2010年02月20日

【民主党壊滅】大阪地検特捜部が「愛知県の民主党衆院議員」を逮捕か

☆暴走大阪地検 バッジ逮捕で汚名返上狙う (日刊ゲンダイ2月17日掲載)

http://netallica.yahoo.co.jp/news/111878

http://www.asyura2.com/10/senkyo80/msg/803.html

「ターゲットは愛知県選出の民主党衆院議員です。容疑はズバリ、あっせん利得罪。国会で有名作家の著作権を管理する会社に有利になるような質問をする見返りとして、カネを受け取ったという絵を描いています。質問の数日前、この議員は著作権管理会社にパーティー券60万円分を購入してもらっている。検察からすれば、村上正邦参院議員と小山孝雄参院議員が質問の見返りに利益供与を受け、刑が確定したKSD事件と同じ構図というわけです。もっとも、あっせん利得なら、公務員に職務上の行為をさせる、あるいはさせないようにすることで利益を得たという証拠が必要。立件は簡単ではありません」(司法事情通)



《おまけ》

第166回国会 文部科学委員会 第11号
平成十九年六月六日(水曜日)

出席委員
(略)
牧義夫君
保坂展人君

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/166/0096/16606060096011a.html

○ 牧委員 

 ちょっと事実関係を十分に大臣が御認識をされていないので、それはされていなくて当然だと思いますから結構なんですけれども、されていないので、ちょっとざっと簡単に説明させていただきますと、日本図書教材協会に加盟する教材出版社があるわけですね。何社かあって、そこが、教科書会社の、検定を通って採択された教科書をもとに、各現場で使われるこういったワークテストを作成するわけです。

 この日本図書教材協会という一つの団体と、それから教科書会社、教科書を出版する教学図書協会という任意団体ですけれども、そことの間のやりとりがあるんですね。

 これは毎年毎年二億円近く謝金というものを払ってきた。その謝金の中身についてはまたいろいろこれまでの経緯があって、かつては白表紙本を流用していた、それを事前に横流ししていた、それに対する謝金であったということが問題化をして、これについては文科省も厳しい態度をとって、そこはきちっと改められた。ただ、その謝金の仕組み、システムそのものはいまだに残っているわけです。それは何の対価かということは、かつて裁判でももう決着がついたわけで、この謝金というのは、現在は著作権、教科書の編集著作権です、それに対する二次使用の対価だという形でこの団体間の決着はついているわけです。

 ただ、これから私が申し上げたいのは、今お配りした資料、この中に、今、五通りの資料がございますけれども、実は、これは教科書会社との間の決着だけでは十分じゃないんですね。教科書の中で使用されている原著作者の著作権は一体どうなっているんだ、それについての二次使用の許諾は得ていないじゃないかということがもう既に指摘をされて、訴訟も起きています。この日本図書教材協会傘下の会社が抱える訴訟だけでも、もう既に、既にというか現在かな、そこら辺の認識はあるのかどうかはお聞きしようと思っていましたけれども、私が聞くところによると、もう現時点で三十七名の原告がいる、被告が三十社、延べ三十社、これだけの係争案件を抱えているというのが現状です。

 そういう中で、では、もうこの会社には使用許諾をしないということをはっきり著作者の団体なりなんなりから言われているところの教材を、実は今皆様方のお手元にお配りさせていただきました。ちょっとごらんになっていただきたいと思います。

 これは、同じ教科書についてのワークテストです。一つは、明治図書というのがお手元にあろうかと思います。一番上にあるかな。この表紙をごらんいただきたいと思うんですけれども、表紙の「国語」と書いてある横、左横です、黄色い欄に、「明治図書のテストには「教科書を開いて答える」問題はありません。」と、わざわざうたっているんですよ。大臣、それです。これは、明治図書のを見ると必ずこれが書いてあるんですね。こんな当たり前のことが書いてあるんですけれども、では、ほかの教材出版社のものを見ていただくと、あえて明治図書がそういうことをうたい文句にする理由がよくわかると思うんです。

 同じような問題ですけれども、教科書の五十四ページ三行目から五十七ページ三行目までを読みましょうと。教科書を開かせて、それで、それに対する設問があるわけですね。これは、私がさっき御説明申し上げたような理由で許諾が得られないので、教科書を開いてこの問題をやってくださいという形になっているんですよ。

 まず、私は、教育現場のありようとして、これは異様な光景だと思うんですよね。こういうちゃんとしたのもある中で、別に私、ここから頼まれてこういう質問をしているんじゃないですよ、全く関係ありませんけれども、こういうのがある一方で、許諾の得られないものはもう穴あき、穴あきワークテストですよ。こういうものを使わざるを得ない学校現場というのも寂しいなと私は思うし、こんな穴だらけのものだったら、学校の先生が問題をつくればいいじゃないか。教科書をコピーして自分で設問をそこに、教科書を学校の先生がコピーしたっていいわけですから、いいわけでしょう。それをもとに、下に設問をつくって、それで学校で印刷をして生徒に配ればそれで済むわけですよ。それを、なぜこういうものをわざわざ購入してまで使わなきゃいけないのか。

 その実態を私は大臣にも認識をしていただきたいと思いましたし、これまでの教育再生の中でも、教員の指導力のお話もありました。こんなことをやっていて、本当に教員の指導力が向上するのかなと思わざるを得ないと思うんですけれども、私のちょっと雑駁な説明でしたけれども、ちょっと、これまでのところの大臣の感想を簡単にお聞かせいただきたいと思います。

(略)

 時間が余りございませんので、私は、この団体、日本図書教材協会、それから販売を担当する、表裏一体の全販協という団体との問題についてもうちょっと深く掘り下げて質問させていただきたいと思っておりましたけれども、次回にそこら辺は回したいと思います。

 ただ、時間のある限りでちょっと申し上げさせていただきたいと思うんですけれども、そもそもこの日本図書教材協会、これは公益法人ですから、会長も元初中局長という方が天下りをされているわけで、何年かすると銭谷さんもそこの会長になるかもしれませんけれども、やはりそういう団体だからこそ、もうちょっと規範意識を持っていただかなきゃ困るわけだし、白表紙本の問題が解決したとしても、では、この団体の設立の趣旨からして、今存続する意味というのは一体何なのかということを考えたときに、それだけ多く抱える係争案件、これをまさに護送船団方式で守るための団体であるとしか私には思えないんです。

 実際に数字を申し上げれば、有力な何社かの中で、例えば小学校八十何%と言いましたけれども、全国で約二万校ですよ、これを購入して生徒にやらせている学校が。二万校のうち、一々生徒に教科書を開かせなくても済むような、ちゃんとした原著作者の許諾を得ている、こういう教材図書がでは実際どれぐらい採用されているのかというと、四百八十ぐらいなんですよ。値段も若干安いんですよ。使い勝手もよくて、ちゃんと原著作者の許諾も得ている、しかも値段も同じか安い。そうしたら、普通の市場の原理からいったら、こういうものが採用されてしかるべきだと思うんですけれども、二万校のうちわずか四百数十校というのは私は異常な数字だと思いますけれども、大臣、どう思われますか。

posted by はなゆー at 11:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一件だけでは判らなかったが、二件目になると、コレは流石に明らかじゃないです?!
絶対コレ、新しい歴史教科書をつくる会の絡みでしょ。
北海道教組の輿石さんと言い。
あの爺連中が生半可な事を聞きかじり、妄想混じりにデッチ上げたネタですな!?
相変わらず逝かれてんなあ!!
年寄りの押し出しで騙された地検も不幸だな〜!
ワヤクチャ。
Posted by 田仁 at 2010年02月20日 13:35
こんにちは。

牧さん、又狙われているのですね。
厚労省の村木局長の裁判が無罪になりそうなのでリベンジ
を狙っているところもあるのかもしれませんね。
あの事件も最終ターゲットは石井ピンさんでしたが、最初
に報道で名前が出たのは牧議員でした。
検察ってばホントに蛇のようにしつこい、と言ったら蛇に
失礼か。

でも、質問の内容を見ると、しごく真っ当だと思えます。
そもそも、おかしな現状に不満をもった著作権会社からの
問題提起を受けて、それが正しければ質問する事は、何ら
問題ではない筈だし、この質問内容ではただちにその会社
に有利に働くことはないように思います。
合法なパーティ券購入で斡旋利得というのは、あまりにも
無理筋(今回も)ですよね。

障害者郵便不正利用のとき、朝日が打った第一報では一面
に顔写真いりで報道されたのですが、その記事を隅々まで
読んでも牧議員の何が悪いのかよく解らない不思議な記事
でした。

検察はまあ、民主党にダーティなイメージをつけ
参議院選
前に叩き潰したくて必死なのでしょう。
でも、かなりの人が検察の暴走に気付きつつある現状では
これで事件をでっち上げるのは検察にとっても大きな賭け
であるのは間違いが無く、いよいよ粛清の嵐が吹き荒れる
事は必至でしょう。(今にでもやってほしい所ですが)

愛知県民の私としては、また気をもませられそうですが、
牧議員になにかあれば、検察に抗議の嵐を吹かせる所存です!
Posted by nanacat at 2010年02月20日 16:35
何で名古屋地検特捜部ではなくて大阪地検なのですか?
郵政裁判は殆ど公判検事が起訴検事を裁くという方向に
なってるようにも思えるのですが、こんなことで延命
が可能とは思えない。不思議な話だ
Posted by 和田 at 2010年02月22日 00:16
よく判んねだども、大阪は郵政裁判で村木さんと牧さんを眼の仇にしてんでねーのけ?
でも、確かに地検の所轄ってば「眼の仇にした相手」でねぐて「地域別」だった筈!とは正論だべさ。
Posted by 田仁 at 2010年02月22日 19:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック