2011年11月28日

〔ウラン〕中国がアフリカで活発な「資源確保外交」を続けている

T Matsuoka
https://twitter.com/#!/academylane/status/141093741770457088
ナミビアの世界有数のウラン鉱床の開発を行なっている豪Extract Resources、その親会社の英Kalahari Mineralsに買収を再提案している中国CGNPCが、同じ鉱山の権益確保のために別ルートでナミビア政府と提携。

             ↓

☆Chinese, Epangelo team up for Husab
(ナミビアの英字紙「ザ・ナミビアン」)

http://www.namibian.com.na/news/full-story/archive/2011/november/article/chinese-epangelo-team-up-for-husab/

STATE-OWNED China Guangdong Nuclear Power Company (CGNPC) and Namibian state-owned Epangelo Mining Company have entered into an agreement to try and secure a ten per cent stake in Husab, the fourth biggest uranium deposit in the world.

【送料無料】古代中国の虚像と実像

【送料無料】古代中国の虚像と実像
価格:756円(税込、送料別)


posted by はなゆー at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南相馬市でも子供の(血液検査や尿検査なしの)甲状腺検査始まる 

☆南相馬でも甲状腺検査始まる (NHK)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111128/t10014252141000.html

http://backupurl.com/en5t15

派遣された医師や看護師が、子どもたちの首に超音波をあて、甲状腺にしこりなどの異常がないかどうか調べていました


posted by はなゆー at 18:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔写真〕台湾の立法院選挙で女性候補者が「萌え系」ポスターを投入

☆台湾立法院選:「もえ系候補」登場 (毎日新聞)

http://mainichi.jp/select/world/news/20111128ddm007030168000c.html

http://www.peeep.us/2f51c759

自身の顔写真のかわりに、「もえ系」と呼ばれる日本のアニメの美少女キャラクター風のイラストを使用。
  
             ↓

Tatsuhiko Fuyusawa(ジャーナリスト)
日本では、選挙ポスターの掲示場所や大きさについての制限はあるが、候補者の顔写真でなければいけないとの規定はないようです。
https://twitter.com/#!/fuyusawa/status/141049584985182209


Tatsuhiko Fuyusawa(ジャーナリスト)
https://twitter.com/#!/fuyusawa/status/141047931192090625
日本でも流行りかねない。というか、ツイッターのアイコンみたいに、萌え系のアニメキャラだのガンプラ写真が選挙ポスターになったら、世も末だ。


posted by はなゆー at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔広報戦の時代〕橋下徹氏が小沢一郎氏にまさる(数少ない)点

兵頭正俊(老紳士)
https://twitter.com/#!/hyodo_masatoshi/status/140940406018932736
平松は古いメディアの出身者です。最後までネットの力を知りませんでした。橋下は、既存のメディアがメディアリンチを加えたとき、ツイッターで反撃しました。マスメディアに抹殺されようとしたら、ネットでひとりでも反撃できる。そういう時代になったのですね。



兵頭正俊(老紳士)
https://twitter.com/#!/hyodo_masatoshi/status/140760011252047872
わたしは一度も平松のツイートを見なかった。むしろ既存メディアが、橋下の生い立ちなどを暴露し、国民の劣情を組織して橋下を攻撃した。橋下は、ツイッターを使って反論した。それは橋下の悲鳴が聞こえるほど必死なものだった。大阪の土地柄を考えると、週刊誌の暴露は反発を生んだだけだった。



兵頭正俊(老紳士)
https://twitter.com/#!/hyodo_masatoshi/status/140756014889832451
今の民主党なら、推薦は逆効果だ。このことを民主党も平松も知らなかった。新聞やテレビばかり見ているとこういうことになる。民主党が前面に出るほど、マニフェストの嘘がよみがえる構図になっているのだ。真実は、民主党批判が渦巻くネットにあり、選挙結果にある。この流れは衆議院選挙に繋がる。



兵頭正俊(老紳士)
https://twitter.com/#!/hyodo_masatoshi/status/140801242128580608
民主党小沢グループは、大阪ダブル選挙から勇気を得た筈だ。民主党公認の看板などマイナスにしかならない。菅と野田が国民の信頼を投げ捨てたのだ。次の衆議院選挙で公約など口にしようものなら、罵声がとぶだろう。もっとも正確な民意が現れた。後は泥船から飛び出すタイミングだけだ。



兵頭正俊(老紳士)
https://twitter.com/#!/hyodo_masatoshi/status/140629511636123648
民主党の小沢一郎は26日に、松木謙公衆院議員のパーティーで、来年中の衆院解散・総選挙の可能性を示唆した。菅や野田と同じ泥船に乗って、もはや誰も信じないマニフェストを掲げた選挙などありえない。反増税、反TPP、反原発、対米自立を掲げて新党で闘う。中途半端は心中につながるだろう。





《備考〜小沢系の政治家としては例外的に情報戦・心理戦に強い戸倉多香子・山口県議のブログのアーカイブ》

☆小沢党首の危機−民主党側からの情報をしっかりと出してほしい。 (2009-03-03)

http://ttokura.exblog.jp/9750221/

3:民主党執行部に望むことは?

(とくら)民主党側からの情報をしっかりと、ていねいに出してほしい。


3について答えていて、記者の方が、「説明責任を果たしてほしい、ということですか?」と言われたので、「違います。私の答えたとおりに書いてください。説明責任という言葉に、すでにある種のイメージの貼り付けがあります。」すると、記者さんが、「でも、疑われているんですよね。」と。

「そうですけど、秘書の方は否定しているし、まだ、裁判で確定していませんよね。これまでのいろんな事件に対しても、報道のあり方には疑問がありますよね。」と私。


さらに、記者さんが、「民主党側から説明するということですか?」

「いいえ、そうではなくて、報道はよく検察側からの情報だけが出るので、民主党側からの情報をだしてほしいと言っているのです。例えば、与党政治家の森さんや二階さんや尾身さんたちと小沢さんのケースとの違いとか・・・。だから、他の言葉遣いは使わないでください。」

(略)

ふと、メール事件の時のスピンドクター

http://norata.at.webry.info/200602/article_15.html

http://norata.at.webry.info/200602/article_16.html

という言葉を思い出しました。民主党にいるでしょうか?





☆小沢党首側も民主党も、反論が足りないのではないか。
(2009-03-24)

http://ttokura.exblog.jp/9901539/

小沢代表の秘書が逮捕され、多くの方々が、当然のように、起訴されるだろうと言われていますが、それ自体もおかしいと、なぜ、民主党関係者は言わないのでしょうか?検察にも意地があるだろうから起訴はするだろうと、なぜ、そんなにものわかりのいい人なのでしょうか?おかしいじゃないか、と、もっと、もっと、もっと、言わなければいけないのではないのかと思います。

民主党を支持してくださる“身内”が、情報戦にやられています。民主党支持者の方には、かつて、自民党の“政治とお金”の問題を追及してきた方も多くおられ、小沢さんがその象徴のような存在だと思っておられる方も多いのでしょう。そういう方の気持ちに火をつけてしまう情報戦が、本当に巧みに進められました。そういう方々は、民主党は支持してくださるのです。でも、党首は変わったほうがいいと・・・。

とっても残念です。くやしいです。それでは、相手の思う壺なのに・・・。

民主党は(略)もっと、もっと、もっと、テレビで流される怪しげな情報のひとつひとつに反論しなければなりません。その反論をテレビが取り上げてくれなくても、ネットで発信し、チラシで発信し、街頭で発信し、を続ければ、わかってくださる方は、確実に増えます。今、テレビで流されている情報に疑問を持たれる方は、確実に増えます。そうだったの?と言ってくださる方は、確実に増えます。

