2010年07月16日

有名ブロガー「さとうしゅういち」氏が広島県議会選挙に出馬か

☆命を救う政治・みんなでつくる広島県へ!2011年広島県議選への対応について (広島瀬戸内新聞ニュース)

http://hiroseto.exblog.jp/12954607/

わたくし・さとうしゅういち、こうした市民活動と行政経験で得た知識双方をいかしながら、こうした広島県議会に喝を入れます。

posted by はなゆー at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「アジア女性資料センター」がツイッターを始めていた

アジア女性資料センター
http://twitter.com/AJWRC/status/18325268862

twitter始めます!! AJWRCもやっとtwitterを始めることになりました。
イベント情報など、いろいろな情報をツイートしていきます!!
よろしくお願いしまーす

ツイッター・パーフェクトガイド

ツイッター・パーフェクトガイド

価格:980円(税込、送料別)

posted by はなゆー at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔普天間〕辺野古新基地建設で新たな「日米密約」が締結される可能性

岡田克也外相は、米軍普天間飛行場移設問題で日米両政府の専門家が8月末までに結論を出す代替滑走路の位置や工法に関し、結論を非公開とする可能性に言及した。


☆8月末の結論、非公開も=普天間移設先の位置・工法−岡田外相
時事通信

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010071600795

http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/692.html

ラベル:岡田克也
posted by はなゆー at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「万死に値する」民主党静岡県連会長が小沢一郎氏に離党勧告 

民主党静岡県連会長の牧野聖修衆院議員は「選挙責任者としての小沢一郎前幹事長の責任は大きい。万死に値する。本人が責任をとらないなら、離党勧告をしてほしい」と述べた。


☆民主・牧野氏が小沢氏に離党勧告 選挙戦略で「万死に値する」と批判 (産経新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100716-00000540-san-pol

http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/680.html


ラベル:牧野聖修
posted by はなゆー at 14:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

厚生労働省もWHOを使って日本国民に「ニセ外圧」をかけていた模様

「厚労省のワクチン政策は、化学及血清療法研究所、北里研究所、阪大微生物病研究会、デンカ生研(株)、日本ポリオ研究所という研究と名のつく5財団法人を潰さないというのが最大の目的です」

「(財)日本ポリオ研究所が、毎年の出生児100万人のポリオ生ワクチンを全部製造している。他にメーカはない。」



松村勉(G21group代表)
http://twitter.com/tsutomujapan/status/18606129328
IMFが日本の消費税を15%にすべきと発表とニュースで報道されていた。それは、財務省からIMFに派遣されている元財務省主計官N氏がそう発表したからである。これらも財務省の増税テクニック。外圧を利用する。


HAYASHI keiichi (上海国際クリニック勤務)
http://twitter.com/k1h/status/18656827298
厚労省もテクつかってWHOから日本は IPV,HIV,PCV定期接種にすべきと外圧


tomosekine(ポリオワクチンの専門家?)
http://twitter.com/tomosekine/status/18358289949
7/7 NHKニュースウォッチ9 ポリオ生ワクチン:「数百万人に1人に感染」の数字は厚労省、国立感染症研究所の資料に従った。WHOのデータ:百万人当たり2-4人は知っていたが国内資料に従いました、とNHKより回答あり。2008年の発症は7人で、35年間分感染してしまったことになる


tomosekine(ポリオワクチンの専門家?)
http://twitter.com/tomosekine/status/18287887637
上海のIPVの話、感謝いたします。IPV単独が認可、混合ワクチンは未認可と分かりました。NHKは長時間取材しましたが、番組ではVAPPは数百万人に1人と厚労省に言わされました。最新報告を添付します。清水室長がIPV導入を書いています
(注:PDFファイルである)
http://ow.ly/29Sj6


tomosekine(ポリオワクチンの専門家?)
http://twitter.com/tomosekine/status/18501424217
やっと分かったのですが、厚労省のワクチン政策は、化学及血清療法研究所、北里研究所、阪大微生物病研究会、デンカ生研(株)、日本ポリオ研究所という研究と名のつく5財団法人を潰さないというのが最大の目的です。医学会も医薬業界も仲間内で、触れてはならぬ闇のようですw


tomosekine(ポリオワクチンの専門家?)
http://twitter.com/tomosekine/status/18502251097
(財)日本ポリオ研究所が、毎年の出生児100万人のポリオ生ワクチンを全部製造している。他にメーカはない。その売上げは、約10億円、収益は約7千万円に過ぎない。大きいのを良しとしないが、研究開発費はなく国立感染症研究所に依存する。厚労省、感染研は不活化ワクチンの輸入を拒絶してきたが


tomosekine(ポリオワクチンの専門家?)
http://twitter.com/tomosekine/status/18626924023
2010/4/21 第7回厚生科学審議会感染症分科会予防接種部会「ワクチンは感染症の脅威等に対し、効果的で効率的な対策の柱となることを再認識し、国の関与により、将来にわたり我が国において必要なワクチンを開発し、安定的に供給する体制を確保すべきである」。能力なしで国内開発を主張する


tomosekine(ポリオワクチンの専門家?)
http://twitter.com/tomosekine/status/18627971406
ワクチンの副反応などでは、著名な先生が「数百万人に1人、440万人に1人」などの数字を、元になった調査・論文の引用なしで使う。また、「極まれに」などEBMとは程遠い表現が全てで、まともな数字にお目にかかることは海外の学会誌以外2―3しかない。他分野とは異なるのではと危惧する

posted by はなゆー at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界銀行やIMFに出向してくる財務省官僚が主体の「ファイナンス会」

(ワシントン 古森義久) 産経新聞より転載

http://www.vanyamaoka.com/senryaku/index1213.html

ワシントンに「ファイナンス会」という名の日本人の集まりがある。会の趣旨は公式には「日本の金融・財政に興味のある人たちが個人の資格で情報交換や親睦(しんぼく)を深めるための会」とされているが、実態は世界銀行やIMF(国際通貨基金)に出向してくる財務省官僚が主体の集まりである。その証拠に会の運営は世銀やIMFで財務官僚が配属される日本理事室の有志があたる、と明記されている。

ファイナンス会の最近のリストをみると、正会員百八人のうち、なんと四十二人が財務省のキャリア官僚である。ワシントン地区だけで財務官僚がこれほど多数、駐在しているのだ。外務省でさえワシントンに駐在するキャリア官僚はせいぜい二十人ほどだから、外交には直接、関係のない財務官僚の四十二人という数は異様というほかない。
posted by はなゆー at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔メモ〕IMFによる消費税増税提言とIMF副専務理事・篠原尚之氏

937 名前:山師さん@トレード中[sage]
投稿日:2010/07/14(水) 16:28:54 ID:H55PLEVJ0

IMFの消費税上げろっていう援護射撃してたのは
旧大蔵の財務省出身のIMF副専務理事篠原尚之氏だったわけだが


            ↓

☆INTERVIEW: IMF: Japan Needs Caution On Taxes; No Sharp Yuan Rise Or Greek Restructuring
(ダウジョーンズ。JULY 12, 2010)

http://www.cmemarkets.com/v3/2010/07/12/dj-interview-imf-japan-needs-caution-on-taxes-no-sharp-yuan-rise-or-greek-restructuring/

http://www.asyura.us/bigdata/bigup1/source/021.png
(キャプチャー)

DAEJEON, South Korea (Dow Jones)--The drubbing Japan's ruling party took in elections Sunday shows that the government needs to be careful in discussing tax increases, a senior International Monetary Fund official said Monday.

Deputy Managing Director Naoyuki Shinohara, a former top Japanese government official, also told Dow Jones Newswires that debt-restructuring "is not an option" for Greece and that the IMF expects China to allow only a gradual rise in the yuan.

"The Japanese election results probably show that the government needs to be more cautious on discussing tax-raising measures," Shinohara said in an interview on the sidelines of a meeting sponsored by the IMF and the Korean government.

Prime Minister Naoto Kan acknowledged that his Democratic Party of Japan's setback in the Upper House poll partly reflected his call to discuss eventually raising the 5% consumption tax to help curb the nation's huge debt.

"The idea of (raising) the consumption-tax rate was a little bit abrupt,"Shinohara said. "People were not prepared to absorb the discussion."

But he added that the IMF believes increasing tax revenues is an important part of achieving more sustainable growth for Japan, where government debt is now nearly twice the nation's annual gross domestic product.

Japan needs to increase productivity and its growth rate and "find a good time to correct the budget situation," Shinohara said.

(以下省略)


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


〔IMF副専務理事の篠原尚之氏は中川昭一氏失脚時に同席した人物である〕

中川昭一氏酩酊記者会見の時の位置
http://www.youtube.com/watch?v=GT0Ws5_zDFA
は「篠原尚之財務官:中川昭一大臣:白川日銀総裁」


johnnolen
http://twitter.com/johnnolen54/status/18591368693
そのIMFには、昨年の中川財務相のローマG7での朦朧会見に関与した、財務省の篠原尚之財務官が、なぜか IMFの副専務理事に出世して控えている!



☆コイツらも同罪!酩酊大臣に酒と女を用意した4人の財務官僚
(日刊ゲンダイ2009年2月19日掲載)

http://www.asyura2.com/09/senkyo59/msg/287.html

酔っぱらい大臣はみっともない形で辞任したが、中川前財務相を酩酊会見に臨ませ、世界に恥をさらした財務官僚の責任は、まだ残っている。ローマ G7に随行した面々は、異変に気付いたはずだが、いまだにシラを切り責任逃れを続けている。コイツらも中川と同罪。処分されなきゃウソだ。

随行したのは、財務省事務方ナンバー2の篠原尚之・財務官をはじめ、玉木林太郎・国際局長、中尾武彦・同局次長、岡村健司・同局国際機構課長の4人。

中川と一緒に国益を損ねた財務官僚の罪は重いが、あろうことか、酒癖が心配された中川にワインを“ゴックン”させた人物までいた。玉木局長その人だ。

「中川大臣は海外出張で同行の女性記者と酒席を共にするのが恒例でした。今回のG7でも2日目の昼食会を途中で抜け出し、別のホテル内のレストランで、少なくとも新聞社と民放の女性記者2人と一緒に、赤のグラスワインを注文した。記者を呼んだのは玉木局長で、中川大臣とは麻布高校の同期で東大法学部の同窓でもあり、大臣とは気心の知れた仲。誘った女性は大臣好みの美女でした」(財務省事情通)

G7閉会後にホテルで行った打ち合わせの場でも「玉木さんが大臣のグラスにワインを注いでいた」と複数の同行者の目撃証言が野党議員の元に寄せられている。勢いづく野党は衆参両院で財務官僚の責任を追及しているが、随行者4人は口裏を合わせたかのように「会見直前まで大臣は正常だった」などとノラリクラリ。

16日の衆院財務金融委で追及した民主党ネクスト財務相の中川正春議員は「あの会見の様子で“直前まで正常だった”なんて誰も信じない。責任逃れもいいところで、財務官僚の危機管理の欠如は甚だしい」と憤る。

この問題について財務省に見解を尋ねたが、広報室は「ノーコメント」。随行者が所属する国際局は「調整中(?)でこちらから何も回答できない」(総務課)と迷惑そうに答えた。言い抜け官僚に、麻生政権は完全にのみ込まれている。

posted by はなゆー at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世論誘導に活用される「IMFの消費税増税提言」

437 名前:無党派さん[] 投稿日:2010/07/16(金) 07:15:33 ID:bHL5T/Yh

みの(注:みのもんたの朝ズバッ!)にでてた白石なんとか(注:白石真澄・関西大学教授)とかいうばばあ。
IMFがそういってるんだから消費税あげなきゃだめですよ!実際国民の6割が上げ容認してるだとさ。

マジな顔して発言していましたよ。もう・・




439 名前:非実在中年 ◆.rJAKvns6g [sage]
投稿日:2010/07/16(金) 07:18:11 ID:X6swwF8Y [23/23]

白石のババアは創価から千葉県知事戦に出馬した女ですからね。




堀伸夫 (Jun 6th)
http://twitter.com/NeBcas/status/15522794483
消費税増税論者、白石真澄のバックには、消費税の還付を受けられる輸入産業の後押しがあるんだろうと思う。消費税増税で打撃を受けるのは、多くの中・低所得者だが、演劇・音楽・映画などのチケットにも関わってくる。映画などは内税的に処理しているので、値上げしない限り、映画館は減収。

posted by はなゆー at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【疑惑の提言】IMF「消費税を15%に」の背後に元財務省主計官?

松村勉(G21group代表)
http://twitter.com/tsutomujapan/status/18606129328
IMFが日本の消費税を15%にすべきと発表とニュースで報道されていた。それは、財務省からIMFに派遣されている元財務省主計官N氏がそう発表したからである。これらも財務省の増税テクニック。外圧を利用する。



《備考》

☆財務省エリートと朝日新聞美人記者の不倫生活
(評論家・山崎元氏のブログ。2007年1月15日)

http://blog.goo.ne.jp/yamazaki_hajime/e/c3c92b75fe9948e51a9da2a9428a9eec

「週刊現代」1月27日号の冒頭記事は「財務省エリートと朝日新聞美人記者の不倫生活」とのタイトルで、財務省主計官N氏(47歳。誌上は実名)と朝日新聞社発行の週刊誌「AERA」のA記者(記事上はA記者。朝日新聞の社員ではない)の不倫生活を報じたものだ。別に妻子のあるN氏が、Aさんと親しくしていて、Aさんの部屋に訪ねて泊まるような関係であることを、本人達にも取材して詳しく書いている。

この種の中年不倫自体は世間にありふれている。しかし、「週刊現代」の記事によると、A記者が連名筆者の「ボロボロ税調 本間で安倍が自滅する」という記事では、本間氏への審議会の旅費の二重払いなど内部者でなければ分からない情報が書かれているという。A記者が、N氏を取材源とする記事を書いている可能性が大きいと判断し、これは、かつての西山事件のような個人的な関係を利用した取材ではないか、という問題意識から、「週刊現代」は掲載に踏み切ったものだろう。

ラベル:山崎元
posted by はなゆー at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IMF「消費税15%に」提言と中川昭一氏失脚事件の人脈が重複

Vice Minister of Finance for International Affairs Tamaki
=おそらく財務省事務方ナンバー2の玉木林太郎財務官(財務省国際局長からの昇進)



http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/651.html

IMFの報告書全体を読んでいません。しかし報告書の最初にこんな文章が出てきます。引用。

This report is based on discussions held in Tokyo during May 10–19.
・・・a seminar co-hosted by OAP and the Ministry of Finance on reshaping the global financial landscape and the implications for Asia.
Counterparts. The mission met with Bank of Japan (BoJ) Governor Shirakawa, Senior Vice Minister of Finance Noda, Senior Vice Minister of the Cabinet Office Furukawa,Senior Vice Minister of the Cabinet Office Ohtsuka, Vice Minister of Finance for International Affairs Tamaki, BoJ Deputy Governors Nishimura and Yamaguchi, and other
senior officials, academics, and private sector representatives.



Totemo512
http://twitter.com/Totemo512/status/18595687042
またマッチポンプ?「このレポートは19年5月10日に東京での議論(OAPと財務省の共同開催)に基づいています。」


Keiichi Okamoto
http://twitter.com/keiichi__/status/18596947258
英文の冒頭で、東京で開かれたミーティングのサマリーだとか書いてますよね


perspective
http://twitter.com/prspctv/status/18598164481
それを「IMFの年次審査報告」として公表。変なの。


          ↓

07. tk 2010年7月16日 01:04:20: fNs.vR2niMp1.: KrEB2QsiA6
Vice Minister of Finance for International Affairs Tamaki
にご注意あれ。中川酩酊事件の玉木さんはご健在のようです。




Totemo512
http://twitter.com/Totemo512/status/18597059458
日本の財政「差し迫ったリスクない」IMF専務理事
http://www.asahi.com/business/update/0629/TKY201006290235.html
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak40/msg/693.html
この報道に、財務省が巻き返したんでしょうね‥



perspective
http://twitter.com/prspctv/status/18596046385
笑える「IMFでは日本人専門職員四十三人のうち十四人が財務省官僚と、日本人全体の三分の一を占め、しかも副専務理事、理事、理事代理などの要職を独占」



●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○



中川昭一氏酩酊記者会見の時の位置
http://www.youtube.com/watch?v=GT0Ws5_zDFA
は「篠原尚之財務官:中川昭一大臣:白川日銀総裁」



johnnolen
http://twitter.com/johnnolen54/status/18591368693
そのIMFには、昨年の中川財務相のローマG7での朦朧会見に関与した、財務省の篠原尚之財務官が、なぜか IMFの副専務理事に出世して控えている!




☆コイツらも同罪!酩酊大臣に酒と女を用意した4人の財務官僚
(日刊ゲンダイ2009年2月19日掲載)

http://www.asyura2.com/09/senkyo59/msg/287.html

酔っぱらい大臣はみっともない形で辞任したが、中川前財務相を酩酊会見に臨ませ、世界に恥をさらした財務官僚の責任は、まだ残っている。ローマ G7に随行した面々は、異変に気付いたはずだが、いまだにシラを切り責任逃れを続けている。コイツらも中川と同罪。処分されなきゃウソだ。

随行したのは、財務省事務方ナンバー2の篠原尚之・財務官をはじめ、玉木林太郎・国際局長、中尾武彦・同局次長、岡村健司・同局国際機構課長の4人。

中川と一緒に国益を損ねた財務官僚の罪は重いが、あろうことか、酒癖が心配された中川にワインを“ゴックン”させた人物までいた。玉木局長その人だ。

「中川大臣は海外出張で同行の女性記者と酒席を共にするのが恒例でした。今回のG7でも2日目の昼食会を途中で抜け出し、別のホテル内のレストランで、少なくとも新聞社と民放の女性記者2人と一緒に、赤のグラスワインを注文した。記者を呼んだのは玉木局長で、中川大臣とは麻布高校の同期で東大法学部の同窓でもあり、大臣とは気心の知れた仲。誘った女性は大臣好みの美女でした」(財務省事情通)

G7閉会後にホテルで行った打ち合わせの場でも「玉木さんが大臣のグラスにワインを注いでいた」と複数の同行者の目撃証言が野党議員の元に寄せられている。勢いづく野党は衆参両院で財務官僚の責任を追及しているが、随行者4人は口裏を合わせたかのように「会見直前まで大臣は正常だった」などとノラリクラリ。

16日の衆院財務金融委で追及した民主党ネクスト財務相の中川正春議員は「あの会見の様子で“直前まで正常だった”なんて誰も信じない。責任逃れもいいところで、財務官僚の危機管理の欠如は甚だしい」と憤る。

この問題について財務省に見解を尋ねたが、広報室は「ノーコメント」。随行者が所属する国際局は「調整中(?)でこちらから何も回答できない」(総務課)と迷惑そうに答えた。言い抜け官僚に、麻生政権は完全にのみ込まれている。

posted by はなゆー at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔史料〕中川昭一財務相がIMFへの9兆2千億円融資に署名

☆IMFへ1000億ドル融資、中川財務相が署名
(2009年2月14日のAFP通信)

http://www.afpbb.com/article/economy/2571597/3794950

中川昭一(Shoichi Nakagawa)財務・金融相は13日、日本政府が表明していた国際通貨基金(International Monetary Fund、IMF)への最大1000億ドル(約9兆2000億円)の融資を実施する合意文書に正式に署名した。
ラベル:中川昭一
posted by はなゆー at 00:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 史料倉庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする