2011年10月14日

〔動画史料〕放医研の要職者「首都圏まで来ているのはセシウムだけ」

240 名前:sage(関東地方)[]
投稿日:2011/10/13(木) 13:45:58.71 ID:FOo6p3J50 [2/2]
http://www.youtube.com/watch?v=1TfYrpfjeCw
杉浦紳之さん(放射線医学総合研究所 緊急被ばく医療研究センター長)
嘘ついってるんじゃね!!!!
お前専門家なら自分で調べてから言え!!!!金貰ってるんだろ仕事しろ!!



286 名前:地震雷火事名無し(長屋)[]
投稿日:2011/10/14(金) 12:36:39.22 ID:0jk7GPO90

>「首都圏まで来ているのはセシウムだけとみて間違いないと思います」

はっきり言ってるね。しかも2週間前に
速攻で削除されそう




322 名前:地震雷火事名無し(茸)[]
投稿日:2011/10/14(金) 17:09:09.00 ID:E5X4eDj30 [3/3]
とっとと関東の土壌におけるプルトニウムやウラン、ストロンチュウムの測定結果を公表しろ!
基地害クソ社会主義国家

posted by はなゆー at 17:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 動画史料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

〔動画〕児玉龍彦教授を招いて「みんなの党」が勉強会

児玉龍彦教授勉強会 (2011.8.10)

http://vimeo.com/27528555

内容:
除染とその障害になっている放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律に関して

児玉龍彦教授勉強会(2011.8.10) from socialuniv on Vimeo.

posted by はなゆー at 16:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 動画史料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

チェルノブイリ・ハートの併映作品「ホワイトホース」英語字幕版

White horse (M. De Leo, Christophe Bisson, USA, 2007)
http://vimeo.com/18427727
White Horse is a short documentary by filmmakers Maryann DeLeo and Christophe Bisson that features a man (Maxym Surkov) returning to his Ukraine home for the first time in twenty years. Evacuated from the city of Pripyat, Ukraine in 1986 due to the Chernobyl disaster, he has not returned since then.



『ホワイトホース』上映時間15分
http://yosinori.tumblr.com/post/8138257146

●映画の内容

マキシム・スルコフはチェルノブイリ事故当時6歳で被爆する。チェルノブイリから3Kmにあるウクライナ共和国プリピャチに住んでいた。48,000の住民は3日の内に避難する命令が下り彼とその家族も退去した。すぐに戻れるものと思いながら・・・。
そして事故から20年後(2006年)、マキシムはかつての我が家に戻った。


「プリピャチ」(ウィキペディア)
チェルノブイリ原子力発電所の従業員ら約4万8000人の居住地として1970年に創建された街で、同発電所が市中心部の4キロ南に位置する。当時は地図上にない機密都市として存在していた。
http://bit.ly/nmEJAI


【場面1】
出発:ウクライナのキエフ(爆心地から150Km)
強制退去地域(爆心から30Km)を通過。
マキシムがマリアンに質問する。
『放射能とは何か?』
マリアン『・・・』
マキシムが続いて同じ質問を繰り返す。
さらに『死を意味するのか?』
マリアンが長い沈黙の後、ただ『イエス・・・』と。


【場面2】
誰もいない町、プリピャチに入る。
マキシムは最初、無邪気に『ここだ、あそこが僕の家だ』と。
荒れ果ててはいたがそこには確かに「家」が残っていた。
車を降りて団地の中庭に入ると、一瞬沈黙。『何って事だ』
『ここは僕がいつも遊んだ場所』20年前の記憶が蘇る。


【場面3】
団地内の我が家に入る。
階段を登りながら、何度も『何って事だ』と繰り返す。『火事場泥棒にあっていないのかな・・・』
そして、自宅内へ。そこのベランダからはあの原発が見える。
最初に1986年のカレンダーを見つける。おもむろにそれを破きながら、全てはこの日に『台無しにな った』と叫ぶ。
居間だった場所の壁に「白い馬」の写真が・・・両親が撮影したものだ。声もなく何度も写真を撫でる。
何度も!別の部屋へ行くと遊びに使った縞の模様の入ったゴムボールを見つける。そして6歳の時に自分 でガラスドアに描いた絵を驚きながら見つける。一瞬笑ったようにも見えたが・・・。
少しして、また「白い馬」の部屋に戻る。手にはあのゴムボールを持ったままで。ボールを壁に何度も押 し付ける。『ここに戻りたい』と静かにつぶやく。しかしそれは出来ない。

そして、「僕の家」を玄関からしばらく見詰めて、おもむろにあのゴムボールを激しく投げつけて階段を 降りていく。

『親戚の10人もががんで死んだ。放射能と無関係だと言われることを僕が信じると思うかい?僕もそれ で死ぬんだ。まったくの犬死さ』

この撮影の1年後、マキシムは死去した。享年27歳。(合掌)



最後のエンドロールでナジム・ヒクメットの詩が流れる。それは全編を見終わって、さらに私の心を掻きむしり、目に熱いものを込み上げさせた。25年経ってもこの有様である。
これが福島の地の将来であってはならない。

White horse (M. De Leo, Christophe Bisson, USA, 2007) from Christophe Bisson on Vimeo.


posted by はなゆー at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画史料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

〔映像史料〕プロパガンダ動画「福島の原子力」(1985年)

著作権処理済み。

http://www.kagakueizo.org/2011/01/post-332.html

1985年 27分 (カラー)

【製作者の声】
1966年12月から建設が開始した東京電力の原子力発電所。原子力発電の仕組み、建設工程を詳細に記録した劇場上映用映画。この時代、映画館で盛んに上映されていたことが伺える。

この作品は埼玉文化振興基金助成金によりデジタル化、配信


               ↓


NAGAOKA Yoshiyuki(フリーランス記者)
https://twitter.com/#!/dokuritukisya/status/80686418791374848
これらの映画を見て、何とも切ない気分になった。ほかでは考えられないほど安全には注意を払っている、この地方は過去数百年、地震や台風、津波などの大きな被害を受けたことがない、防波堤があらゆる波にも堪えられるよう実験をしたとか、原発の“安全性”を宣伝しておきながら、この有様だ。


NAGAOKA Yoshiyuki(フリーランス記者)
https://twitter.com/#!/dokuritukisya/status/80686632151416832
ほかの地域の人間なら仕方がないが、「福島原発の建設」の映画では、曲がりなりにも自社の原発が立地する町なのに、双葉町や大熊町の読み方も間違えるいい加減さも非常に気になった。東電の地元に対する理解もこの程度だったということなのだろう。



NAGAOKA Yoshiyuki(フリーランス記者)
https://twitter.com/#!/dokuritukisya/status/82138792244428800
科学映像館にもうひとつ興味深い映画があった。「原子力発電の夜明け」
http://www.kagakueizo.org/2009/03/post-76.html
(66年、40分、企画・第一原子力産業グループ)。東海村にできた日本初の原発の建設の過程を描いたものだ。出力はかなり小さかったはずなのに、巨大な建造物だったことに驚く。



NAGAOKA Yoshiyuki(フリーランス記者)
https://twitter.com/#!/dokuritukisya/status/82139302355673089
「原子力発電の夜明け」は、文部省や原子力委員会が推薦したのは当然としても、日本PTA全国協議会とともに、東京都教職員組合や日本ジャーナリスト会議までもが推薦していた。「原子力(核)の平和利用」なる幻想を、当時の「革新」側の一部も積極的に共有していたことを確認できたのも収穫だった。

posted by はなゆー at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画史料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

〔放射能・原発〕字幕付き動画「チェルノブイリ爆発から25年後」  

600 名前:名無しさん@お腹いっぱい。(長屋)[sage]
投稿日:2011/04/13(水) 19:11:51.31 ID:KraWdZBh0

チェルノブイリ(25年後)  必見!
Chernobyl: A Million Casualties
http://www.universalsubtitles.org/en/videos/zzyKyq4iiV3r/info/Chernobyl:%20A%20Million%20Casualties/

チェルノブイリ原発事故の死者は100万人(1986年から2004年までのみのデータ)

死因はガン、心臓病、脳障害、甲状腺ガンなど、そして多くの子供が亡くなった。

免疫機能、肺、皮膚などすべての器官が放射能の影響を受けた。鳥や動物すべての生態系が変わってしまった。


posted by はなゆー at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画史料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

【動画】チェルノブイリ・ネックレス(甲状腺ガンの手術で喉を切開)

ミヤコ蝶々夫人
http://twitter.com/#!/xxkae_uchxx/status/52706626653786112
…数年前、ポーランドで親しくなったティーンエイジャーの女の子は甲状腺の持病を抱えていた。「私ら世代の子はみんなどっかしら何かある。チェルノブイリのせいなんだけど、政府はそんなこと認めたら補償しきれないから絶対認めない。全員だから」と言ってた。調査の数字に現れないとはそういうこと。




プロジェクトX 挑戦者たち チェルノブイリの傷 奇跡のメス
http://www.youtube.com/watch?v=cJu-rU4-Xyk

「プロジェクトX 挑戦者たち チェルノブイリの傷 奇跡のメス」

1986年4月26日。旧ソ連ウクライナで人類史上最悪の事故が発生した。チェルノブイリ原子力発電所4号炉の爆発。大量の放射性物質が発生、その多くが風下に位置したベ-ラルーシに流れ、間もなく悲劇が始まった。子供たちに甲状腺ガンが多発し始めたのである。現地の病院で手術を受けた子供たちの首筋には、一生消えない大きな傷がついた。

そ-の時、一人の日本人医師が立ち上がった。信州大学医学部の外科医、菅谷昭。父は、夜の往診も厭わない町医者。もっと患者と向き合いたい、そんな思いを抱き続けていた菅谷は-、大学教授の座を辞し、ベラルーシに渡ることを決意する。ベラルーシでの菅谷のたった一人での闘いが始まった。

やがて菅谷の高い手術技術や、患者との交流に心打たれていく-若い現地医師たち。いつしか菅谷のアパートに集まり、勉強会が開かれるようになった。菅谷は、彼らに自分の手術技術の全てを伝えた。さらに菅谷は、手術後もガン再発の不安-を抱える患者達の家を一軒一軒訪ね、診察を繰り返した。脳裏には父の姿がよぎっていた。

そんな菅谷の活動に共感し、菅谷を支えようと奮闘する一人の男がいた。28歳の若手-医師、ゲンナジー・トゥールだった。二人は訪問診療を黙々と続けていた。やがて菅谷たちの努力は、ある一つの奇跡を産んだ・・・。

人類史上最悪の事故と対峙した、日本人医-師と現地の医師たちの5年半に及ぶ闘いを描く。




《備考》

東海アマ管理人
http://twitter.com/#!/tokaiama/status/57563117667893248
チェルノブイリ近郊では20歳から25歳の人口はみんな死んでしまってほとんどいません


http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=249290

かなり早い段階でフリージャーナリストで自由報道協会のメンバーも(飯館村へ)行っていてガイガーカウンターで計りおかしいと発表していました。

少なくとも、チェルノブイリの例もあるように、胎児、1歳未満、乳幼児、子ども、妊娠の可能性のある女性を避難させるのが、WHOも含めてのルールではないか。

「すぐに避難させてください」と言ったのが1カ月くらい前です。

ところが、フリーのメディアや海外メディアがそう言ったところ、日本の新聞テレビは「デマを流すな、安心です、風評を流すな、安全です、みなさん心配ありません」と、『安心デマ』に加担したわけです。

広河隆一さんというチェルノブイリで20年間、子ども基金を作って、ガイガーカウンターを持って入ってる方がいらっしゃいます。

20年かけていて、核取材・原子力事故取材に関しては日本でも世界でも有名な方が、
(震災から)3日目に福島にガイガーカウンターを持って入っていて、電話したときに「大変なことになってる」と。

政府はまだ1キロも言ってませんでした。自主避難が2キロだった時です。

3キロのところに入ってみたら、子どもが遊んでるのだけど、ガイガーカウンター(の針)が振り切ってしまったと。レンジを上げてもまた振り切ってしまい、持って行っていた3個のガイガーカウンターが全部振り切ってしまった、「とんでもない!」

子どもたち、お母さんたちが普通にしていたので、「早く逃げろ!」と(言いました。)

なぜかというと、チェルノブイリの例があるからです。チェルノブイリで男性はほとんど内部被爆では(ほとんど)死んでいません、作業に当たった方は死んでいますけど。

内部被爆で死んでいるのは、当時0歳から5歳までの子どもたちです。

甲状腺に放射能を溜めこんで、その後10年20年して発ガンしました。だからチェルノブイリ近郊では20歳から25歳の人口はみんな死んでしまってほとんどいません。生きている人も、チェルノブイリネックレスと言って、甲状腺癌の摘出手術跡を、若い女性も含めて、みな(首に傷跡を)持っています。

こうしないと助からないのです。永久に薬を飲んでいます。

出てくるのは5年後10年後です。

だから「とにかく子どもたちだけでも逃がしてくれ」と訴え続けたのですが、1ヶ月経てやっと、今日ですか昨日ですか、自主判断と。

この判断は政府がするべき判断です。皆、放射能は見えないし、一般国民はガイガーカウンターを持ってないのですから。

それを言っていたので、官邸の方に申し入れました。

ここにいる畠山(理仁)さんを含め自由報道協会の面々で発生翌日からこういう情報が(フリーランスがそういう場所に)全部入ってるんだ、(そういった情報を)持ってるんだと。

テレビや新聞の記者たちは30キロ避難ということなのですが、

朝日新聞は社命によって50キロまでしか入ってはいけない、時事通信は60キロまで、・・・・・と、自分たちが報道してる割には、そういう勝手なルールを作っています。

こういうことをやってる新聞テレビは、本当のことを知りません。

海外メディアは、今日も(現地に)何人か入ってますけど、皆ガイガーカウンターを持って1キロ2キロまで入ってるのです。

政府はとんでもないことを言ってると、政府も東電も嘘ばかりついてると言い続けたのですが、聞かないといこと(原文ママ)です。

posted by はなゆー at 20:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 動画史料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

〔上関原発〕中国電力「日本の原発が健康被害を与えた例はない」

RasNobu
http://twitter.com/#!/RasNobu/status/41842337663418368
ディグったらこんなの発見したぞー!
【日本の原子力発電所で放射線によって健康被害を与えた例はありません】

              ↓

上関原発 中国電力の問題発言 2010.4.5〜6

http://www.youtube.com/watch?v=g7kEWjT7tvY

「日本の原子力発電所で放射線によって健康被害を与えた例はありません」
久しぶりに現地を訪れた中国電力社員は祝島の人たちに多くの問題発言を残して行った。


posted by はなゆー at 22:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 動画史料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

2011年02月23日

〔動画〕柏崎市議が語る「原発がきて町がどうなったか」

柏崎市からのメッセージ〜原発がきて町がどうなったか
〜 2010.2.10

http://www.youtube.com/watch?v=PCbknk_wdbk

原発計画を抱える山口県上関町にて町議選が始まった(注:当時)。7基も原発を抱える新潟県柏崎市から4人の市議会議員が祝島に応援に駆けつけた。原発が来ると、人口が増え、雇用が増え、町が豊かになる?国や電力会社が決して明かさない真実を、何十年も柏崎刈羽原発を見続けてきた彼らが明-かす。


posted by はなゆー at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画史料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

〔動画〕菊地洋一講演会「被曝奴隷制による原発・原子炉の中の真実」

☆被曝奴隷制による原発 -- 菊地洋一講演会
(2010年9月14日のペガサス・ブログ版)

http://pegasus1.blog.so-net.ne.jp/2010-09-13

昨日の菊地洋一講演会から,全部で13分強のシーンをYouTubeにアップロードしました.


シュラウド交換時の被曝
http://www.youtube.com/watch?v=zkSG9t_VvdU

虚偽の被曝手帳
http://www.youtube.com/watch?v=hmv-COwwCeo

電力会社のエライ人は被曝しない
http://www.youtube.com/watch?v=RgbNsaY2nIk


原発建設に現場で関わった人の証言だけに,どんな本を読むよりも説得力があります.

YouTubeに上げた3本は被曝問題に関する部分ですが,地震と原発,大口径破断にECCS(緊急炉心冷却系)が効かないこと,代替エネルギーの可能性などにも話は及びました.

(略)

なお,講演の正式のタイトルは「原子炉の中の真実」です.


関連情報:
調査報告/原子力発電所における秘密 日本の原発奴隷
(エル・ムンド[EL MUNDO:スペインの新聞 ]2003.6.8)
http://www.jca.apc.org/mihama/rosai/elmundo030608.htm

http://www.asyura2.com/2us0310/bd30/msg/113.html



《関連記事》

☆原発ジプシー (2003年8月1日から2008年9月6日まで浜岡原発で労働者として働いていた川上武志氏)

http://www.janjanblog.com/archives/27114

最近の話になるが、ほんの数年前のこと、浜岡原発で非破壊検査の仕事を長くしていた労働者が顎のガンにかかった。彼の同僚たちは、放射線を浴び続けることによってガンに侵されたのだろうと噂しあったが、中部電力は浜岡原発での作業とガン発症の因果関係を認めようとしなかった。それに同僚たちも、後難を恐れて彼の病が原発での作業ゆえという発言を控えた。中電に睨まれるのを嫌ったのだ。

この人は裁判に持ち込んで闘ったが、結局、裁判にも破れ、顎から絶え間なく血を流しながら無念の思いを抱いたまま死んでいったと聞いている。この事例を取り扱った静岡市の鷹匠法律事務所の大橋昭夫先生は、あの件はいま考えても浜岡原発内での作業が原因だったと確信を持っていると、悔しそうな表情で語っていました。

ヒバクシャ 世界の終わりに

ヒバクシャ 世界の終わりに

価格:4,536円(税込、送料別)


posted by はなゆー at 03:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画史料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

〔PR動画〕豪州「緑の党」Tony Hickey候補の2分間スピーチ

Meet Tony Hickey

http://www.youtube.com/watch?v=Cr8k02YmfoY

Greens candidate for Sydney, Tony HIckey talks about his background and how the Greens want to improve life for everyone living in inner Sydney.

posted by はなゆー at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画史料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

〔PR動画〕豪州緑の党「原発も劣化ウラン弾もいらない」

The Facts about Uranium
(AustralianGreens)

http://www.youtube.com/watch?v=csRm1jxGZrk

This short film explains some of the important implications of the use of Uranium for fuel generation.

posted by はなゆー at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画史料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔PR動画〕豪州緑の党「脱原発で安全な地球温暖化対策をするぞ」

Our Noocular Future (AustralianGreens)

http://www.youtube.com/watch?v=Qay1up9TNQI

Worried about global warming? Never fear! There is an easy solution just around the corner...

Future generations must not be burdened with its toxic waste for which there is no safe disposal. When renewable energy and energy efficiency can reduce emissions faster and cheaper, nuclear power is just a dangerous distraction.

The Greens will end the mining and export of uranium and oppose the establishment of nuclear power plants, nuclear fuel processing, enrichment facilities and radioactive waste dumps.

Nuclear is No Solution (whichever way you pronounce it)


posted by はなゆー at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画史料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔動画〕シンボル・モニュメントの使い方が巧みな豪州緑の党

This time I'm voting Greens
AustralianGreens

http://www.youtube.com/watch?v=dnNmt6zsVCw

Former ALP voters explain why this time they're voting Greens in the senate


posted by はなゆー at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画史料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

〔動画資料〕21日に稼働するブシェール原子力発電所(イラン)

☆Power Up! Russia to start Iran's 1st nuclear plant next week
(8月13日のRussiaToday動画ニュース)

http://www.youtube.com/watch?v=z4ekJa6Ir7s

Russia says it will launch Iran's first nuclear power plant next week. The Russian nuclear state corporation, which is building the Bushehr plant, announced the reactor will be loaded with nuclear fuel on August 21.

posted by はなゆー at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画史料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

〔アルジャジーラ動画史料〕ナイジェリアにおける公開死刑(処刑)

Nigeria killings caught on video
http://www.youtube.com/watch?v=T1hc1zKnLr0
動画冒頭でいきなり多数の死体。
1分48秒ぐらいから人間が処刑されるシーン


Dozens killed in violence in northern Nigeria - 27 Jul 09
http://www.youtube.com/watch?v=3z2I_Px5Klg


Fighting continues to rage in northern Nigeria - 30 Jul 09
http://www.youtube.com/watch?v=t_rC7EfoNBQ
43秒ぐらいから多数の死体。





posted by はなゆー at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画史料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

スイス社民党の「脱原発」アピール動画の作りこみは秀悦

スイス社民党=Social Democratic Party of Switzerland

http://www.youtube.com/watch?v=Uj0bWCskrbw

posted by はなゆー at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画史料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする