2008年04月07日

日刊ゲンダイ「補選の山口で露骨な脅しと兵糧攻め」(増補史料あり)

☆補選の山口で露骨な脅しと兵糧攻め(日刊ゲンダイ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080407-00000007-gen-ent

http://www.asyura2.com/08/senkyo48/msg/1042.html

ガソリンの暫定税率が廃止された4月1日から、全国で次々と道路工事がストップしている。

「だって税金が入らないんだから仕方ないでしょ。続行してほしいのなら、与党の再議決に賛成したらいいじゃん。文句は民主党に言って」というのが国交省の態度だ。

その結果、47都道府県の7割が今年度の新規道路事業を一部凍結したり、入札決定を保留する中、なんともロコツなのが山口県のケースだ。27日の山口2区の衆院補選をニラんで、全事業をストップさせてしまった。

(略)

おまけに、自公の山本繁太郎候補(59)は国交省の官僚出身。だが、劣勢なので、ミエミエの薄汚い作戦に出ているのだ。

「やり口は、米空母艦載機の岩国基地受け入れを争った岩国市長選の時と同じ。あの時は前市長が拒否したため、07年度の補助金35億円の支給が凍結された。道路特定財源が欲しければ与党候補を通しなさいよ、ということなのです」(地元マスコミ関係者)


《阿修羅掲示板の論客「南青山」氏の論陣》

こびりついた利権構造が崩せるか、今度こそ民度(市民社会の成熟度)が問われる
http://www.asyura2.com/08/senkyo48/msg/1044.html
投稿者: 南青山


利権構造の確保のために、利権政治屋、官僚、メディアはありとあらゆる手段を講じてくるだろう。

この記事にある露骨な兵糧攻め、小沢代表や民主党議員の個人攻撃、民主党のネガティブキャンペーンはもとより、共産党のここに来ての持ち上げ戦術など、こんなことまでやるのかと驚くほどだ。

利権勢力の広告塔、人寄せパンダの東国原や橋下はフル回転だろう。
それでも、あらゆる場面で無駄や不公正を生み出す利権構造は解体しなければならない。

ただでさえ右肩下がりの経済状況の中で、社会的弱者の救済や、公平性、公正性の確保のために、無駄なところで空費、浪費しているヒマや余裕はないはずだ。


《「オルタナティブ道具箱」の関連記事》

時間: 2008年4月07日(月) 09:02
題名: 衆院山口補選:自公候補の山本繁太郎は耐震偽装の巨魁

http://bb2.atbb.jp/alternative/viewtopic.php?p=2259#2259

耐震偽装事件当時住宅局長だった山本繁太郎、衆院山口から立候補 ...

2008年3月3日 ... そして、これまでも「山本繁太郎」で調べてくる人がいたのだが、その時は(本人かなぁ)、(人事の人かなぁ)と思ったりしていた。そしてこの数日、嫌に「山本繁太郎」で入ってくる人が増えたのだった。(何かあるのかなぁ)と思っていた ...
http://dentoukoho.at.webry.info/200803/article_2.html


きっこのブログ: 藤田社長からのメッセージと映像
山本繁太郎は、国民の命を犠牲にしてまで、「耐震偽装隠蔽事件」を成功させたご褒美として国土交通審議官のポジションを与え ... 山本繁太郎が「弱いものいじめ」をする為にレスリングを教えた山口県の斉藤道場や東大レスリング部の先輩、先生、後輩の ...
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2006/11/post_5c21.html


安晋会につながる耐震偽造の闇は晴らせるか アパ物件・山本繁太郎住宅 住宅局長...
それらの調査を踏まえて下記のように2006年6月7日の国会で煮え切らない逃げ腰の答弁をしている山本繁太郎住宅局長を追求して ... 本件調査のため、本日、政府参考人として国土交通省総合政策局長竹歳誠君、住宅局長山本繁太郎君及び海上保安庁長官石川 ...
http://k1fighter.hp.infoseek.co.jp/AnsinkaiYami/Shugin060607.htm



論談:ノーパンしゃぶしゃぶ「楼蘭」顧客名簿
山本繁太郎(文書課長) 五十嵐健之(建設経済局長) 澤井英一 (審議官) 風岡典之 (審議官) 山中敦 (技術調査官) 関川紳一郎(総務課長) 木下博夫 (都市局長) 倉林公夫 (審議官), 伊藤英昌 (審議官) 尾田栄章 (河川局長) ...

http://www.asyura2.com/0505/senkyo11/msg/428.html

http://www.asyura2.com/0304/hasan25/msg/163.html

http://b.hatena.ne.jp/entry/1395293



うやむやにされた耐震偽装問題|渡る世間は馬鹿ばっか
2006年12月18日 ... そして、「耐震偽装事件」を引き起こし、拡大させ、国民を混乱に陥れた最大の主犯:山本繁太郎を必ず弾劾して、 ... 山本繁太郎は、耐震偽装事件を、国民の命の犠牲の上に、国の責任を隠蔽したご褒美で、国土交通省審議官に昇進してい ...
http://gazoo.com/g-blog/USO800/3899/Article.aspx

     *

藤田社長の最新日記【小嶋メール登場!耐震偽装のマンション取り壊しは、国家による不正な数値工作である! 】
2007.07.11 Wednesday

「きっこの日記」(
http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20070711
)にも「小嶋メール」の件がUPされています。


小嶋メールが届いた。

僕は、このメールの電子記録を確認し、真実であることを認識した。「建築ジャーナル」8月1日発売号に、詳しい内容を巻頭記事として書く。原稿も入れたので、その概略と小嶋メールの一部を抜粋する。

「耐震偽装事件は国交省、日本建築センターの国家犯罪 国民を犠牲にした国交省の不当な数値捜査」

耐震偽装事件。

被害は、結果的に、国交省が根拠もなく「耐震強度0.5未満の物件は取り壊し/強制退去命令」として、住民の生活を奪った。

姉歯氏が偽装を行ったのは100件。(日本ERIが隠蔽した港区の物件を加えて100件。アパや藤光、その他大手でデベでも発生した偽装物件は含まれない)

当時、国土交通省(佐藤信秋、山本繁太郎、小川冨吉ライン)は、警察を使って、姉歯関与の設計図書を押収し、任意にプログラムの再計算を行い、不正な数値操作をしたのである。

そして、イーホームズをクローズアップするために、イーホームズが確認検査した物件を多く0.5未満とし、日本ERIや役所が確認検査したマンション等を0.5以上に摩り替えたのである。

以下に、小嶋氏が、逮捕前に、ある著名な技術者(O先生)に送ったメールをコピーする。(僕は、このO先生と会い、メールの電子記録を確認した)


●平成18年4月20日 17:06 O先生

拝読いたしました。ありがとうございます。0.5を国交省が発表したのは私たちの瑕疵担保責任が切れていた、グランドステージ池上の耐震強度計算書を大田区に届けた直後、11月25日前後だったろうと思います。私たちの責任外の案件はどうするのだろうと固唾を飲んで見守っていたところ、すかさず0.5以上は強制退去方針を出さないと国交省HPで通達を出しました。

随分勝手なものだなとあきれました。GS下総中山はERIを守るために0.37を国交省は0.73で発表し、曽我部長の住んでいるGS浮間公園は6通りの計算数値が全て違い、北区は当初の0.4を公表せずやり直して0.7で公表したり、特定行政庁に責任が行かないように0.5を出してきたり、姉歯以外にも被害が出始めると、2月15日には限界体力計算方法など他の計算方法もいいと再通達を出してきたりで、先生の「お代官様の虫の居所一つ」で敷居値が運用されてきたのがよく理解できました。

何故コンピューターで計算したものをCDを添付させずに、目視点検にさせたか、しかも大臣認定ソフトは中身の点検は省略していいということになっていたのか、「検算禁止命令」となっていたのか、などなど、役人がガラス張りを嫌って既得権益を守ろうとしていたという先生の「色眼鏡」解説で目から鱗が落ちました。(以降省略) 小嶋進


つまり、日本ERIが確認検査した、GS下総中山とGS浮間公園の2棟は、本来0.5未満の強度であり、危険な建築物として取り壊し/退去命令が出なければいけない。しかし、日本ERIを守るために、数値操作を行ったことを小嶋氏は指摘している。

小嶋氏は、何かを言いたいはずだ。かつて、事件発生当時、「僕がしゃべれば、官僚の一人や二人の首は飛ぶ」とインタビューに答えていた。

小嶋氏は正直な人だと思う。

より詳しい内容は、「建築ジャーナル」8月1日発売号を読んで頂きたい。また、それまでの間にも、新事実が続々と明らかになるだろう。

つまり、つまりだ。

この国の官僚(OB含む)は腐っているのだ。

当時の国交省最高責任者である、佐藤信秋は、この夏の参院選に自民党から出る。全国比例区だ。僕は叫びたい。

「どうか日本の皆様。自民党に投票をしないで下さい」

「どうか、腐った官僚機構を正すために、天木直人さんや、自民党以外の志のある方に投票をしてください」

「どうか、日本の未来を平和で明るくして、子供達の世代に引き継ぎましょう!その為には、絶対に、この参院選で、今の腐った政治官僚システムを潰しましょう!新しい芽をこの日本に育ててゆきましょう!」

僕は、この国が平和で明るくなるためにささやかな行動として、天木直人さんを応援します!天木さんのように志と能力のある人を国会に送り、日本人として名誉ある姿勢を世界に知らしめたい。

今夜、19時から、天木直人さんの応援演説を、銀座三越前で行います!是非、天木さんの応援に参加下さい!!!

*以上の文責は、一切藤田東吾にあります。

頑張れ藤田東吾 :
http://ganbarefujita.jugem.jp/?eid=282

耐震偽装と報道責任 :
http://tobeajornalist.blog71.fc2.com/blog-entry-141.html

らくちんランプ :
http://blogs.dion.ne.jp/spiraldragon/archives/5896647.html

低気温のエクスタシーbyはなゆー: 藤田東吾社長が新潟中越沖地震の報をうけて発したメッセージ
http://alcyone.seesaa.net/article/48105955.html

エクソダス2005《脱米救国》国民運動 : 新潟中越沖地震 「全棟検査」を黙殺した政治家は、殺人罪か、業務上過失致死罪を摘要するべきではないか?
http://exodus.exblog.jp/6115973

ホーム&ヒューマン・ナビ: 藤田東吾氏からのメッセージ
http://home-and-human-navi.blog.ocn.ne.jp/genki100/2007/07/post_cd4d.html

     *

平成19年新潟中越沖地震 「全棟検査」を黙殺した、安倍晋三、佐藤信秋らは、殺人罪か、業務上過失致死罪を摘要するべきではないか?

〈このメッセージの転載お願いします!国民は知らなければいけないことだと思います。文責については一切僕、藤田東吾にあります。内容についての問い合わせは全て僕宛にお願いします〉

今日の午前に新潟中越沖を震源地として、大地震があった。僕は、つい先ほど、知った。

今日は、朝一番で期日前投票を済ませた後、山に出かけた。携帯を持たずに出かけたから、世の中の動きからは離れていた。7時頃に里にくだり、車で高速で帰宅途中、ラジオのニュースで知った。愕然とした。瓦礫に圧死した人。擁壁に挟まれ頭が割れた少女。犠牲者の方の、恐怖と無念さを思うと、胸が苦しい。

「地震が来て壊れたことにすればいい・・・」

小嶋氏が語った言葉に、小泉純一郎や安倍晋三、佐藤信秋他多くの官僚が同調し、利権を守るために、不正な数値操作を行い、耐震性能が低減している数万棟に及び建築物の危険性を隠蔽した。

全棟検査を至急行い、地震耐力が低減した建物は、至急必要な補強工事を行うように、何度も上申した。

しかし、安倍晋三、佐藤信秋他、自民党を中心とする政治家と官僚は、これを黙殺し放置した。

そして、今日、大地震が新潟で起こった。沢山の人たちが苦しんでいる。

そして、佐藤信秋は、新潟で生まれ育った人間だ。

因縁を感じるばかりである。

佐藤信秋。前国交省事務次官。この夏の参院選に、自民比例区から出馬する。耐震偽装事件を、違法な数値操作を行い、民間事業者に責任を被せた。その功績と引き換えに、安倍晋三は佐藤信秋を公認した。

もし、1年半前に、全棟検査をして、必要な補強工事が行われていれば、被害の拡大は防げたはずだ。

自分にも、正に今新潟で苦しむ住民の方の怨嗟と共に、無念さに心がきつく縛られる。

天災は訪れた。しかし、被害には、人災による影響が明らかにあると思う。

1.安倍晋三は、資金援助をする、アパを守るために、全棟検査を黙殺した。

2.佐藤信秋(当時、国交省事務次官)は、自分の政治家への転身と引き換えに、全棟検査を黙殺した。

3.山本繁太郎(当時、住宅局長)は、癒着政治家、伊藤公介との利権を守るために、全棟検査を黙殺した。結果、国交審議官に昇格。

4.小川冨吉(当時、国交省建築指導課長)は、先輩官僚に対して配慮をし、全棟検査を行わず、危険な建築物を放置した。現在、官房審議官に昇格。

亡くなられた方々のご遺族の皆様には、心からお悔やみの言葉を申し上げます。また、怪我をされたり、家屋が倒壊した皆様にも、困窮する状況、お悔やみの言葉を申し上げます。

但し、僕は、今回の地震の被害は、3年前の新潟地震とは、責任負担の問題において、全く違うと思います。

僕が、指定確認検査機関の代表者として、日本に存在する相当数の危険な建築物の可能性を指摘し、至急、全棟検査を行い、必要な補強工事の対策を行うように、安倍晋三から国交省幹部までに上申をしたことは社会的に明らかな事実です。

つまり、安倍晋三も佐藤信秋も、その他の官僚政治家も、明らかに不作為による過失が存在し、今回の地震で被害にあわれた方々は、国家賠償責任を請求し獲得できるはずです。

今は、大変厳しい状況かと思いますが、被害に会われたご関係者の方々は、被害の復旧において、国家賠償を請求し、せめて、金銭的な形での被害負担がこれ以上生じないように、国家に対して賠償請求を行うことを、弁護士等にご相談されるようお考えになるべきかと思います。

そして、国家賠償の原資は、(罪)日本建築センターなどの不要な天下り機関を一掃すれば、新たな補正を行うことなく可能なはずです。

自民党と官僚の馴れ合い構造は、限界に来ている。

みんなの自由を奪う、自民党。

そこには、戦後の復興を支えた骨太の政治家の魂はない。

これ以上、住民や国民が犠牲になる必要はない。

僕は、できる限りのことをしていきます。


らくちんランプ: 藤田東吾さんが新潟中越沖地震の一報を受けて書かれたメッセージ(転載歓迎)
http://blogs.dion.ne.jp/spiraldragon/archives/5924168.html

低気温のエクスタシーbyはなゆー: 藤田東吾社長が新潟中越沖地震の報をうけて発したメッセージ
http://alcyone.seesaa.net/article/48105955.html




posted by はなゆー at 11:42| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
些細な傍証で恐縮ですが、右翼コメントの常連が「今に見て居ろ!参院選で民主に入れた奴らは泣きを見るぜ!金を切られて野垂れ死ね」みたいな事、書いてたの見ました。
その時は、ヨクもまあソコ迄どエゲツない事を…?と思ってましたが、まさか本気とは。
で、東国原や橋下が地方税としてのガソリン税復活を手柄と宣伝工作する?!庶民が絞られるのに変わりないのに…。
Posted by 田仁 at 2008年04月07日 20:34
与党内は「解散は秋」が標準シナリオ、山口補選が政局左右
2008年 04月 11日 17:27 JST
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-31280520080411
Posted by ゴンベイ@オルタナティブ道具箱 at 2008年04月11日 19:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック