2010年04月14日

〔インド〕子宮頸がんワクチンの副作用で4人死亡か

☆子宮頸がん予防ワクチン、大田原市が集団接種
(読売新聞4月9日)

http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/life/20100408-567-OYT1T01406.html

http://www.asyura2.com/10/lunchbreak37/msg/128.html

栃木県大田原市は5月から、小学6年女児に子宮頸(けい)がん予防ワクチンの集団接種を全国で初めて実施する。

対象は市内23小学校の347人。任意だが、費用は市が全額負担する。

子宮頸がんは、性交渉によるヒトパピローマウイルス(HPV)感染によって起こるが、ワクチン接種で予防できる唯一のがんと言われる。接種は初回、約1か月後、約6か月後と計3回必要で、費用は4万〜6万円もかかる。

このため、「子宮頸がん征圧をめざす専門家会議」によると、今年度、全国ですでに32市区町村がワクチン接種の公費助成を決めている。



☆Cancer vaccine programme suspended after 4 girls die

http://www.dnaindia.com/india/report_cancer-vaccine-programme-suspended-after-4-girls-die_1368681

New Delhi: The Indian Council of Medical Research (ICMR) has told Andhra Pradesh and Gujarat to immediately suspend the cervical cancer control vaccination programme for girls. The programme is part of a two-year study to look into the utility of a vaccine in public health programmes and acceptability of Gardasil, the human papillomavirus (HPV) vaccine made by Merck. Gardasil, available in medical stores across the country, is marketed in India by MSD Pharmaceuticals Pvt Ltd.

The programme was marred by controversy after four deaths and complications among 120 girls were reported after vaccination. The girls complained of stomach disorders, epilepsy, headaches and early menarche. Women activists fear the vaccine may impact the mental health of girls who have shown no signs of distress so far.

Health ministry sources said the vaccination programme is being conducted by Gardasil, jointly with PATH, a Seattle-based NGO, ICMR and the two state governments. About 32,000 girls, aged 10-14, were to be tested in the study.

ICMR chief Dr VM Katoch clarified ICMR was only a technical partner, with an advisory role, in the project. But Katoch said they were checking out who was at fault.

Questioning the study, CPM leader Brinda Karat said: “How has the government embarked on the study of giving three injections to the girls when it is also planning a massive multi-centric dose determination study to see if two doses will suffice?”

For a drug to be administered to children, Karat said, it has to go through stages of clinical trial, including phase 3 adult clinical trials. With Gardasil, only one trial has been carried out with a small sample of 110 girls, which has followed up with them for a month after completion of vaccination and that too only to look at the immune response post-vaccination, Karat said. The vaccine has also been approved for adult women aged 27, Karat said, without any trials on them.

Karat also alleged scientific logic and ethical guidelines have been violated at each step during drug and vaccine trials.




☆インドでガーダシルの研究プログラム、死亡者が出たため緊急停止さる
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/552.html
投稿者 千早@オーストラリア 日時 2010 年 4 月 10 日 14:38:30


インドでガーダシルの研究プログラム、死亡者が出たため緊急停止さる

”インドで行われていた子宮頸癌ワクチン、マーク(メルク)社製のガーダシルの公的医療における有用性と受容性を調べる2年間の研究プログラムで、ガーダシルを接種した120人の女子のなかから4人の死亡を含む多数に問題が生じたため、インド医療研究評議会(The Indian Council of Medical Research - ICMR)がただちにこのプログラムを停止するよう命じた。

死亡以外の健康被害は、胃障害、てんかん、頭痛や早発初経。女性の活動家たちは、これまで悪い症状が出ていない女子にも精神的な悪影響があるのではないかと恐れている。

このプログラムはガーダシルと、シアトルにあるNGOのPATH、ICMRおよび2つの州政府が共同で実施していて、10歳から14歳までの約3万2000人の女子に試験される予定だった。ICMRのチーフ、カトック医師は「ICMRは単なる技術的なパートナーで、顧問の役割を果たすに過ぎなかった」と明かしたが、「責任の所在を確認しているところだ」と述べた。

CPM(上述の女性活動家団体と思われる)トップのブリンダ・カラットは、「政府はどうして、2回の接種で十分かを調べる計画があったのに3回接種を実施するこの研究を開始したのか?」と疑問を呈している。

薬品が子供たちに投与されるには、段階3の成人への臨床試験を含むいくつもの臨床試験を通してからでないといけない、とカラットは指摘。しかしガーダシルではたった110人の女子への試験しかしておらず、そのフォロー・アップも1ヶ月後にワクチン後の免疫反応を見ることしかしていない。ワクチンは(インド国内で)27歳(まで)の女性にも(接種の)許可が出ているが、なんらの試験もされていないとカラットは語った。「科学的論理や倫理的な指針が、どの段階においても守られていなかった」とカラットは主張している。



posted by はなゆー at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146554703
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック