2007年04月09日

731部隊元隊員が証言「従軍慰安婦を生体解剖したこともあった」

☆「病原体の生体実験 毎日2〜3人解剖」 (読売新聞・中部版)

http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/070409_5.htm

http://www.asyura2.com/07/senkyo33/msg/223.html

戦時中に中国大陸で、捕虜などに人体実験を重ねた旧日本陸軍731部隊

http://ja.wikipedia.org/wiki/731%E9%83%A8%E9%9A%8A

の衛生兵だった三重県尾鷲市の大川福松さん(88)が8日、大阪市で開かれた国際シンポジウム「戦争と医の倫理」に出席、「毎日2〜3体、生きた人を解剖した」と証言した。

(略)

44年8月から旧満州(現中国東北部)にあった関東軍防疫給水部本部(通称731部隊)の「ロ号棟」で、衛生伍長をしていたという。所属した班は、ペストやコレラ、梅毒などの病原体を人体に注射して感染の状態を調べたり、人為的に凍傷を作ったりしていた。最初は「大変な所に来た」と思ったが、次第に感覚がまひし、「そのうち、毎日2〜3体解剖しないと仕事が終わらん気になっていった。多い時は1日5体を解剖した」と証言した。

子持ちの慰安婦を解剖したこともあった。「子どもが泣いている前で、母親が死んでいった。子どもは凍傷の実験台になった」と語った。

☆731部隊の医学犯罪問う 元隊員ら戦争加担を告発 大阪で国際シンポ (赤旗)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-04-09/2007040915_02_0.html

http://www.asyura2.com/07/senkyo33/msg/226.html

米ハーバード大学公衆衛生学部のダニエル・ウィクラー教授は、大戦後に米国が刑事免責と引き換えに七三一部隊関係者から実験データを入手したと指摘。「日本の過去の悪行が隠されると、次の世代の重荷になる。七三一部隊と取引したアメリカ人も重荷を背負うことになってしまった」と語りました。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

《関連アーカイブ》

☆《細菌戦》アメリカ国立公文書館が「731部隊」の機密文書を公開(2007年1月18日の拙文)

http://alcyone.seesaa.net/article/31633702.html

アメリカ国立公文書館は、旧日本軍が満州で行った細菌戦研究などに関する米情報機関の対日機密文書10万ページ分を公開した。

☆旧日本軍「細菌戦研究」 米が機密文書公開(産経新聞)

http://www.sankei.co.jp/kokusai/usa/070118/usa070118004.htm

http://www.asyura2.com/07/war87/msg/1047.html

文書目録によれば、石井四郎軍医中将

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E4%BA%95%E5%9B%9B%E9%83%8E

を含む731部隊(関東軍防疫給水部)

http://ja.wikipedia.org/wiki/731%E9%83%A8%E9%9A%8A

関係者の個別尋問記録が、今回の公開分に含まれている。また、細菌戦研究の成果を米軍に引き渡したとされる石井中将が、米側に提出する文書を1947年(昭和22年)6月ごろ執筆していたことを裏付ける最高機密文書も今回明らかになった。

(略)

細菌戦などに関する米側の情報文書は、これまでも研究者が個別に開示請求してきたものの、一度にこれだけ大量に公開された例は少ない。

(略) 

石井中将は自らと部下の保身と引き換えに、細菌戦研究の成果を米側に引き渡したとされてきたが、47年6月20日付の米軍最高機密文書は、こうした説に沿う内容を含んでいる。

※ これらの文書の目録や検索についてはアメリカ国立公文書館のリリース

http://www.archives.gov/press/press-releases/2007/nr07-42.html

から。

特に日本の細菌戦関連の資料を集めたPDFファイル 

Select Documents on
Japanese War Crimes and Japanese Biological Warfare



http://www.archives.gov/iwg/japanese-war-crimes/select-documents.pdf

ただし、このPDFファイルは、サイズが30Mb程度と、かなり大きいので要注意。

――――――――――――――――――――――――

☆日本本土で連合国軍に細菌攻撃検討か?731部隊長の直筆メモ (2006年7月21日の拙文)

http://alcyone.seesaa.net/article/21161321.html

旧関東軍防疫給水部(731部隊)の石井四郎部隊長が終戦直後、日本に進駐する米軍など連合国軍を標的に細菌攻撃を検討していたことがわかった。

☆日本で細菌攻撃検討か 731部隊長の直筆メモ(共同通信)

http://asyura2.com/0601/war82/msg/789.html

メモの表記は断片的で攻撃計画がどこまで具体化していたかは不明。

☆詳報:731部隊長メモの要旨(共同通信)

http://asyura2.com/0601/war82/msg/789.html




posted by はなゆー at 23:14| ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして♪記事にリンクさせてもらいました。少しぐらい知っていましたが、ナマ生しい証言にショックをうけています。でも、証言するのに あまりにもひどい事実で、ものすごく勇気がいったことだと思います。
Posted by あずーる at 2007年04月11日 02:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

めちゃめちゃ2 ショッキングなニュース
Excerpt: <p> TVのニュースではとりあげていなかったので<br /> 転載しておきます。<br /> <br /> このシンポジウム大阪で開催され、無料だったらしいので、<br /> もっと早く知っていれば是非、聞きにいきたかったです。<br />
Weblog: billabong
Tracked: 2007-04-11 02:24
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。