2007年03月12日

「死ね」安倍批判の慰安婦問題研究者に脅迫状や脅迫電話が相次ぐ

「悪行を認めることを拒絶する感情はいつの世も存在しますが、とりわけ1990年代のバブル崩壊以降は、独自の文化を無理やり主張することが、一つの流れとなっているように思えます」

☆慰安婦問題の第一人者である吉見教授、安倍首相の発言に苦言 - 東京(AFP通信)

http://www.afpbb.com/article/1407058?lsc=1&lc=2

http://www.asyura2.com/07/senkyo31/msg/1109.html

吉見教授はさらに、柔らかい語り口調で、脅迫電話や脅迫の手紙をいくつも受け取ったと話す。教授が資料を発見、公表したことに腹を立てた人物が、教授に「死ね」という書面を送りつけてきたこともあるという。

☆Don’t deny history (UAE=アラブ首長国連邦の英字紙「7DAYS」)

http://www.7days.ae/en/2007/03/12/don%E2%80%99t-deny-history.html

http://www.asyura2.com/07/senkyo31/msg/1110.html

The soft-spoken professor said he has received threatening telephone calls and letters, one reading, “You must die!”, since he first published his findings. Even if the government lets the 1993 statement stand, Yoshimi said, the backlash has taken a toll. He said none of the history textbooks now used by junior high school students make clear reference to “comfort women.”





posted by はなゆー at 07:07| ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっぱり、宗教右翼はヤクザ屋さんと直結してるんでしょう?
品性下劣で、脅迫罪を名誉のようにでも思ってる…?
精神的にベドファイルに近いって話も聞きますが。
Posted by 田仁 at 2007年03月12日 15:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35763827
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

日本では「従軍慰安婦」、海外では「性奴隷」
Excerpt: 「アッテンボローの雑記帳」さんからいただいた2007年3月11日のTB「従軍慰安婦(性奴隷)とチビチリガマ・シムクガマ」のコメント欄に、「なのなの勢力」さんのコメント発見。引用。 思うのですが、..
Weblog: 村野瀬玲奈の秘書課広報室
Tracked: 2007-03-12 13:36
倭国大乱を記録するブログの数々