2010年05月29日

中国大陸で「感染力が強い奇病」が広まっている可能性が高いようだ

田仁
http://twitter.com/zui4ying1/statuses/14949945731
香港ATV1:
手足口病感染の10歳女児は容態安定と保健当局。女児の学校は2週間閉鎖、当局は更なる感染拡大を警戒中。ワンポアガーデンのカナン幼稚園は木曜から1週間閉鎖、園児の母親(35歳、小児科看護師)が腸内ウイルス感染で死亡疑い。2週間前に手に湿疹、先週発熱と目眩から昏睡状態に…


田仁
http://twitter.com/zui4ying1/statuses/14950149481
香港ATV2:
昏睡状態になりクイーンエリザベス病院に入院、23日死亡。検査でエントロ・ウイルスに陽性反応、詳しい検査結果はまだコレから。



☆中国では、今、感染力の強いエイズのような奇病が広まっています。 (元警視庁通訳捜査官、坂東忠信の公式ブログ)

http://taiyou.bandoutadanobu.com/?eid=1183232

中国では、今、感染力の強いエイズのような奇病が広まっています。
しかし中国政府は、現在開催中の万博への影響を恐れてか、この一大事を公表していません。

(略)

この患者のブログを要約すると、
1 HIV検査をしても陰性反応しか出ない。
2 コンドームをしていても感染する。
3 病原菌が攻撃するのはCD4細胞である
ということで、症状としては

1 できものができて、破れる
2 頚部リンパ球がしこりとなって浮き出て、押すと動く
3 舌が白くなる
4 疲労倦怠感が強まる
5 歯茎から出血し、異臭がある
6 体の表面に血の点々ができる
などなど。これらが二年間続いているというのです。

さらに、この患者から感染した女性は、筋肉痛、吐き気、めまい、のどの痛み、下痢、特に強いのは疲労倦怠感とのこと。

(略)

そしてこれが、すでに日本人に感染しています。

(略)

この日本人患者の訴えている症状は上記の中国人患者のブログにあるものと共通するものがいくつかあり、同種のものではないかと思われます。

(略)

注意すべきはこの「エイズ恐怖症」とされる奇病が、唾液感染するらしいということ。

そして他の記事を読む限り、エイズ検査では陰性反応ながら、エイズ同様の症状があり、潜伏期間は一年間ほど(個人差があるようです)とのこと



☆国内感染者に会ってきました。
(元警視庁通訳捜査官、坂東忠信の公式ブログ)

http://taiyou.bandoutadanobu.com/?eid=1184108

会って最初に感じたのは、目がずいぶんと充血しているということです。

そしてひと目で、かなり気落ちしている様子が分かります。

しかし、私は困ってしまったのですよ。
私は患部などの明瞭な写真を撮って、それで皆さんに分かってもらおうと思っていたのですが、目の充血以外はまったく外見に病状がないのです。

(略)

まず感染は去年九月下旬。

(略)

その後帰国、10月上旬には電気が走ったような全体的倦怠感をはじめ、頭髪は脱毛、髪質は変化し、体のあちこちが痛み出して、皮膚科、口腔歯科、耳鼻科、保健所、整形外科、総合大学病院など9箇所での診察検査に通うのですが、すべてまったくのシロ。

外見的症状は、正常時の自分を知っている自分なら比較認識できるのですが、医師が見ても以前の状態を知らないので、その違いが分からないのだそうです。

さらに通常の検診やレントゲン・脳MRIでの診察でも、目に見える異常は確認できません。

これでは感染していても、訴えようがありません。
医学的には裏づけがないのです。

しかし痛みと違和感は体中の複数箇所で発生していて、一つ一つどこが痛いかすら分からなくなってしまうのだそうです。

(略)

でも、食欲はあるそうです。

睡眠時間は一日に5〜6時間ありますが、眠りはずいぶんと浅いとの事です。

新聞記事などでは汗でも感染するといわれていますが、彼がメールをやりとりしている中国人や何人かの話では、汗での感染はなく、唾液だという見解が多い、との事。



項羽と劉邦(上巻)改版
posted by はなゆー at 14:35| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
香港のエントロ・ウイルスはキッチリ病理検査で出た訳ですから。
ATVが報じたのはクイーンエリザベス病院の一例だけですし。
しかも小児科看護師さん。
多分、手足口病の患者なお子さんと接点が多かった?
中国本土の例と、同じと即断するのは早計では?
香港は手足口病と言ってます。
日本でも時々見られる病気です。
中国でも日本でも、エントロ・ウイルスなら検出可能でしょ?
Posted by 田仁 at 2010年05月29日 14:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151473804
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック