2009年11月05日

飯田橋(東京)で7日夜に「在日」「原発」の上映会

http://videoact.seesaa.net/article/129549374.html


■上映作品

『るんみの場合〜若き在日、「韓流」そして自分史を語る〜』(2009年/28分)

2003年『冬のソナタ』から始まった「韓流ブーム」は
日本社会に何をもたらせたのか。
アンケートから見えてきたのは日韓双方から
置き去りにされた「在日社会」。
一人の在日三世が韓流と祖国への揺れる想いを
自分史と共に語るパーソナル・ドキュメンタリー。

監督:佐々木芳彦



『神の舞う島』(2009年/17分)

瀬戸内海に面する、山口県熊毛郡上関町大字長島。
今だ希少生物が繁殖活動しているこの地域に、
原発(上関原発)が作られようとしている。
周辺の集落は、すでに海を売ってしまっているが、
建設予定地の対岸にある祝島だけは、九割の住民が反対を続けている。
島の人たちは、なぜ原発を拒んでいるのだろうか。

監督:堀切さとみ
協力:祝島の人々(山戸貞夫 民宿くにひろ 氏本長一 山戸孝)


18時30分 開場
19時00分 開始
終了予定時刻 20時50分

※佐々木芳彦監督・堀切さとみ監督を交えた、トーク&ディスカッション有。



ドキュメンタリーの力
posted by はなゆー at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

映画「バングラデシュの衣料工場で働く若い女工たち」上映会

2009年11月10日(火) 18:30〜20:30(18:00開場)

バングラデシュ映画協会連盟 
ドキュメンタリー部門最高賞受賞(2007年)
「Garment Girls of Bangladesh」
(バングラデシュの衣料工場で働く若い女工たち)

上映会 〜タンヴィール・モカメル監督を迎えて〜

http://yummyseaweed.seesaa.net/article/131670020.html



不老長寿の果実「ハスカップ」を使った北海道スイーツ♪よいとまけ(3本入)
posted by はなゆー at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月30日

ネットラジオ「右翼排外主義に反対する声」開局

矢部史郎氏

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%F0%C9%F4%BB%CB%CF%BA

のプロジェクト(右翼拝外主義に対抗するためのインターネット・ラジオ)
「VOICE OF ANTIFA 右翼排外主義に反対する声」

http://voiceofantifa.net/

が開局した。とりあえずは月2回の更新を目指すとのこと。




《おまけ〜ルワンダの「千の丘自由放送局」=Mille Collines Free Radio and Televisionに関する英文記事》

☆The impact of hate media in Rwanda (英国BBC)

http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/3257748.stm

The most prominent hate media outlet was the private radio station, Radio Television Libre des Mille Collines.

(略)

After President Habyarimana's plane was shot down, the radio called for a "final war" to "exterminate the cockroaches."



☆'Hate radio' journalist confesses (英国BBC)

http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/749079.stm

The journalist worked for Radio et Television Libre des Milles Collines (RTLM) in Kigali which during the war was referred to as Hate Radio.

(略)

Radio Mille Collines was launched in 1993, backed by family members of the Hutu President Juvenal Habyarimana - whose death in a plane crash triggered the genocide.



ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション(DVD) ◆20%OFF!
ラベル:矢部史郎
posted by はなゆー at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

6月4日、鈴木宗男氏をメインゲストに据えたフォーラムが開催

阿修羅掲示板の常連論客「どなんとぅ」氏から私に寄せられたメールを丸ごと転載しておくこととする。

             ↓


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜引用 1〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ネットの上の連帯を現実空間の力へ〜「主権者の会」稼働しました。
投稿者 どなんとぅ 日時 2009 年 5 月 15 日 19:51:11


設立の趣旨を、主権者の会ホームページ
http://sov.jimdo.com/
「今、日本に何が起きているのか?」
〜一党支配からの脱却を目指して〜から引用します。



主権者の会
〜日本を民衆の手に取り戻すためのプロジェクト〜

〈ここに主権が国民に存することを宣言し、
       この憲法を確定する。(憲法前文)〉

高らかに謳われた主権在民の理念は、
しかしその実現を一度も実感することなく
日々歳々そこから遠ざかって行くばかり

そしてついに
初めてこの国の民衆が、
まっとうな手段で自らの手による大変革を実現する、
その最後の段階で
まさに民衆の希望に対して
権力による攻撃が仕掛けられた。

平成21年3月3日、
憲法の理念を文字通りに実現しうる寸前にあったこの時点で
検察の手によりその希望を吹き飛ばそうとする暴挙が実行された。

しかしながら、この政権党の権力維持のたくらみは、
眠っていた民衆の怒りに火をつけた。

全国津々浦々、
自らの未来は自らが決定するとの明確な意志を持った、
怒れる民衆の群れが、
ネットを媒介として結びつき、

憲法に謳われた主権者としての意識に立って
阻害する者を打ち倒すためのプロジェクト
吾等民衆の側に身を置き、
その先頭に立って闘おうとする者たちを後押しするためのプロジェクト

よりよく生きるためのプロジェクト
それぞれが実現に取り組み
互いにアシストし、
徐々にその成果を目に見える形として示しうるまでに育て上げてきた。


この日本という国を
真に吾等民衆の手に取り戻すために

「主権者の会」を立ち上げ、
政権交代の実現
それに続く民衆革命の成就に向けて
広く結集を呼びかける。

声なき声を 響かせよ!


以上のような理念を掲げて、

幾つかのプロジェクトはまもなく、その成果を世に問う段階まで来ている訳です。

そのため活動を広く世に呼びかけるためホームページを開設し、広報して行くことになりました。

議論をするための集まりではなく、
あくまでも実践を通して主権者たる意志を示して行くのが目的なので掲示板は設けていません。(注記:その後ニーズにより設置しました)

ただメンバー全員が共同管理するブログが開設されており、
コメント欄は開放されていますので、
そこでメンバーを交えた議論を交わすことは可能です。

3月から4月に掛けて、

さらに今回の小沢辞任をめぐって、

胸に鬱積するものを抱えているみなさん、

どこへ向けて良いのかやり場のない怒りを堪えているみなさん、

答えがそこにあるかもしれません。

遠慮無く訪問してみて下さい。

ある思惑をもって出没しているみなさん。

ネットの特性ゆえ、みなさん方に対しても窓は開かれております。

しかし、活動を妨害しようとしてもムダです。


悪意ある接触に対しては、メンバーの一人でもその兆候を感じた時点で遠慮無く排除させていただきます。

善意の訪問者は安心してこのサイトを訪れて下さい。

これからめまぐるしくプロジェクトが動き出します。

「時代とともにある」事を、ともに実感して下さい。

この場において随時活動経過を報告して行きます。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜引用 2〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ネット者は起ち上がり、声をあげ、スクラムを組む
投稿者 どなんとぅ 日時 2009 年 5 月 25 日 20:57:51

ちょうど10日前に「「主権者の会」稼働しました。」の記事をアップしました。

そして、いよいよ最初の外部への働きかけとして
緊急フォーラムが開催されます。


************************


集会名:6.4緊急フォーラム
「今、日本に何が起きているのか?」
〜一党支配からの脱却を目指して〜


パネリスト:鈴木宗男氏(新党大地代表/衆議院議員)
http://www.muneo.gr.jp/html/flash_index.html

平野貞夫氏(元参議院議員)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E9%87%8E%E8%B2%9E%E5%A4%AB

宮崎信行氏(「国会傍聴記by下町の太陽」ブログ/作家・評論家)
http://blog.goo.ne.jp/kokkai-blog

関義友氏(国会ロビイスト)
http://sekigumi.ti-da.net/


司会:加藤めぐみ
http://ameblo.jp/katomegu/
加藤めぐみのブログ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%97%A4%E3%82%81%E3%81%90%E3%81%BF
ウィキペディア「加藤めぐみ」

開催日:2009年6月4日(木曜日)

会場:早稲田スコットホール

時間:18:00開場 18:30開演

参加費:ネット予約(6月2日正午まで受付)/500円
  障害者の方は入場無料
当日    800円

主催:主権者の会
http://sov.jimdo.com/
 (トップページにフォーラムの要項を貼り付けています)

後援:一般社団法人 日本里山協会 (主権者の会事務局)



鈴木宗男の国会質問主意書全255本

posted by はなゆー at 13:33| Comment(1) | TrackBack(0) | イベントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

ドキュメンタリー映画「チョコラ!」が来月から上映

チョコラ(chokora)とはスワヒリ語で「拾う」の意味。

物拾いをして生きているストリートチルドレンを描いたドキュメンタリー映画。

監督は小林茂。音楽はサカキマンゴー。


日本語版ホームページは→

http://www.chokora.jp/

東アフリカを代表する国、ケニア共和国。首都ナイロビから北東に車で約1時間行った所に、人口10万の地方都市ティカはある。映画は、この町のストリートで暮らす子どもたちの厳しい生活環境やその背景、NGOや親との関係をユーモアを交えながら丁寧に提示していく事で、思春期を迎えた子どもたちの儚くも力強く生きていく姿を描き出します。



カラダレスキュー酸素の水 500ml*24本
posted by はなゆー at 16:05| Comment(1) | TrackBack(1) | イベントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

〔動画〕大晦日から数日間、日比谷公園に「年越し派遣村」開設

「派遣切り」などで困っている人たちの年越しを支えようと、ユニオンや反貧困ネットなどが中心になって、「年越し派遣村」が12月31日〜1月5日まで東京・日比谷公園にオープンする。

29日にその記者会見が開かれた。

村長の湯浅誠さんは、「仕事と住まいを奪われた人に温かいものを提供したい。ここは命を支える村。社宅が空いているのに何もしないで派遣切りをした企業はおかしい。社会的責任を追及したい」と語った。

派遣村では炊きだしや労働・生活相談をはじめ、餅つきなどパフォーマンスも行う。また夜には、映画「フツーの仕事がしたい」やレイバーフェスタ3分ビデオの上映なども企画されている。


☆「派遣村」ブログ→

http://hakenmura.alt-server.org/

posted by はなゆー at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

柏崎刈羽原発付近の「桜の異変」に関する記者会見

http://chikyuza.net/modules/news4/article.php?storyid=1273

7/29 サクラ異常記者会見のご案内〈たんぽぽ舎〉

たんぽぽ舎に連絡先住所を置いている「サクラ調査ネットワーク」よりご案内です。

新潟県・柏崎刈羽原発付近のサクラ汚染・異変についての重大な内容に関して、サクラ記者会見が下記要領で行われます。
メディア以外の方の一般参加も受け付けています。ご連絡下さい。

サクラ記者会見・お知らせ 新潟・原発周辺でサクラの大異常・発見 

日 時:7月29日(火) 午後3時〜4時  説明4人×10分、質問20分位

会 場:参議院議員会館第6会議室(開場2時30分) (50人室)


内容

1.柏崎刈羽のサクラの異常・地図と写真・・現地(新潟県)から  近藤ゆき子(刈羽村生命を守る女性の会)

2.全国のサクラの状況・数字 司会 柳田 真(サクラ調査ネットワーク)
    奥田智子(     〃    )

3.柏崎刈羽原発の事故時の放射能 槌田 敦(元理化学研究所、元名城大学教授)

4.米国スリーマイル島原発事故での植物の異常 菅井益郎(國學院大教授、市民エネルギー研究所)

※資料を用意します(サクラパンフ5集)カラー含む40頁の小冊子。

            趣 旨

1.私たちは「サクラと環境汚染・放射能汚染」を調べ発表している市民団体です。相談役は市川定夫(埼玉大名誉教授、遺伝学、ムラサキツユクサ研究)、事務所はたんぽぽ舎(環境市民 団体)内にあります。

2. 5年間、全国各地で「サクラと環境、原発」を調査してきましたところ、今年、新潟柏崎刈羽原発周辺で「サクラの大異常」が発見されました。サクラの正常形は花ビラ5枚、ガク5枚ですが、そうでないものが多数みつかったのです。

それは、花ビラの変形、重なり、矮小化、花ビラ4枚や6枚、ガクの異常などなど・・・。変形の数量は、昨年は5本の木、4609花を調べて異常は143、異常花率は3.1%でしたが、今年は4本の木、4000花を調べて、異常は912、異常花率は22.8%とグーンとはね上がりました。全国平均は2.89%です。

3. 5年間、全国を調べて、今年、新潟柏崎刈羽のみが異常に高い異変サクラを検出した原因は何でしょうか。サクラの芽が育つといわれている昨年の6月〜8月頃のできごととしては、新潟県中越沖地震と柏崎刈羽原発の重大事故(火災、放射能放出)があります。東京電力の発表でも通常時を上まわる、かなり大量の放射能(ヨウ素など)を出しました。サクラの大異変と原発事故との関連を考えざるをえません。

4. 記者会見では、柏崎刈羽から、調査された方が写真をもって上京され、発言されます。私どもサクラ調査ネットワークが、全国の数字と市民調査の意義を述べ、2人の学者が柏崎刈羽原発の放射能の放出と米国スリーマイル原発事故の時の植物の異常発生(写真あり)を述べます。

5.詳細は記者会見でご説明します。そのさい、写真、地図、資料集を用意します。

6.日本を代表するサクラの大異常と地震で傷ついた原発の放射能との関連、という重大な発表になると思います。 ぜひとも取材していただけるよう、お願いいたします。

主催:「サクラ調査ネットワーク」 
連絡先:たんぽぽ舎


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


《関連記事》

☆05年の4月 放射能漏れ漏れ柏崎刈羽原発に逝った (2007年7月20日の「反米嫌日戦線」)

http://anarchist.seesaa.net/article/48605537.html

その頃の職場には、柏崎で居酒屋をやっていた男がいたが、彼曰く、
「原発周辺の魚は、ばかに大きいか、奇形のサカナばかりで、地元の者は食べないよ」


〔コメント欄より〕

経済産業省に原子力保安・安全院なる組織があること自体知らなかったが、こいつらが原発や放射性廃棄物処理場作る時に税金バラまくところなんでしょうな。
それは資源エネルギー庁なのか?
いずれにしても東電を責めるより、
原発は国策だということを責めねば。
Posted by JUNK at 2007年07月25日 13:15


そういえば、安倍は地球環境を守るために原発を世界中に広めると宣言していたな。
IAEAの査察、年間費用の1/4は日本で使用されていることは安倍にとっての「不都合な真実」なんでしょうね。
Posted by 死ぬのはやつらだ at 2007年07月27日 18:45






posted by はなゆー at 02:01| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | イベントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

3月17日から東京で「アラブ映画祭2008」開催

アラビア語圏の作品を紹介する「アラブ映画祭」(全作品日本語字幕付き。各回入替制、全自由席。シンポジウムは無料)

http://www.jpf.go.jp/j/culture_j/topics/movie/arab2008.html

詳しい上映スケジュールは→

http://www.jpf.go.jp/j/culture_j/topics/movie/arab2008_2.html

シンポジウムのスケジュールは→

http://www.jpf.go.jp/j/culture_j/topics/movie/arab2008_3.html




posted by はなゆー at 19:11| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | イベントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

新宿の紀伊国屋ホールでワーキングプア反逆同盟が決起

紀伊国屋ホールで反貧困キャンペーン「生きさせろ! 集会」

我々は反撃を開始する!
金で人を物扱いする企業、政治に反撃を開始する!
こんな世の中に黙っている必要はまったくない!

自らも辛酸を舐めてきた活動家であり作家の雨宮処凛(『生きさせろ!』著者)、気鋭の社会学者小熊英二、「素人の乱」の松本哉をはじめ、各団体で狼煙を上げる新しい労働運動のリーダーたちが紀伊國屋ホールに集結する!

これがこの日本で実際に起こっている現実なのだ!

第88回 新宿セミナー Kinokuniya
『生きさせろ! 難民化する若者たち』(太田出版)刊行記念
反貧困キャンペーン「生きさせろ! 集会」

■ パネリスト

雨宮処凛(作家・『生きさせろ!難民化する若者たち』著者)
小熊英二(慶應大学教授)
松本哉(貧乏人大反乱集団/高円寺ニート組合/素人の乱)
大平正巳(フリーター全般労働組合)
河添 誠(首都圏青年ユニオン)
関根秀一郎(派遣ユニオン)
池田一慶(ガテン系連帯)
今野晴貴(POSSE)
冨樫匡孝(自立生活サポートセンター・もやい)

■日時 9月21日(金) 19:00開演(18:30開場)
■会場 新宿・紀伊國屋ホール(紀伊國屋書店新宿本店4F)
■料金 1,000円(全席指定・税込)
■前売 9月1日(土)発売開始
■前売取扱 キノチケットカウンター(紀伊國屋書店新宿本店5F
/受付時間10:00〜18:30)
■予約・問い合わせ先 紀伊國屋ホール 03-3354-0141(受付
時間 10:00〜18:30)
■主催 紀伊國屋書店
■協力 太田出版



posted by はなゆー at 12:17| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

アマゾンが改憲についての是非を問うカスタマー・アンケートを実施中

http://ch10670.kitaguni.tv/e389082.html

「憲法について考えてみる」(Amazon.co.jp)

1947年5月3日に施行され、今年で60年を迎える日本国憲法。また、2007年7月の「参議院選挙」では、憲法改正が争点になることも予想される。憲法に注目が集まる中、Amazon.co.jpカスタマーアンケートを実施し、その結果を発表するとともに、護憲・改憲に関するタイトル、憲法を幅広く知ることができる憲法関連タイトルをご紹介。

posted by はなゆー at 15:03| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

このあと19時50分から「オーマイニュース」で都知事選開票特番

「オーマイニュース」

http://www.ohmynews.co.jp/MainTop.aspx

が今夜7時50分から都知事選開票特番。

http://www.ohmynews.co.jp/Notice.aspx?notice_type=0¬ice_id=070404

メイン司会は元TBSの下村健一氏

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8B%E6%9D%91%E5%81%A5%E4%B8%80

http://www.ken1.tv/message/message070407.html

◆設備費に1円もかけぬ普通の事務所の一角が、スタジオ代わり。

◆その“スタジオ”の他に、石原選対&浅野選対をインターネット中継で常時繋げ、視聴者がいつでもクリックでその3ヶ所の中から見たい画面を選べる(一般のTV局の「スイッチャー」という役割を視聴者自身が出来る)。時々は、両選対に派遣されてるリポーターが、携帯電話で生実況リポートや候補者本人へのインタビューも。

◆メイン画面の右隣には常にチャット画面が出ており、あなたも(なにしろパソコンでの視聴だから)いつでも書き込み可能! 記入された質問等は、随時司会が読み上げ、リアルタイムで番組トークに織り込まれていく(視聴者も本当にコメンテーター)。

◆時には、司会側からチャットのテーマを投げ掛けることも。「メディアからいわゆる“泡沫候補”扱いされた候補者に投票した人、その熱い支持理由を教えて下さい」とか。

◆フリップも、その場でスケッチブックに手書き。制作費など掛けなくても、既存の大手局には無い《視点》と《近さ》で、日本のTV界に明日、新しいページを開く!

◆放送エリアは、NHKを遥かに凌ぐ、全世界。海外在住日本人の方にとっては、待ちに待った開票実況メディアの実現!

◇司会:下村健一(市民メディアアドバイザー)&白沢みき(元MX)

◇ゲスト:森達也(映画監督)、雨宮処凛(作家・元右翼ロックバンド)、青木理(フリージャーナリスト)   ほか

−−−というわけで、多くの人にとってまだ今いちピンと来ていない「市民メディア」というものの可能性を、少しでも予感してもらえる場になれば、と思ってます。ぜひ見て、参加して下さい!

-----------------------------

オーマイニュース

http://www.ohmynews.co.jp/Notice.aspx?notice_type=0¬ice_id=070404

●「激論!これでいいのか日本」〜オーマイニュース初の選挙特番放送のお知らせ 2007.04.04

時代の空気を最も反映すると言われる東京都知事選。4年ぶりにその戦いが行われ、来る8日に結果が明らかとなります。前回、300万票を獲得した石原慎太郎氏優勢との世論調査結果が報じられていますが、果たして都民はどう選択するのでしょうか? そして、この選挙結果はこれからの社会に何をもたらすのでしょうか?

オーマイニュースでは8日午後7時50分ごろから、石原事務所、浅野事務所とオーマイニュース本社をインターネット中継で結ぶ選挙特番を敢行します。多彩な顔ぶれのゲストに編集部にお集まりいただき、有力候補陣営の事務所の様子をウオッチしながら、日本の選挙のありようと、日本の行方について議論していく予定です。

番組では、視聴者のコメント欄を設置。受け付けたコメントを常時紹介し、編集部と視聴者の壁を越えて、インタラクティブな議論を展開していきます。

■オーマイニュース「インターネットテレビ選挙特番」概要

メインスタジオ:オーマイニュース本社

中継場所:石原事務所(新橋)、浅野事務所(新宿)

司会:下村健一(元TBSアナウンサー、市民メディアアドバイザー)
    白沢みき(フリーアナウンサー)

ゲスト:森達也(映画監督)
    雨宮処凛(作家・エッセイスト)
    青木理(フリージャーナリスト)
    ほか


■番組予定

○第1部:「これでいいのか?日本の選挙〜マニフェスト選挙は実現したか?」(午後7時50分〜当確が出るまで)

マニフェスト選挙という言葉が叫ばれ、ローカルマニフェストが初めて配布された今回の都知事選挙。しかし、果たして、有権者が本当にマニフェストで候補者選びをしているのでしょうか? テレビの功罪や公職選挙法で使用が禁じられているインターネットなどで起きたさまざまな現象をもとに、日本の選挙の在り方や、人々の意識に関して議論します。

○第2部:「選挙結果で、日本はこうなる」(当確が出てから1時間半程度)

選挙結果を検証するとともに、その結果が東京都政にどう影響するのかを議論します。また、今回の選挙は、安部政権の今後に大きく影響すると言われています。後半では、「国民投票法」や「参議院選挙」、そして「憲法改正」などに至る今後の国政にどう直結するのか、人々は何を求めているのかを考えていく予定です。

posted by はなゆー at 18:10| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

〔動画〕2月17日リチャード・コシミズ氏の東京講演会

2007年2月17日リチャード・コシミズ氏の東京講演会の動画(ダイジェスト版)

ダイジェスト版。

http://video.google.com/videoplay?docid=-7654256446381089725





植草事件の真実

posted by はなゆー at 20:27| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

リチャード・コシミズ氏の講演会の動画

8月の講演会

世界と日本を揺るがした2つの謀略・極悪犯罪事件「9・11事件」と「オウム事件」   

再度、事件は起こる可能性はあるのか?

http://video.google.com/videoplay?docid=3665838519268605080&q=%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%82%B7%E3%83%9F%E3%82%BA&hl=en


12月の講演会

9・11事件の真相とその歴史的な意味の深層に迫る!

911は誰が何のために引き起こしたのか?

なぜ、メディアは911疑惑を報道しないのか?


http://video.google.com/videoplay?docid=-3911448599094951946&hl=en




posted by はなゆー at 18:20| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

山口市で「イラク戦争」風刺画展〜イスラムの視点で検証

☆「イラク戦争」漫画でチクリ 山口市で中東の風刺画展 イスラムの視点で検証(西日本新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060906-00000023-nnp-l35

http://www.asyura2.com/0601/war84/msg/334.html

中東のマスコミに掲載される風刺漫画を「漫画は剣よりも楽し」として、ホームページ「ブナ林便り」で紹介する歴史家の吉田悟郎さん(東京在住)の協力で、エジプトやシリア、ヨルダン、レバノンなどのマスコミに登場した約100点を選んだ。

★「山口県九条の会ネットワーク」のブログ→

http://red.ap.teacup.com/yamaguti9/

★「ブナ林便り」→

http://members.jcom.home.ne.jp/pinuskoraie/0305.htm
posted by はなゆー at 13:48| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

「劣化ウラン禁止国際大会」をインターネットで動画配信

インターネットで動画配信 「DU兵器禁止国際大会」(8月3−6日)。

8月3−6日、広島で開かれる「劣化ウラン兵器禁止を訴える国際大会」(ICBUW主催)のもようがインターネット動画配信で見る事ができます。

以下、ICBUW(ウラン兵器の禁止を求める国際連合)のアジア地域コーディネーターの嘉指さん(神戸大学教授)からのメールを転載します。

【以下転載】

皆様

お知らせ:
「劣化ウラン兵器禁止を訴える国際大会」広島大会中のインターネット動画配信について

8月3−6日、広島で開かれる「劣化ウラン兵器禁止を訴える国際大会」(ICBUW主催)の様子を撮影した動画映像をインターネットを使って配信することになりました。動画配信の開始は、8月3日深夜になるかと思いますが、大会中、毎夜、その日の映像が追加され、大会終了後も、本大会ホームページ上にアップされることになります。

劣化ウラン兵器問題に関して今最も必要なことは、その深刻さ、緊急性を、国際社会に向け、できるだけ広く、できるだけ強く、できるだけ迅速に訴え、問題提起していくことだと思います。今回の動画配信がそのための一助となることを心より願っています。日本内外の一人でも多くの方々にご覧いただけたらと思います。(動画配信についての英語によるお知らせも、早急に海外向けMLに流したいと思います。)

動画配信へのアクセスは、「NO DU ヒロシマ・プロジェクト」日本語ホームページから入る場合は、

http://www.nodu-hiroshima.org

また、「NO DU ヒロシマ・プロジェクト」英語ホームページから入る場合は、

http://www.nodu-hiroshima.org/en/index.html

となります。

今回の動画配信では、清水仁さん(『知られざるDUの恐怖/イラクの子どもたちは今』などのディレクターであり、写真家の豊田直巳さんと二人三脚で劣化ウラン問題を追ってきた映像ジャーナリスト)、そして加藤久美子さん(靖国問題をテーマとした日韓共同製作ドキュメンタリー『あんにょん・サヨナラ』の共同監督)が撮影・編集し、広島現地実行委員会の藤村寛さんがホームページへのアップを担当します。そろって広島出身の三人による試みです。どうぞご支援ください。

草々

嘉指(かざし)信雄
ICBUW広島大会・現地実行委員長


デル株式会社

デル株式会社

デル株式会社
posted by はなゆー at 09:30| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

1月4日、東京渋谷でイラク人医師による講演会

イラク人医師講演会

http://teanotwar.blogspot.com/2005/12/blog-post_17.html

http://teanotwar.blogspot.com/2005/12/blog-post_17.html
 
2006年1月4日、東京渋谷で開催される、イラク人医師による講演会のご案内。

今、イラクでは・・・〜イラク人医師モハメッドさんを囲んで

アジア女性資料センターでは、2005年夏にヨルダンスタディツアーを行い、ヨルダンに住むイラク人医師モハメッドさんに会いました。モハメッドさんがこの冬来日される機会に、年明けすぐですがお話を聞く機会を持てることになりました。清末さんによる解説つきです。

(略)

1991年の湾岸戦争以来、イラクに対する経済制裁が続いてきました。これによって医療設備などへ投資ができず、今回のアメリカによるイラク攻撃では充分な医療サービスを受けることができずにいる負傷者がイラクには多くいると言います。テレビではイラク攻撃、自衛隊のサマワ駐屯のニュースが飛び交いますが、イラクの人々の日常生活が見えてきません。

ヨルダン・アンマン在住のイラク人医師モハメッドさんは、イラクで病院で臨床をしながら医療NGOで医者としてボランティア活動に関わってきましたが、現在ではアンマンで、戦火を逃れてアンマンに来るイラク人の患者の面倒をみています。お金がないので、アンマンで医療NGOを立ち上げたいと考えたりしています。

今回来日されるモハメッドさんを囲んで、イラクにおける医療事情について、また外国でイラク人であることが分かると「テロリスト」扱いをされる生活の困難さについてお話を聞きます。お正月が明けてすぐですが、貴重な機会です。是非お集まりください。

日時:2006年1月4日午後6時半〜8時半

場所:アジア女性資料センター211号室

(地図:

http://www.ajwrc.org/modules/tinycontent3/index.php?id=8



スピーカー:モハメッド・ヌーリ・シャキールさん(医師)

解説・通訳:清末愛砂さん(アジア女性資料センター運営委員)

参加費:無料(モハメッドさんへのカンパ大歓迎)

お問合せ・お申し込みはアジア女性資料センター

http://www.ajwrc.org/

まで。

E-mail: ajwrc (ここにアットマーク) ajwrc.org
posted by はなゆー at 18:11| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

高遠菜穂子さんから、イラク「命の水」支援緊急報告会のご案内

高遠菜穂子さんからのメールの転送です→

高遠より、お知らせです。

ご無沙汰しておりますが、みなさまお元気でお過ごしでしょうか?9月30日にヨルダンより帰国いたしました。みなさまに浄財賜りました「イラク命の水支援プロジェクト」の中間報告を来る8日に行うことになりました。直前のご連絡で大変申し訳ございませんが、ぜひおでかけいただければと思います。ヨルダン訪問したイラクホープネットワークのメンバーそれぞれが進めるプロジェクトの進捗状況もお伝えする予定です。井戸、バグダッド、ボーイズのの新しい映像もぜひごらんください。

   □□□□□□□□□□□□□

■■■10月8日 イラク『命の水』支援緊急報告会のご案内■■■

http://www.iraq-hope.net/water/index.html

報告者
●高遠菜穂子(イラク支援ボランティア)・佐藤真紀(JIM-NET)     ・相澤恭行(PEACE ON)・細井明美(RiverbendProject)

○日時/10月8日(土曜) 開場5時半 開演6時 終了8時半

○場所/文京区民センター・2階A会議室(都営三田線・大江戸線春日駅A2出口スグ)

○参加費/500円

○問合せ  info-ihoアットマークiraq-hope.net

これから真夏を迎えようという今年の7月19日、浄水場が空爆され、   首都・バグダッドは深刻な水不足に陥ってしまった。
一般家庭にも病院にも、安定した清潔な水が供給されない状態。   気温50度を越すというイラクの夏に水がない―――!

日本のメディアを通して、この事実はほとんど流されませんでした。 「水」は命の源です。しかし、現地の対応も非常に遅れていたのです。

私達「イラクホープネットワーク」では緊急に支援を立ち上げました。 それが「イラク『命の水』支援プロジェクト」です。そして、多くの方のご協力と応援を頂き、井戸を汲み上げるポンプや ペットボトルの飲料水を送ることができました。この事は少しだけ日本のニュースで取り上げられたのですが、イラクの多くの人々へは 「日本からの支援で」と大きな声では伝えられません。 ―――なぜかわかりますか?

先日、プロジェクトメンバーが今後の支援について再検討すべく 隣国・ヨルダンへ渡り、最新のイラクの様子も入手してきました。メディアのフィルターのかからない状態で、改めて「今、起きていること」 に対して、自分がどう感じるか、何をしたらいいかをゆっくり、しっかり考えていきませんか?

ぜひ、多数ご来場くださいませ!お待ちしております。

〜〜〜〜〜  〜〜〜〜

「イラクホープネットワーク」とは、日本とイラクの人々が対話をし 繋がり合い、政府に左右されない信頼関係を築いていくためのネット ワークです。すでに様々な活動をしている人達や、少し興味はある けれど何をしたらいいか分からない人達、それから様々な国の人達… 皆を広くゆるやかに繋げていきます。 どうぞ、ご参加ください。

【共催団体】

イラクホープネットワーク

http://www.iraq-hope.net/

JIM-NET(日本イラク医療支援ネット)

http://www.jim-net.net

PEACE ON

http://npopeaceon.org/

劣化ウラン廃絶キャンペーン

http://www.cadu-jp.org/

◆関連ブログ紹介◆

高遠 菜穂子 『イラク・ホープ・ダイアリー』

http://iraqhope.exblog.jp/

細井 明美 『日めくり』

http://blogs.dion.ne.jp/hope/

佐藤 真紀 『くろよん平和主義』

http://www.doblog.com/weblog/myblog/18736

相澤 恭行 『YATCHのイラクレポート』

http://www.doblog.com/weblog/myblog/18838



posted by はなゆー at 06:17| ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | イベントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする