2009年12月31日

東京地検特捜部が小沢一郎幹事長の事情聴取を検討中

☆小沢氏の事情聴取検討=元秘書「自宅に現金4億円」−東京地検「貸付金」原資解明へ (時事通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091231-00000066-jij-soci

http://www.asyura2.com/10/senkyo76/msg/1004.html

特捜部は1月上旬にも、会計責任者だった小沢氏の公設第1秘書大久保隆規被告(48)=公判中=を事情聴取、元私設秘書の前任者だった同党の石川知裕衆院議員(36)から再聴取する方針で、結果を踏まえ、小沢氏聴取の必要性を最終判断する。 


★検察は本気で民主党政権を倒すつもりのように思われる。



田中角栄失脚
posted by はなゆー at 23:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本気で民意を愚弄し、日本国民に「政治への絶望」を迫る心算の様だ。
「日本人が政権交代で政治に目覚める」事が、余程都合悪いと見える。
仮に日本人が政治に目覚めてアレコレすると、困る様な事情があるのだろう。
ソレって何なんでしょうね?!
Posted by 田仁 at 2010年01月01日 22:43
官僚は自民党政治下でわけのわからない特殊法人を沢山作り、天下りし生涯賃金8億から10億をせしめ全部税金である、元大蔵官僚がラジオ放送で言っていましたがいままでに3000兆円公共工事等含む無駄に使ったと言っていた、官僚は民主党政権になるといろいろな事が出てくるので、予算の透明化されると官僚が困るからです、小沢幹事長を潰せば民主党は潰れると思います、検察はマスコミや新聞を煽り立て一体となった検察ファッションではないか、せっかく国民に政治が戻ってきたのに日本旧体制の利権勢力の最後の行く末は暗黒の社会に逆く戻りするのか、官僚政治でなく政治家の主導政治を行ってほしい。
Posted by 長谷川 巌 at 2010年01月14日 17:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック