2007年07月04日

143兆円あるはずの「年金積立原資」が56兆円しか残っていない?

☆143兆のはずが、何と56兆しかない年金積立。 (葉山町インサイダー)

http://blog.goo.ne.jp/hayama_001/d/20070630

http://megalodon.jp/?url=http://blog.goo.ne.jp/hayama_001/d/20070630&date=20070704113820

年金積立原資について、日本医師会のシンクタンク(注:おそらくは「日医総研」であろう)による「'02年公的年金基積立金の運用実態の研究」のレポートより。

●存在するはずの年金積立金  143兆9858億円

●事実上「破綻」と評価される特殊法人や地方公共団体に融資され回収見込みがない積立金  87兆8857億円 

●残っている年金積立金  56兆1001億円 

レポートを行った森宏一郎氏によると、「特殊法人だけで60兆の積立金を食い潰しています。特殊法人自体は営利団体ではないので、元本も利息も全て税金で借り入れて、税金で返済しているだけです。特殊法人へ流れた年金は役人の高額給与や退職金、公共事業などで殆ど消えているのが実態です。また、グリーンピア事業だけで6兆円もの損失がでています。特別会計、特殊法人、地方公共団体に流れたお金はほとんど不良債権とみなすべきでしょう。」

ちなみに、「年金食い潰し特殊法人トップ5!」は
住宅金融公庫      23兆4518億円
年金資金運用基金    10兆6150億円
日本政策投資銀行     4兆3490億円
国際協力銀行       3兆9683億円
都市基盤整備公団     3兆9017億円

投資運用による損失、税収低下、その後のさらなる特殊法人への融資を
考慮すれば、「年金積立金はさらに食い潰されている」と考えた方がい
いでしょう。また、役人の天下り受け入れ先企業には今なお、年間6兆円もの税金が「補助金」として支給されています。事実上、年金は歴代の官僚と内閣により完全に食い物にされてきたわけです。「合法的公金詐取」、「合法的年金詐欺」と言ってもよいでしょう。

《関連記事》

☆パンドラの箱は開くか 郵貯・簡保340兆円 (2005年8月23日の「JANJAN」)

http://www.janjan.jp/kokkai_watch/0508/0508231328/1.php

国民が郵便局に預けた郵貯や、厚生年金・国民年金のため納めた保険料の一部は、これまで財務省に集められ(預託制度)、そこから国債の引き受けのほか、簡保資金ともども公団など特殊法人に貸し付けられ、事業が行われてきた。これが財政投融資である。これらの資金はあくまで国民から預かっているのだから、利子を付けて返さなければならない。

税金との違いは、こう説明される。国民が負担する税金は返済されるわけではないので、税金を元手に国道をつくれば無料で利用できる。ところが、郵貯・年金積立金を原資に道路公団がつくった高速道路は、借りている資金の元利を返済するため通行料を徴収する、という具合である。(たとえば、土居丈朗、森宏一郎『公的年金積立金の運用実態の研究』。02年、日医総研報告)

ここまできて、「えっ、道路公団って、あの道路公団?」と思われるのではないか。そう、あの道路公団である。とすると、それだけで大丈夫かという話になる。こうした財政投融資資金の大きな原資となる郵貯・簡保資金総額は340兆円(350兆円とも)である。年金積立金は140兆円といわれる。国民が思うのは、おいおいちゃんと返ってくるのかということだ。

posted by はなゆー at 12:10| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46632347
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

AIGの役員ボーナス、サブプライム問題、かんぽの宿・・・
Excerpt: 米国ではAIGの幹部たちが総額1億6500万ドル<br /> (約165億円)以上のボーナスをもらっていた<br /> ことがわかり大騒ぎになって問題になっている。 サブプライム問題で1700億ドル(約17兆円)
Weblog: billabong
Tracked: 2009-03-21 19:14
倭国大乱を記録するブログの数々