この記事へのコメント
郵政民営化の前に、既に郵政関係は随分と偽造請負とか、労働環境の悪化・派遣化推進が行われていて、その仕上げが民営化だった訳です。
改悪を重ねて、ソレが絶対に後戻りしないように!民営化ね。
ソレが民営化スキームのパターンです。
同様に、地方自治民営化(道州制)も、既に官製派遣とか言われてますが、もっともっと派遣や偽造請負化を進め、ソノ仕上げに後戻りしないストッパーが、橋下徹その他が推進する民営化が来る予定なんです。
「公務員虐め=正義」の図式は、この為に必要不可欠であるとして、マスコミ動員で煽り立てられる火炎ですね。
勿論、米国を真似る力の勝間和代方式が活躍する資産切売りの方が美味しい部分ではあるけど、労働運動関係とか人件費部分を先にこう遣って圧縮していないと、抵抗が激しく難しいんです。
誰でも普通は疑問を持って、決まる前にリークとかしそうに思うでしょ?かんぽの宿の1万円とか千円とかの入札策価格は。
でも無かった!ソノ背景ってコンナ長期間の根気強いマスコミ総動員大規模スキームの結果です。
何事につけ、種も仕掛けもあるんですよ…。
Posted by 田仁 at 2009年07月31日 15:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック