2008年06月14日

〔詳報〕EU理事会の合意「派遣労働者も正社員と同じ待遇にする」

「赤旗」以外の日本のメディアはいまだに報じていないニュース。

☆派遣も正規と同待遇 EU閣僚理事会が合意 (しんぶん赤旗)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-06-13/2008061301_03_0.html

http://www.asyura2.com/07/social5/msg/566.html

ルクセンブルクで行われていた欧州連合(EU)雇用社会問題相理事会は十日、派遣労働者に正規労働者と同等の権利を認めることを盛り込んだ派遣労働者指令案に合意しました。

合意された指令案は、派遣労働者が原則として契約開始の一日目から、賃金、休暇、出産休暇について、正規労働者と同一の待遇を受け、食堂、託児所、輸送サービスでも同一の利用権を持つことを規定しています。

ただ例外として、各国の労使間の合意があれば、これらの権利の取得に必要な派遣労働者の雇用期間を個別に設定することができます。

欧州で六千万人の労働者を結集する欧州労連(ETUC)モンクス書記長は同日、「合意は積極的なものであり、EUが労働条件の改善を法制化できるのだということを示している」と歓迎の談話を発表しました。

EUにおける派遣労働者は約八百万人で、年々増加の傾向にあります。欧州労連などは派遣労働者の均等待遇を指令に盛り込むことを主張し、交渉が続けられてきましたが、英国などの反対で実現していませんでした。その英国で五月、政労使が派遣労働者の均等待遇を定める法案について合意し、欧州レベルでの法制化に道が開かれました。  


☆EU unions hail temps deal, demand work time limits (ロイター通信→英国の高級紙「ガーディアン」)

http://www.guardian.co.uk/business/feedarticle/7575376

Trade unions hailed a European Union agreement on Tuesday to give temporary workers the same rights as permanent employees from day one but urged EU lawmakers to better protect the maximum 48-hour work week.

Employment ministers from the 27-nation bloc agreed after a marathon negotiating session that citizens should work no more than 48 hours a week, unless they want to, but cemented Britain's right to opt out of those working time rules.

The deal will help end a four-year dispute between British- and French-led camps on EU labour market rules which pitched London's liberal economic views against calls for minimum social standards from Paris.


☆ New rights for temporary workers (英国BBCのアーカイブ)

http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/7445380.stm

New measures giving Britain's temporary workers equal rights to permanent members of staff have been agreed by European Union employment ministers.



☆欧州委員会、派遣労働者の就労時間と条件に関する政治合意を高く評価 (EUニュース)

http://www.deljpn.ec.europa.eu/home/news_jp_newsobj2898.php

〈日本語仮訳〉

欧州委員会は、本日(6月10日)早朝に、長く懸案となっていた労働時間指令および有期派遣労働者指令に関して、ルクセンブルグで開催されていた雇用・労働問題担当相理事会において、欧州連合(EU)加盟国が合意に達したことを、大いに歓迎する。

欧州委員会のシュピドラ委員(雇用・社会問題・機会均等担当)は、「この合意は、欧州の労働者にとって大きな前進を意味するとともに、労使間対話の強化につながる。またもや、フレキシキュリティ―― 柔軟性(flexibility)と安全性(security)を結び付けた造語――が実現可能であることが証明された。 労働者や派遣労働者にとっての安心感とと就労条件の改善を図りながら、産業界が必要とし、かつ家庭と仕事の両立を願う労働者の希望する柔軟性の維持が可能となる。この成功をもたらしたEU議長国スロヴェニアを称えるとともに、その多大なる尽力に感謝する。次は欧州議会の番だが、この確固たる合意が本会議において大多数の賛成を集めることを祈念している。」と述べた。


▼ 労働時間指令に関する主要合意点 ▼

待機時間を活性待機時間と不活性待機時間に区分し、前者を労働時間として算入する。

不活性待機時間を休憩時間に算入することはできないものとし、国内法の規定あるいは労使間の合意があれば、労働時間に算入することができる。

労働者個人が適用除外を選択しない限り、標準労働時間の上限を週48時間に据え置く。

適用除外を選択した労働者の新たな保護的上限(cap)を、労使間でそれ以外の取り決めがない場合は、週60時間とする。

不活性待機時間を労働時間に算入する場合においては、当該上限を週65時間とする。

同一雇用者により10週間以上雇用される労働者全員に上記の労働時間上限による保護が適用される。

適用除外については、就労した最初の月には署名を行わない、署名をしないことあるいは適用除外の撤回を理由に処罰を科さない、適用除外を選択した労働者の労働時間を雇用者が記録するなど、一定条件下でのみ実施する。

▼ 有期派遣労働者指令に関する主要合意点 ▼

就労初日より、賃金・産休・休暇に関して、有期派遣労働者に正規労働者と同等の待遇を適用する。

集団的合意および国全体での労使間協定に基づき、上記要件の適用を免除することを可能とする。

雇用企業における無期雇用機会の情報が有期派遣労働者に伝えられなけらばならない。

共用施設(社員食堂、保育施設、通勤交通サービスなど)の利用において同等の権利を与える。

加盟国政府は、派遣労働者が自らのエンプロイアビリティ(雇用されるにふさわしい能力)を高めることができる、次の派遣先が決まるまでの間、保育および訓練施設をより容易に利用できるようにしなければならない。

加盟国政府は、派遣代理店および企業の違反に対する罰則を確立しなければならない。


▼ 背景 ▼

既存の労働時間指令(2003/88/EC)を改正する当該指令案は、2005年より審議の俎上にあった。欧州司法裁判所の解釈によると、多くの加盟国が同指令に違反している(Simap/Jaeger判決)。同判決によると、活性待機時間と不活性待機時間は労働時間として算入しなければならない。また、改正法案では適用除外を選択した労働者の保護が大幅に改善されている。

EUには800万人の有期派遣労働者がおり、その数は増えている。2002年3月に、欧州委員会が、EU全域に同水準の有期派遣労働環境を整備する提案を採択した後、いくつかの議長国が解決策を見出そうと調整を試みた。最近の英国における労使間の合意を受けて、議長国スロヴェニアが新たな妥協案を提示し、このたびの政治合意に至った。

共同決定手続きに従い、EU理事会の共通見解は、第二意見を得るために欧州議会に送られることになる。


《原文》

Commission strongly welcomes today's political agreement on Working Time and Working conditions for Temporary Agency Workers

http://www.deljpn.ec.europa.eu/home/news_en_newsobj2897.php

The Commission strongly welcomes the agreement that Member States reached in the early hours of this morning (10 June) on the longstanding issues of the Working Time Directive and the Temporary Agency Work Directive at the Employment and Social Affairs Council in Luxembourg.

Vladimir SPIDLA, EU Commissioner for Employment, Social Affairs and Equal Opportunities said: "This is a major step forward for European workers and it strengthens social dialogue. It shows once again that flexicurity can be put into practice: We have created more security and better conditions for workers and temporary agency workers while maintaining the flexibility that industry needs and workers want when reconciling family life and working life. I congratulate the Slovenian Presidency on its success and thank them for all the hard work that led to it. The ball is now in the court of the European Parliament and I sincerely hope that this solid agreement will find a majority in the plenary."

The main points of agreement in the Working Time Directive are:

on-call time to be split into active and inactive on-call time. Active on-call time to be counted as working time

inactive on-call time may not be counted as rest time and can be counted as working time if national laws or social partners agree

standard maximum limit remains at 48 working hours per week unless an individual worker chooses otherwise (opt-out)

new protective limit (cap) for workers who opt out: maximum working week of 60 hours unless social partners agree otherwise

new cap for workers who opt-out if inactive on-call time is counted as working time: maximum working week of 65 hours

the cap protects all workers employed for longer than 10 weeks with one employer

opt-out only under certain conditions, such as: no signature during first month of employment, no victimisation for not signing or withdrawing opt-out, employers must keep records on working hours of opted-out workers.

The main points of agreement in the Temporary Agency Workers Directive:

equal treatment as of day one for temporary agency workers as well as regular workers in terms of pay, maternity leave and leave

possibility to derogate from this through collective agreements and through agreements between social partners at national level

temporary agency workers to be informed about permanent employment opportunities in the user enterprise

equal access to collective facilities (canteen, child care facilities, transport service)

Member States have to improve temporary agency workers access to training and child care facilities in periods BETWEEN their assignments so to increase their employability

Member States have to ensure penalties for non-compliance by temporary agencies and enterprises.

Background:
The Directive amending the existing directive on Working Time (2003/88/EC) has been on the table since 2005. Many Member States are in breach of the legislation as interpreted by the European Court of Justice (Simap/Jager ruling). According to these rulings, active and in-active on-call time must be counted as working time. Also, the new text significantly improves the protection for workers who sign an opt-out. Finally, it reintroduces a reference to conciliation between working life and family life.

8 million workers in the EU are temporary agency workers and numbers are increasing. In March 2002 the European Commission adopted a proposal to create a level playing field for temporary agency workers across the EU. Several presidencies have sought to find a solution. Following a recent agreement between social partners in the UK, the Slovenian Presidency decided to put forward a new compromise text which has achieved political agreement.

The Council Common Positions now have to be sent to the European Parliament for a second opinion, as foreseen by the co-decision procedure.

posted by はなゆー at 05:03| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

赤旗以外、マスゴミが未だに無視してる「派遣も正規と同待遇 EU閣僚理事会が合意」、EU Newsが2008/06/10発なのでなんともはや。
Excerpt:  低気温のエクスタシーbyはなゆーさんの――2008年06月14日 〔詳報〕EU理事会の合意「派遣労働者も正社員と同じ待遇にする」 ――の記事で知ったのですが、外信もEU News も2008/06/..
Weblog: 雑談日記(徒然なるままに、。)
Tracked: 2008-06-14 08:53