2009年12月24日

「スペイン風邪」の死亡率の高さにはアスピリン投与が関係していた?

☆インフルエンザへの対処法 (鬼蜘蛛おばさんの疑問箱Part.2)

http://onigumo.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-1eaf.html


それによると、スペイン風邪

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%8B%E3%81%9C

の死亡率の高さにはアスピリンの投与が関係している可能性が高いのだそうです。当事(原文ママ)のデータから、アスピリンを使用すると死亡の危険性が8〜40倍高まり、アスピリンを服用して死亡した人のうり(原文ママ)の85〜97%がアスピリンが原因で死亡したと推計されているそうです。



六花亭 マルセイバターサンド20個入
posted by はなゆー at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136423099
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック