2010年01月30日

〔米国下院選挙〕やがて二大政党制を揺るがしかねない動きが発生

「The Citizens’ Candidate」


☆アメリカ 草の根から変革の動き オレゴン州 富裕層増税を州民投票で決定 ユタ州では「求人サイト」を通じ「市民候補」を擁立 (大沼安史の個人新聞)

http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2010/01/post-c248.html

ユタ州では30日、ソルトレーク・シティーで、市民団体の連合体、「市民の候補」が公開オーディションを行った。ネットの求人誌「クレイグリスト」を通じた公募に応え、名乗りを上げた、「連邦下院議員候補の候補者」の中から、最終的に1人をユタ州の「勇気のある市民候補」に選出、来るべき中間選挙に擁立することを決めた。

ユタ州選出の現職は、民主党議員だが、市民団体側は「魂を売り渡した」腐敗政治家として、反発を強めていた。

         ↓

☆The Citizens’ Candidate”–Grassroots Effort Uses Craigslist to Find Candidate For Utah House Seat (デモクラシー・ナウ)

http://www.democracynow.org/2010/1/29/the_citizens_candidate_grassroots_effort_uses

Utah Democratic incumbent Congressmember Jim Matheson is facing a challenge from a coalition of progressives who have formed a grassroots effort called The Citizens’ Candidate to unseat him. The initiative is using Craigslist to find applicants willing to run against Matheson. A final candidate will be chosen through public interviews at the Salt Lake City Library on Saturday. We speak with The Citizens’ Candidate co-founder, Tim DeChristopher.


★ゆくゆくは、いわゆる「バタフライ効果」が発生する可能性があると思う。古人いわく「千里の道も一歩から」。
 


愛のギャク弁
ラベル:Jim Matheson
posted by はなゆー at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック