2008年04月24日

〔メモ〕怪死した読売新聞政治部記者とネット規制および放送法改定

☆読売社員が自宅で変死…後ろ手に手錠、口の中に靴下  (2007年4月6日のZAKZAK)

http://www.asyura2.com/07/nihon22/msg/983.html

東京都文京区白山のマンション室内で5日、後ろ手にした両手に手錠をかけ、口の中に靴下が詰まった状態で死んでいるのが見つかった読売新聞の男性社員(36)について、警視庁は6日までの調べで事故との見方を強めている。

男性は、読売新聞社でインターネットや携帯電話、CS放送など朝夕刊以外の媒体での報道を行うメディア戦略局の管理部社員。編集局政治部の記者も兼務し、総務省を担当していた。



☆「The Darkest Hour」 (「不可視の学院」。2007/4/13)

http://black.ap.teacup.com/applet/fukashinogakuin/20070413/archive

石井記者は、このネット規制法案と、放送法の改悪について「ある知ってはならないこと」を知ってしまい、死の直前に、「まさか、俺、殺されないよな」と友人に笑いながら言っていたという。


☆殺人事件の隠蔽をヌケヌケとする警察 (カマヤンの虚業日記。2007-04-16)

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20070416#1176666578

ベンジャミン・フルフォードのブログから。

http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2007/04/post_2.html

April 09, 2007 読売新聞記者の怪死について

先日読売新聞の記者がまた自殺(?)

読者の方からもこれについてたくさんのコメントがきています。この記者は郵政民営化関連の記事。

また竹中前総務相に批判的な記事も書いていました。

どう考えてもこれは自殺だとは思えません。私も最近、英米の秘密結社やりそな、竹中平蔵関連の事件を調査していたら、何度も命を脅すようなメール等がありました。3月28日にある国家権力者からこのようなメールがきましたので一部公開します。

君がどんなに情報を持っていても必ず動く時は動く。東京湾に浮かんだ連中は誰一人として自分が殺されるなんて信じてないよ (笑)


殺害されたこの読売新聞社員の知人だというブロガーによる以下リンク先も参照されたし

http://futu-banzai.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_7cd1.html

http://futu-banzai.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_d6ba.html

http://futu-banzai.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_afe9.html

このブログの以下記事、事実の証言だったら「ネット右翼」「嫌韓厨」解析にたいへん貢献するんだが。

http://futu-banzai.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_e8f7.html


☆○○記者よ永遠に (灰色のベンチから。2007-04-06)

http://futu-banzai.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_7cd1.html

で、TBSと都知事選。。

そしてもう一つ付け加えるなら、死んだ記者が担当していて追っていた
総務省。。

この3つのワードは意外に繋がってるんじゃないかと
おれは踏んでる。。

(略)

だけど確かなのは総務省の何かを追っていたってこと。
これは本人から聞いてたから確かだ。

(略)

・インターネットに関する許可や監視
(というより通信全般、電話なども) 

・テレビに関すること
(放送免許についてなど) 


☆総務省が「青少年の保護」を理由としてネット規制に本格的に着手 ( 2007年7月26日の拙稿)

http://alcyone.seesaa.net/article/49245434.html

http://www.asyura2.com/07/senkyo39/msg/472.html



日本テレビとCIA
posted by はなゆー at 23:29| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック