2011年01月25日

東京都から千葉県に「医療難民」や「介護難民」が流入している

☆老いの未来図:介護・医療の現場で 「医療難民」も流入/千葉
(毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110124-00000041-mailo-l12

http://www.asyura2.com/09/iryo03/msg/395.html

病院長も、行き場のない東京の高齢患者が県内に流入し、病院が受け皿となっている実態を認めた上で、その背景について「都内の病院はそれだけコストがかかる。医療が必要な高齢者を誰かが診なければならない。療養病床は診療報酬が低く厳しい。昔は『医は仁術』と言ったが、今は『医は算術』だ。医療制度が悪く、今はその『算術』すら難しい」と語った。


posted by はなゆー at 19:43| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
医療制度がしっかりしていれば「医は仁術」がより栄えていく。国は「農」と「医」、それから「学」に沢山の公費を投入して行かなければならないのに、その全てが蔑ろにされている。これでは早晩、国は滅ぶ。
現在は米領日本、「軍」と「盗」に税金が吸い取られ世には馬鹿が溢れている。
Posted by a at 2011年01月25日 20:19
まるで「カナダに逃げる米国医療難民」。
てか、東京都が日本では有り得ない位に黒字ブッチギリ税収って、常識と思うが?
ソレは何処行った?
Posted by 田仁 at 2011年01月25日 23:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/182426895
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック