2007年06月19日

朝鮮総連本部売却のキーマンから自民党の中川幹事長に政治献金?

☆スポンサーは三塚博の秘書アガリ政商だった (ネットゲリラ)

http://my.shadow-city.jp/?eid=455191

「三塚の元秘書が経営していた『三正』という会社なんだが、中川秀直に献金していたという話もあったりするんだが」

★この情報の出所は不明だが、中川秀直氏への政治献金については、そのうち真偽が判明するであろう。

《関連情報》

☆政界波及の予感? (ESPIO。なおブログオーナーである野田敬生氏は公安調査庁の出身)

http://espio.air-nifty.com/espio/2007/06/post_926f.html

http://megalodon.jp/?url=http://espio.air-nifty.com/espio/2007/06/post_926f.html&date=20070618202900

1999.01.12 エコノミスト 第77巻 第2号 通巻3376号 

特集 日債銀国有化は、一つの戦後清算だ

日債銀“崩壊”の遠因を作った政界・政商人脈の深い藪

その三塚

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%A1%9A%E5%8D%9A

の元秘書で、三塚の政治団体「博友会」代表を務めていたことのある満井忠男も、不動産会社「三正」(東京・京橋)の社長として日債銀から約四〇〇億円を融資として引き出している。三正の債務超過五三七億円は、地上げ途中の神保町の約一〇〇〇平方メートルを、半分ずつ「キングロード」「サムフィールド」という急ごしらえの「飛ばし」の受け皿会社に割り振った。これなど公表不良債権以外の含み損を抱えた潜在的な不良債権だ。

三塚や満井の日債銀がらみと小針企業群がらみの不良債権への関与が根強く情報として流れているのは、このためである。



今人気の北海道お土産!鉄の街の人気者!ボルタ #39 (宝を探す)
posted by はなゆー at 09:12| ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
多分、大きな構図としては、総連から実は本国送金に劣らないかそれ以上のアガリを取ってた戦後レジーム派と、市場に流れない資産は皆塩漬けとするウォール街の指令が「カチあ」って、更にそれに、戦後レジーム一掃を狙う現政権の思惑が絡んで複雑化してるんだと思うんですよ。
でもそれって、保守の蛸足喰いとか、「満州建国隠しに上海事変」と同様、結局最終的には「右翼に有り勝ちな自虐」に終わる可能性も高い、っつうか、内訳バラしをどの時点で止めれるかに拠ってて、戦後レジーム一掃派は「総連が窮しても黙秘する筈」って目論見に立脚して強気なんですね。
確かにサーベラスと一緒で、中川幹事長が絡んでるのは頷ける話です。
Posted by 田仁 at 2007年06月19日 14:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

2001年の第19回参院選から導入の比例代表の「非拘束名簿式」、政党名だけでなく、候補者名でもOKに、全ての護憲派は結集・利用すべきだ。
Excerpt:  「非拘束名簿式」って知らなかった(汗)。2001年の第19回参院選から導入の
Weblog: 携帯版雑談日記(徒然なるままに、)
Tracked: 2007-06-19 09:17