この記事へのコメント
「MJT39」というギャグを思い付いたのでひとまずメモ。次のネタで使いますからね! 私が考えたんだからね!
Posted by 老獪なブロガー at 2012年03月03日 23:42
日航ジャンボ123便 天皇陛下の手術を「順天堂大学の医師」が執刀したのは、JAL123便事件からの陛下と東大の確執が原因
http://www.asyura.com/11/lunchbreak51/msg/902.html

今回の東大での天皇陛下の手術は、東大の医師はアシスタントで、
順天堂の医師が執刀した。

理由は、JAL123便である。
文部省宇宙科学研究所(実質、東京大学宇宙航空研究所)の、
国産巡航電磁パルス核ミサイルが、JAL123便を破壊し、
伊豆下田須崎御用邸も皇居も核汚染した。

日本の裏政府八咫烏とソ連でJAL123便に攻め込んだ訳だが、
天皇陛下の誕生日は12月23日で「123」であり、
国家君が代告示日の8月12日に決行されている。
要は、JAL123便は、天皇陛下への脅しクーデターだったわけである。

1985年8月12日のJAL123便の件を、
天皇陛下は当然ながら、快くは思っていない。
東大は信用ならんというご意思である。
未だ確執があるのだ。

それで、
今回の手術は、わざわざ順天堂大学から天野教授を迎え、
順天堂大学天野教授が陛下の手術を執刀した訳である。

陛下へのクーデターの中心的役割の一端を担った東大は、お嫌いであるというご意思は、心から同感致すところであります。



<参考>
日航ジャンボ123便 文部省宇宙科学研究所のロケットをベースにした国産巡航ミサイル。写真「7枚目」下田「須崎御用邸」付近
http://www.asyura.com/11/lunchbreak51/msg/900.html
(回答先: 日航ジャンボ123便 車窓写真「7枚目」は、伊豆静岡県下田市「須崎御用邸」付近を南下。乗客小川様が右側を撮影。飛行物体も )
日航ジャンボ123便 下田港付近でM3.0Cuの対流性エコー発生か。自衛隊国産電磁パルス核きのこ雲。報告書掲載気象レーダ
http://www.asyura.com/11/lunchbreak51/msg/899.html
Posted by 123 at 2012年03月07日 13:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック