2011年10月27日

売春案内広告は「日刊ゲンダイ」以外のスポーツ紙・夕刊紙も掲載

☆日刊ゲンダイ 風営法違反ほう助容疑で家宅捜索 警視庁
(毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111027-00000035-mai-soci

http://www.asyura2.com/11/hihyo12/msg/414.html

同課は日刊ゲンダイが違法性を認識していた可能性があるとして、同日午前から、発行元の「日刊現代」本社(東京都中央区)など3カ所を同法違反容疑で家宅捜索した。


             ↓


山木
https://twitter.com/#!/gogohmatui/status/129408521195372544
日刊ゲンダイは断固戦うべき。捜査の不当性、何故当局がゲンダイを狙うのか。官僚政治、官報メデイア、権力、既得権批判をしている為だ。これこそジャーナリズム。ゲンダイは紙面上で断固戦え!毎日購読する(売春案内広告なら全スポーツ紙にある)


山木
https://twitter.com/#!/gogohmatui/status/129407279450693633
夕刊フジはお咎めなし サンケイグループだから。日刊ゲンダイ戦おう!




310 名前:無党派さん[]
投稿日:2011/10/27(木) 13:02:14.58 ID:ue0czMm+ [1/2]
警察、検察関係にずいぶん批判的だったからな、広告の名を借りた報復だろうが北海道新聞は経理関係で警察にやられて、裏金問題の記事は放棄したが、ゲンダイも、これで大人しくなれば、全ての新聞は広報となってしまうのだろうな。
何れ、IWJ関係も間合いを見て何らかの言いがかりがつけられる可能性もあるので注意は必要だな。




312 名前:無党派さん[]
投稿日:2011/10/27(木) 13:10:32.21 ID:ue0czMm+ [2/2]
一人の人間や一企業が、生活や生産活動を行ってゆくうえで、厳密に法を侵さずに過ごしてゆくことは不可能なほど法で縛られ過ぎている。
どんなことでも法を侵したのだから仕方がないと見過ごすなら、警察、検察権力の思うが儘の世の中になってしまう。彼らは任意に思うが儘に事件化できるのだからね。
こうしたものを、少しで抑える役目が新聞にはあったはずだが、そうした機能も既に放棄され、目ぼしいところはゲンダイだけだったのだよな。
そうしたものも潰されて何も残らず、ストリップのように一枚ずつ全てを剥ぎ取られる世の中を誰も見ず、目を背けるのはさびしい限りだな。


posted by はなゆー at 13:25| Comment(1) | TrackBack(0) | ムンクの叫び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
警察と暴力団がズブズブで警察=犯罪組織な訳で、その、全国にくまなく存在する風俗じたいを摘発せず、新聞広告、それもゲンダイだけに言い掛かりを付ける!

ゲンダイには絶対に戦って欲しい。応援してます!
Posted by eggplant at 2011年10月27日 13:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック