この記事へのコメント
半年位は強硬な姿勢の応酬が続こう。
変化の契機は米国内で反乱的か、合衆国の州分裂的な動き、だろうか。
GM破綻もまだまだ道半ばに過ぎない。
米国の衰退が北朝鮮の狙い目。
事態の掌握度が落ちれば危険であるのは、米国も北朝鮮も変わらない。
中国も大変だ。
正念場と思う。
Posted by 田仁 at 2009年05月31日 22:15
因みに、日本で余り語られないが顕著な朝鮮有事の自民党的「対策」は、在日が永住証明書を携帯し忘れたり無くしたら刑事罰等、外国籍定住者をまあ言えば治安維持法下の共産党みたいな地位に押し込める政策ですね。
端緒は3月6日に入管法改案として、既に国会上程されてます。
Posted by 田仁 at 2009年06月07日 01:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック