2008年05月06日

シークレットサービスがオバマ候補の警護を手抜きとの疑惑

☆シークレットサービスは大統領を護れるか (暗いニュースリンク)

http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/2008/05/post_da1e.html

2008年2月20日、テキサス州ダラスで、民主党大統領候補バラク・オバマは遊説を行った。会場となったリユニオン・アリーナには1万7,000人を超える聴衆が集まった。会場入り口で、入場者の所持品検査と金属探知機による保安検査を実施していたダラス警察に対し、オバマ候補の警護を担当するシークレットサービス側から奇妙な命令が下された。「入場者の検査を止めろ」というものだった。


☆ウィキペディア「アメリカ合衆国シークレットサービス」の項→

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9

2006年10月20日に、ジョージ・ウォーカー・ブッシュ大統領がアルゼンチンに訪問した際に、同大統領の娘のバーバラがシークレットサービスに守られレストランで食事をしている中、バッグを盗まれるという被害に遭ったが、シークレットサービスは誰も窃盗被害に気付かなかった。



情報力
posted by はなゆー at 17:30| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オバマ候補を守れ!選挙集会を監視する警備要員 : AFPBB News
http://www.afpbb.com/article/politics/2387638/2903073

AFPBB Newsカテゴリには「ヒラリー・クリントン 記事一覧」はあるが、オバマのそれはないというのも不思議ではあります。
Posted by ゴンベイ at 2008年05月07日 05:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック