタリバンとの関係を断ち切らせるために取り組む必要があると訴えた。




《備考》

常岡浩介氏によるアフガニスタン現地からの報告(2009年4月8日)

http://www2.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=61383&log=20090408

昨日はこちらナングラハル州のテレビ・ラジオ局を訪ねて、代表者とお話する機会がありました。代表のザルマイ氏は去年こちらで起きたペシャワール会スタッフの襲撃・殺害事件について、「ナングラハル州のだれもが涙した」と語りました。その上で、こんな話をしました。

「事件はタリバンの仕業と伝えられているが、そうではありません。
ペシャワール会スタッフのクナール川利水活動を、ある隣国の人間たちが長期間監視していたのを私たちは知っています。クナール川の下流にダムを建設する計画を持っているこの国では、ペシャワール会がクナール川の水をナングラハルの住民に行き渡るようにすることで、自分たちのところに流れてゆく水が減り、計画によくない影響があると考えていたのです」

ザルマイ氏がどの程度の根拠を持ってこの話をしたのか、ぼくには分かりません。

「タリバンではなく、パキスタン諜報機関の謀略」だといっているわけで、たいへん驚きました。




☆アフガニスタン日本人拉致殺害、パキスタン情報機関が関与か (2008年9月3日のAFP通信)

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2513293/3286813

 アフガニスタンで非政府組織(NGO)「ペシャワール会」の伊藤和也さん(31)が拉致・殺害された事件で、アフガニスタン情報当局は3日、事件に関与したとして逮捕したパキスタン国籍の男が、パキスタン情報機関に雇われて拉致に協力したと供述したと発表した。

 アフガニスタン国家治安局(National Directorate for Security、NDS)の公式発表によると、逮捕したアディル・シャー(Adil Shah)容疑者が、パキスタン北西辺境州(North West Frontier Province)でイスラム神学校に通っていた。シャー容疑者は、パキスタンの3軍統合情報部(ISI、Inter-Services Intelligence)に雇われてアフガニスタン人3人とともに活動していたと供述していることを明らかにした。

 NDSの発表は、「アディル・シャー容疑者は、取り調べに対し、パキスタンISIが日本人スタッフの拉致・殺害を計画・実行したと供述した。また、アディル・シャー容疑者らのグループが多額の報酬を受け取った」と述べている。




☆パキスタン情報部が資金 容疑者供述とアフガン当局 (2008年9月3日の共同通信)

http://www.47news.jp/CN/200809/CN2008090301000984.html

http://www.asyura2.com/07/news6/msg/580.html

アフガニスタンで非政府組織(NGO)「ペシャワール会」の伊藤和也さん(31)が殺害された事件で、事件を捜査している同国の情報機関、国家保安局は3日、隣国パキスタンの情報機関「3軍統合情報部」(ISI)

http://www.asyura.com/sora/war3/msg/195.html

http://en.wikipedia.org/wiki/Inter-Services_Intelligence

が犯行グループに「多額の金銭」を支払ったと容疑者が供述している、と発表した。

(略)

保安局によると、拘束した実行犯の1人、パキスタン人のアディル・シャー容疑者が、仲間のアフガン人、アフマド容疑者(逃亡中)から「日本人技術者」を拉致する計画を持ち掛けられたと供述。「ISIが拉致と殺害を計画し、われわれのグループに多額の金銭を支払った」と打ち明けられた、と述べたという。保安局は金額を明らかにしていない。




☆「パキスタン勢力が依頼」 伊藤さん拉致、140万円で (2008年8月30日の共同通信)

http://www.47news.jp/CN/200808/CN2008083001000500.html

http://www.asyura2.com/07/news6/msg/576.html

アフガニスタンで非政府組織(NGO)「ペシャワール会」の伊藤和也さん(31)が拉致、殺害された事件で、アフガン国家保安局は30日、拘束した実行犯の1人、アディル・シャー容疑者が「パキスタンの武装勢力から拉致を依頼された」と供述していることを明らかにした。

同局によると、隣国パキスタン北西部で活動するイスラム武装勢力が犯行グループに「ペシャワール会の日本人を拉致して連れてくれば金を払う」と持ちかけ、100万パキスタンルピー(約143万円)の金額を提示したといい、シャー容疑者は「金目的だった」と供述しているという。




☆見えてきた911事件の深層 (2003年3月27日の「田中宇の国際ニュース解説」)

http://tanakanews.com/d0327wtc.htm

マフムード将軍らを頂点とするISIは、もともと組織的にタリバンを支援しており、タリバンとアルカイダは一心同体であった。つまり、パキスタン当局であるISIは、タリバンを支援していただけでなく、911事件の黒幕でもあったことになる。

(略)

アメリカとパキスタンとは、以前からの同盟国である。パキスタンの諜報機関ISIは、アメリカの諜報機関CIAと昔から親密な関係にあった。ISIはパキスタンの国家の諸組織の中でも特に強力な組織である。タイム誌の記事

http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,501020506-233999,00.html

によると、ISIはパキスタンの「影の政府」「政府内政府」であるという。パキスタンでは、首相や大統領でさえISIが何をしているか、把握し切れていない部分がある。

こうしたISIの強さの源泉は、1980年代にソ連軍がアフガニスタンを占領し、アフガン人のムジャヘディン・ゲリラ(イスラム聖戦士)たちがゲリラ戦でこれに対抗し、そのゲリラを支援していたのがISIで、その背後にCIAなどアメリカ当局がいた、ということに起因する。つまり、アメリカがアフガニスタンでの冷戦を通じてISIを強くし、パキスタンの「影の政府」にまで成長させたということだ。

(略)

サウジアラビア(ビンラディン)−パキスタン(ISI)−アフガニスタン(タリバン、ムジャヘディン)−アメリカ(CIA)という「4者連合」は1980年代にアフガニスタンで対ソ連ゲリラ戦をともに戦った仲であり、その後はタリバン政権を支援した仲間たちである。





☆ムンバイ同時テロ 印パ関係改善にくさび打ち込む狙いか (2008年11月30日の産経新聞)

http://sankei.jp.msn.com/world/asia/081130/asi0811302001002-n2.htm

http://www.asyura2.com/08/kokusai3/msg/449.html

最近では2001年12月にも、緊張状態が極限に達した。ニューデリーのインド国会議事堂がイスラム過激派に襲撃されたときのことだ。インド政府が、パキスタンの情報機関、三軍統合情報部(ISI)が育てたラシュカレトイバらによる犯行だと非難すると、パキスタン側は猛反発。100万人もの両国軍兵士がカシミールの実効支配線(停戦ライン)をはさみ、一時にらみ合う事態になった。

(略)

パキスタンでは、軍を支配したムシャラフ政権が崩壊、文民政権は軍を統制できずにいる。ISIには、過激派を支援する勢力が存在しており、軍への統率の乱れが、過激派を勢いづかせているとの懸念もある。



諜報機関に騙されるな!
posted by はなゆー at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アフガニスタンで米兵3名が爆死

アフガニスタンで路傍爆弾攻撃。米兵3名が爆死。

☆Three U.S. soldiers die in Afghanistan (RIA Novosti)

http://en.rian.ru/world/20091017/156501254.html

http://backupurl.com/or5avz

KABUL, October 17 (RIA Novosti) - Three U.S. soldiers have died in two separate incidents in Afghanistan, an International Security Assistance Force (ISAF) spokesperson said on Saturday.



 ジーマ ミネラルウォーター 1500ml*12本
posted by はなゆー at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳩山首相は20年以上にわたって虚偽献金を繰り返していた模様 

☆「威一郎氏の代から」虚偽献金 鳩山首相の元秘書 (産経新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091018-00000510-san-soci

http://www.asyura2.com/09/senkyo73/msg/486.html

平成10年の民主党結党時には党の経理も担当したという。

(略)

虚偽記載を始めた時期については「元秘書は『17年ごろからか、あるいはもう少し前かもしれない』と言っている」と説明していたが、実際には、鳩山氏の初当選直後から、個人資産を献金と偽る手法を繰り返していた疑いが浮上した。


★こうなってしまうと、鳩山内閣は持ちこたえられないと思う。



【やきとりの一平】室蘭やきとり 20本セット
posted by はなゆー at 05:46| Comment(6) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする