2009年11月02日

〔メモ〕英米の諜報機関が分析する「中露のスパイ活動」

☆英国の諜報機関が見た中国のスパイ活動 (宮家邦彦)

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/1996

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/1996?page=2

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/1996?page=3
中国の諜報活動はロシアのそれとは大きく異なる。中国人は情報(information)と諜報(intelligence)を区別しない。中国の情報に対する食欲は広範かつ無差別であるが、これは、特に科学技術分野において顕著である。



☆あなたの周りにいる中国のスパイたち 中国人だけでなく日本人も〜中国株式会社の研究〜その31 (宮家邦彦)

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/2036

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/2036?page=2


http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/2036?page=3
これに対し、中国の諜報活動は、短期的な成果もさることながら、当面は可能な限り多くの中国シンパを増やして、長期的利益を最大化しようとする傾向がある。


http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/2036?page=4
限られた諜報を短期間にターゲットから直接獲得すべく努力する「狩猟型諜報」よりは、浅く、広く、間接的ながらも、数多くの中国シンパから末永く様々な情報を収集する「農耕型諜報」の方が最終的利益は大きいのかもしれない。




☆米情報関係資料が語る中国の実像 中国株式会社の研究〜その6 (宮家邦彦)

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/979

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/979?page=2


http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/979?page=3
また、多くの場合、中国のスパイは初めから「プロのスパイ」ではなく、状況の変化により、突然諜報活動を開始するケースも多々あるので、不断の注意が必要である。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/979?page=4




☆米国で暗躍する中国諜報機関 中国株式会社の研究〜その5 (宮家邦彦)

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/961?page=1

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/961?page=2


http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/961?page=3
現在の諜報活動の主流は学生、学者、技術者のような諜報工作の「素人」集団である。むろん、米国だけではなく、この種の活動は欧州、日本などでも活発に行われていることであろう。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/961?page=4



心理諜報戦
posted by はなゆー at 16:04| Comment(1) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔メモ〕鳩山首相の地元「室蘭」が世界の原子力発電所を支えている

☆世界シェア80%「室蘭」が支える世界の原子力発電所 (gooニュース2009年3月16日)

http://news.goo.ne.jp/article/gooeditor/life/gooeditor-20090316-02.html

http://www.asyura2.com/09/genpatu6/msg/301.html


「室蘭を見れば世界の原子力発電事情が分かる」。電力会社の広報担当者の一言で室蘭に向かうことにした。「室蘭」とは鉄鋼・機械製品メーカーの日本製鋼所室蘭製作所

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%A3%BD%E9%8B%BC%E6%89%80%E5%AE%A4%E8%98%AD%E8%A3%BD%E4%BD%9C%E6%89%80

のこと。かつて東洋一の民間最大の兵器工場と呼ばれた同社は、原子力発電用部材の製造で世界シェアの80%を占めるトップ企業なのだ。




《ツイッターより》

Yu Saeki
http://twitter.com/drill_head/status/5352288566
室蘭は鳩山首相の地元だから、温暖化の解決に原発という流れになってしまう。



ボルタ と ナッティ #106
posted by はなゆー at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仏誌「イエメンの危機的状況」

☆イエメンの危機的状況(ル・モンド・ディプロマティーク日本語・電子版2009年10月号)

http://www.diplo.jp/articles09/0910-3.html

最大の争点は、サウジ向けの密輸および紅海沿岸部の掌握だ。紅海沿岸部を掌握すれば、アフリカの角(ソマリア、エチオピア、ジブチ)向けのディーゼル燃料や武器の密輸には都合がよい。



野球狂の詩(水原勇気編 1)新装版
ラベル:イエメン
posted by はなゆー at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔国会〕〔萌え〕福島みずほ大臣のスカート丈が短いと話題

kokkai  国会中継
http://twitter.com/kokkaiblog/status/5350879398

福島大臣は上下とも白のスーツ。
ただスカート丈がかなり膝上ですね・・・気になっちゃいます。



野球狂の詩(水原勇気編 3)新装版
posted by はなゆー at 10:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「大仁田厚・長崎県知事」誕生の公算がきわめて高くなった

☆大仁田厚、故郷である長崎県知事選に出馬へ (10月20日のオリコン)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091019-00000023-oric-ent

http://www.asyura2.com/09/senkyo73/msg/556.html

大仁田氏は、金子県政への痛烈な批判も含め、多数の発言を行っており、もし出馬が現実のものとなれば熾烈な戦いが予想される。


            ↓


☆金子長崎知事が4選不出馬へ=関係者に意向、自民県連は慰留方針 (時事通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091101-00000071-jij-pol

http://www.asyura2.com/09/senkyo74/msg/335.html

長崎県の金子原二郎知事(65)が、任期満了に伴い来年2月に行われる長崎県知事選に出馬しない意向を固めたことが1日、分かった。



ファイヤー!!/大仁田厚[CD]
posted by はなゆー at 09:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自民党参院議員「自民党内の路線対立は深刻な状況」

田村耕太郎
http://twitter.com/kotarotamura/statuses/5283819034
今残念ながら自民の中では路線対立が起こっており深刻に感じます。
”小さな政府成長戦略改革派”対”民主上回るばら撒き派”。もちろん保守の定義についても深い対立が・・・もちろん民主内対立もありますが、選挙に勝った方は結束は深まり、負けた方は求心力を失うので、野党内対立の方が深刻です。



http://b.hatena.ne.jp/entry/twitter.com/kotarotamura/statuses/5283819034

「歴史上の国が滅ぶときって、敵と正々堂々戦って敗れるんじゃなくって、外敵が押し寄せてるのに宮廷内の勢力争いとかやってて滅ぶのが多いよね。」

「小さな政府派はみんなの党へ合流ですなー」

「自民党の田村耕太郎参院議員自身がtwitterで自民党バラバラ論を認める。」



NEW BEST 1500 田村英里子
ラベル:田村耕太郎
posted by はなゆー at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする