2008年08月17日

内部告発「創価学会を批判していた女性市議の転落死は他殺」

http://www.asyura2.com/08/senkyo52/msg/581.html

検死によると、ビルから落ちて死亡した朝木明代元市議の両腕の上腕部には手で強く握られてできた痣があった。朝木明代元市議を2人で両脇から挟みこみ上腕部を強くつかまないかぎりできないようなものだった。しかし、警察はこの痣の件をずっと隠蔽してきた。

http://www.asyura2.com/08/senkyo52/msg/583.html

事件の担当検事も創価学会員幹部だったが、当時の地検八王子支部長自体が創価学会幹部だった。しかもその御仁は、創価学会副会長の妹と結婚し、池田大作の「総体革命」(いわゆる池田の天下取り) を推進する創価学会の「戦略会議」の「参与」でもあった学会エリート幹部だった。



イケダ先生の世界
posted by はなゆー at 09:32| ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

現職警察官が朝木明代市議の転落死は他殺と内部告発
Excerpt: 転落現場ビル外観 ○現職の警察官が、創価学会=公明党を批判していた朝木明代市議の転落死は「自殺」ではなく「他殺」だったと内部告発  現職警察官の内部告発によりますと、「朝木明代元市議を殺害した犯人を..
Weblog: わんわんらっぱー
Tracked: 2008-08-17 21:00

国家としての「敗戦責任」を問うはある。しかし勝手に始めて勝手に負けやがって庶民にとっちゃ終わってホッとだから「終戦記念日」でもいいじゃん。
Excerpt:  逆に言うと、その時の国民全員が「敗戦」と思っていて、一人も「戦争が終わってホッとした」って言う人がいなかったら、全員洗脳カルト状態ってことでそれはそれで気持ち悪いよなぁ、。国民にとっては終わってホッ..
Weblog: 雑談日記(徒然なるままに、。)
Tracked: 2008-08-18 07:33