それなのに、それができていないのではないか
(以下略)

posted by はなゆー at 09:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔史料〕スポーツ紙を味方にしてB層を掌握した橋下徹陣営の辣腕

☆大阪知事選 スポーツ紙は橋下氏中心、民放は公平性配慮
(2008年1月23日の朝日新聞)

http://www.asyura2.com/07/hihyo7/msg/498.html

そんな中、スポーツ紙が重点を置くのは橋下氏のパフォーマンス。卸売市場に行けば「橋下氏長靴行脚」(日刊)、自民党府連女性局であいさつすれば「橋下氏ドキッ ピンクのラブコール」(スポニチ)……。

「マニフェストは一般紙の世界。うちは素顔やパフォーマンスを追う」と言うのはスポニチの山脇正章文化社会部長だ。





☆橋下氏“長靴行脚”大阪市中央卸売市場で 
(2008年1月12日の日刊スポーツ)

http://www.asyura2.com/08/senkyo46/msg/603.html

マグロを解体する鮮魚店では、男性店員から「おぉよう来たな。あんたに任せたで。大阪を変えてや」と熱烈な歓迎を受けた。橋下氏は市場の雰囲気に「肌が合うんですよね」と再びダッシュ。滞在約2時間のうち約1時間は市場内を走り回り「市場のような活気のある大阪にしたい」と訴えた。

【送料無料】ヒトラー権力掌握の二〇カ月

【送料無料】ヒトラー権力掌握の二〇カ月
価格:2,940円(税込、送料別)

posted by はなゆー at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔橋下旋風〕B層は「サーカス」を提供する右派ポピュリストを熱望

masa
https://twitter.com/#!/masa_Nautilidae/status/140765459065749504
小泉とか石原とか東国原とか、ほんで今回の橋本とか、本当世間はああいうのが好きだな。民主党とかなら辞任ものの暴言にも何故か滅茶苦茶甘いし。ぶっちゃけ右派ポピュリストでキャラ立ってれば誰でも選挙受かるんじゃあるまいか。



dada(有名2ちゃんねらー)
https://twitter.com/#!/yuuraku/status/140850092499410944
インテリサヨクがウケる時代からイチビリな右派がウケる時代に替わっただけよね。 橋下や慎太郎に入れてる人らも自分の事を反権力反権威主義だと思うていることだろう。



ms06r1a
https://twitter.com/#!/ms06r1a/status/140838144592461824
橋下徹が府知事時代にオーケストラや文化事業の予算を切っていくのに対し、文化を守れ!という主張が通らないのも、オーケストラみたいなもんはエスタブリッシュなエエシのインテリのもんじゃ、ワイらが聴かんもん関係あるかい、という、解り易いヘイトの発露だから問題視されない。



dada(有名2ちゃんねらー)
https://twitter.com/#!/yuuraku/status/140838832340869120
じゃあ削った分を貧困層へと言ってもいわゆる民意は反発すんだけども。




☆ヴァイマル共和政

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%AB%E5%85%B1%E5%92%8C%E6%94%BF

ヴァイマル共和政がなぜ終焉したか、という議論は現在も続いている。恐慌による社会不安、そしてヴェルサイユ条約への反発、何よりも既存政党と民主主義への失望がその原因とされる。また憲法における大統領権限の強大さとヒンデンブルクの反民主主義志向、そして既存政党がいずれも未熟であったこともあげられている。

現在のドイツの事実上の憲法であるドイツ連邦共和国基本法(ボン基本法)は、ヴァイマル憲法の反省の上に立ち、民主主義を否定する団体の禁止や不信任は建設的でなければならないなどとする「戦う民主主義」をうたっている。

【送料無料】ヒトラー権力掌握の二〇カ月

【送料無料】ヒトラー権力掌握の二〇カ月
価格:2,940円(税込、送料別)

ラベル:橋下徹
posted by はなゆー at 08:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする