2010年08月24日

福島原発:定期検査中に1人被ばく 

東京電力は、福島第1原発3号機で、下請け企業の60代男性作業員が被ばくしたと発表した。


☆福島原発 定期検査中に1人被ばく (毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100824-00000064-mai-soci

http://www.asyura2.com/09/genpatu6/msg/624.html

チェルノブイリからの伝言

チェルノブイリからの伝言

価格:1,200円(税込、送料別)

posted by はなゆー at 22:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

直嶋経産相は「年金」資金を原発輸出に投入することに前向き(7月)

perspective
http://twitter.com/prspctv/status/21642645352

経産省は、海外での原発ビジネス推進のため、今秋電力3社や原発メーカー3社と官民共同出資会社「国際原子力開発」(仮称)を設立予定。
http://www.asahi.com/business/update/0428/TKY201004280492.html
出資するのは官民出資ファンド「且Y業革新機構」(09年7月設立)。
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100429/biz1004292105006-n1.htm



perspective
http://twitter.com/prspctv/status/21642804782
直嶋正行経産相「原発などのインフラは、長期の資金が求められる。相手国の政策変更で事業が続けられなくなるといったリスクも、貿易保険でカバーできるようにする。長期の投資資金の出し手として、年金資金の一部を使う制度設計も検討したい」
http://globe.asahi.com/feature/100802/03_2.html




《備考》

AtsushiMorino
http://twitter.com/atsusurf/status/21634377607
8/11 原子力資料情報室 米・新規原発への投資は要注意
―来日中の専門家が日本政府に警告
日本政府が私たちの年金などをアメリカの原発に投資しようとしている。


AtsushiMorino
http://twitter.com/atsusurf/status/21634800692
「米国の新規原発プロジェクトはそのリスクの大きさから国内で資金が調達できてない。日本など海外からの融資がなければ実施は困難」とキャンプスは語る。


牧村しのぶ(漫画家)
http://twitter.com/ShinobuMakimura/statuses/21636655047
米国議会予算局は、原発事業の新規計画が何らかの理由で返済不能になる確率を50%以上と算定。日本企業が出資、最終的に納税者の負担となりかねず。
「週刊金曜日」8・20、ケビン・キャンプス氏インタビュー「日本が米国原発ローンを連帯保証?」


              ↓

☆米・新規原発への投資は要注意 ―来日中の専門家が日本政府に警告 (原子力資料情報室プレスリリース。8月11日)

http://www.cnic.jp/modules/news/article.php?storyid=937

米国のNGO「ビヨンド・ニュークリア」(Beyond
Nuclear)をはじめ71団体(8/16現在72団体)は11日、菅直人内閣総理大臣、野田佳彦財務大臣、直嶋正行経済産業大臣に宛てて連名で書簡を送り、米国の新規原発プロジェクトは財政リスクが大きいので、これらのプロジェクトへの投資は控えたほうがいいと勧告した。

「ビヨンド・ニュークリア」は原発も核兵器もない世界をめざす脱原子力団体。ヘレン・カルデコット博士らが設立した。現在、同団体スタッフのケビン・キャンプスが米国の「原子力ルネサンス(復興)」の実態などについて伝えるため、日本の市民グループの招きで来日中。キャンプスは新規原発への税金投入問題や既設原発の放射能漏洩問題などに詳しい。

日本政府と原子力メーカーは中東やベトナムなどへ原発輸出を計画しているが、それに先行するものとして米国での原子力ビジネス獲得に力を入れている。同国では1970年代から新規原発の発注が途絶えている。米政府は瀕死の原子力産業を救うため、債務保証をはじめとする優遇措置を導入。米・原子力規制委員会(NRC)は現在26基の新設申請を審査中だ。いずれも第三世代と呼ばれる新しいタイプの原子炉である。

しかし 「NRCはこれまでに、どの一基も承認していない」とキャンプスは述べ、「承認が得られなければ債務保証は得られないし、そもそも着工できない」と指摘。債務保証とは、何らかの理由でコストが当初見積もりより大幅に上昇し、事業者が金融機関からの融資を返済できなくなった場合、金融機関の損失を税金で補填するというもの。「原発は遅延によるコスト上昇や最終的認可がどうなるか分からないなど不確定要素が多い。議会予算局(CBO)
は債務不履行に陥る確率を50%以上と推定している」とキャンプス。

オバマ大統領は今年2月、ジョージア州ヴォーグル原発で計画されている2基の改良型加圧水型原子炉(AP1000)に、条件付きで債務保証を供与すると発表した。だがAP1000(ウエスチングハウス設計の新タイプ)は設計上の欠陥から、現在までに建設・運転認可の前提となる設計承認はおりていない。キャンプスは「設計承認がおりてもいないのに債務保証を約束するなど、新規建設をめぐってはカオス状態」と、米国の現状を語る。

米国で申請されている新規プロジェクトのほとんどに日本企業が関わっている。そのうち最も関与が大きいのがテキサス州の「サウステキサス・プロジェクト」(STP)だ。STPの3,4号機はGE-日立設計の改良型沸騰水型原子炉(ABWR)が計画されている。主契約者は東芝、事業者はニュークリア・イノベーション・ノースアメリカ(NINA)。同計画には現在までに東芝と東京電力が出資参加しているが、着工前からすでにコストが上昇。日本企業が事業に参画していることから、NINAは日本の政府系金融からの支援を期待している。

「米国の新規原発プロジェクトはそのリスクの大きさから国内で資金が調達できてない。日本など海外からの融資がなければ実施は困難」とキャンプスは語る。

菅政権は「成長戦略」のひとつに原発輸出を掲げている。政府は原子力関連企業の海外進出を後押しするため、年金資金を含む公的資金を活用する方針。キャンプスは4日、その窓口となる国際協力銀行(JBIC)と日本貿易保険(NEXI)の担当者と会見し、「米国の原発プロジェクトは途上国に比べ投資リスクが小さいと見るのは危険」と警告、「日本国民の金を投入するなら、将来性が大きく市場競争力のある自然エネルギーやエネルギー効率分野にしたほうが賢明」と結んだ。

チェルノブイリからの伝言

チェルノブイリからの伝言

価格:1,200円(税込、送料別)

タグ:直嶋正行
posted by はなゆー at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本が年金などを米国原発に投資し「米国原発ローン」を連帯保証?

AtsushiMorino
http://twitter.com/atsusurf/status/21634377607
8/11 原子力資料情報室 米・新規原発への投資は要注意 
―来日中の専門家が日本政府に警告
日本政府が私たちの年金などをアメリカの原発に投資しようとしている。


AtsushiMorino
http://twitter.com/atsusurf/status/21634800692
「米国の新規原発プロジェクトはそのリスクの大きさから国内で資金が調達できてない。日本など海外からの融資がなければ実施は困難」とキャンプスは語る。


牧村しのぶ(漫画家)
http://twitter.com/ShinobuMakimura/statuses/21636655047
米国議会予算局は、原発事業の新規計画が何らかの理由で返済不能になる確率を50%以上と算定。日本企業が出資、最終的に納税者の負担となりかねず。
「週刊金曜日」8・20、ケビン・キャンプス氏インタビュー「日本が米国原発ローンを連帯保証?」


          ↓

☆米・新規原発への投資は要注意 ―来日中の専門家が日本政府に警告 (原子力資料情報室プレスリリース。8月11日)

http://www.cnic.jp/modules/news/article.php?storyid=937

米国のNGO「ビヨンド・ニュークリア」(Beyond Nuclear)をはじめ71団体(8/16現在72団体)は11日、菅直人内閣総理大臣、野田佳彦財務大臣、直嶋正行経済産業大臣に宛てて連名で書簡を送り、米国の新規原発プロジェクトは財政リスクが大きいので、これらのプロジェクトへの投資は控えたほうがいいと勧告した。

「ビヨンド・ニュークリア」は原発も核兵器もない世界をめざす脱原子力団体。ヘレン・カルデコット博士らが設立した。現在、同団体スタッフのケビン・キャンプスが米国の「原子力ルネサンス(復興)」の実態などについて伝えるため、日本の市民グループの招きで来日中。キャンプスは新規原発への税金投入問題や既設原発の放射能漏洩問題などに詳しい。

日本政府と原子力メーカーは中東やベトナムなどへ原発輸出を計画しているが、それに先行するものとして米国での原子力ビジネス獲得に力を入れている。同国では1970年代から新規原発の発注が途絶えている。米政府は瀕死の原子力産業を救うため、債務保証をはじめとする優遇措置を導入。米・原子力規制委員会(NRC)は現在26基の新設申請を審査中だ。いずれも第三世代と呼ばれる新しいタイプの原子炉である。

しかし 「NRCはこれまでに、どの一基も承認していない」とキャンプスは述べ、「承認が得られなければ債務保証は得られないし、そもそも着工できない」と指摘。債務保証とは、何らかの理由でコストが当初見積もりより大幅に上昇し、事業者が金融機関からの融資を返済できなくなった場合、金融機関の損失を税金で補填するというもの。「原発は遅延によるコスト上昇や最終的認可がどうなるか分からないなど不確定要素が多い。議会予算局(CBO) は債務不履行に陥る確率を50%以上と推定している」とキャンプス。

オバマ大統領は今年2月、ジョージア州ヴォーグル原発で計画されている2基の改良型加圧水型原子炉(AP1000)に、条件付きで債務保証を供与すると発表した。だがAP1000(ウエスチングハウス設計の新タイプ)は設計上の欠陥から、現在までに建設・運転認可の前提となる設計承認はおりていない。キャンプスは「設計承認がおりてもいないのに債務保証を約束するなど、新規建設をめぐってはカオス状態」と、米国の現状を語る。

米国で申請されている新規プロジェクトのほとんどに日本企業が関わっている。そのうち最も関与が大きいのがテキサス州の「サウステキサス・プロジェクト」(STP)だ。STPの3,4号機はGE-日立設計の改良型沸騰水型原子炉(ABWR)が計画されている。主契約者は東芝、事業者はニュークリア・イノベーション・ノースアメリカ(NINA)。同計画には現在までに東芝と東京電力が出資参加しているが、着工前からすでにコストが上昇。日本企業が事業に参画していることから、NINAは日本の政府系金融からの支援を期待している。

「米国の新規原発プロジェクトはそのリスクの大きさから国内で資金が調達できてない。日本など海外からの融資がなければ実施は困難」とキャンプスは語る。

菅政権は「成長戦略」のひとつに原発輸出を掲げている。政府は原子力関連企業の海外進出を後押しするため、年金資金を含む公的資金を活用する方針 。キャンプスは4日、その窓口となる国際協力銀行(JBIC)と日本貿易保険(NEXI)の担当者と会見し、「米国の原発プロジェクトは途上国に比べ投資リスクが小さいと見るのは危険」と警告、「日本国民の金を投入するなら、将来性が大きく市場競争力のある自然エネルギーやエネルギー効率分野にしたほうが賢明」と結んだ。

posted by はなゆー at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原子炉閉鎖で乳児死亡率激減 米研究機関が発表(2000年)

原子炉閉鎖で乳児死亡率激減 米研究機関が発表

東京新聞 2000/04/27

http://homepage.mac.com/ehara_gen/jealous_gay/nuclear_power3.html

【ワシントン26日大軒護】放射線の健康に与える影響を調査している米研究機関は26日、原子炉の閉鎖により周辺に住む乳児の死亡率が激減したとの調査結果を発表した。

調査は免疫学や環境問題などを専門とする医師、大学教授などで組織する「レイディエイション・パブリック・ヘルス・プロジェクト」(RPHP)が、 1987年から97年までに原子炉を閉鎖した全米7カ所の原子力発電所を対象に、半径80キロメートル以内の居住の生後1歳までの乳児死亡率を調べた。

調査は、原子炉閉鎖前の死亡率と、閉鎖2年後の死亡率を比較しているが、それによると、87年に閉鎖したワイオミング州のラクロッセ発電所では、 15.3%の死亡率減少だった。最も減少率の大きかったのが、97年に閉鎖したミシガン州ビッグロック・ポイント発電所周辺で54.1%の減少だった。減少は、がん、白血病、異常出産など、放射線被害とみられる原因が取り除かれたことによるものとしている。

RPHPによると、85年から96年までの全米幼児の死亡率は、平均で6.4%減にとどまっており、「原子炉の影響が実証された」としている。

米国では2003年までに28基の原子炉が、米原子力規制委員会(NRC)へ免許更新申請する時期にきているというが、RPHPによると更新にあたっては周辺の環境問題は考慮されておらず、今後、この問題でNRCへの強い働きかけが必要としている。



☆「Radiation and Public Health Project」ホームページ→

http://www.radiation.org/



posted by はなゆー at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

伊方原発は「南海地震に対する耐震性」を備えていない?

山下安音
http://twitter.com/costarica0012/status/21485867856

高知県の皆様へ:伊方原発は南海地震の耐震性を備えていません。
新潟沖地震で廃炉となった柏崎刈羽は680ガルを記録したのに570ガル
http://www.pref.ehime.jp/030kenminkankyou/150kikikanri/00004838040608/bousaikeikaku.html

posted by はなゆー at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

米国連邦裁判所が「遺伝子組み換え砂糖大根」の栽培を禁止した

モンサント社が作り出した遺伝子組み換えの砂糖大根の栽培を米国連邦裁判所が禁止。



☆U.S. judge bans planting of genetically engineered beets
(ロイター)

http://www.reuters.com/article/idUSTRE67D08220100814

A federal judge on Friday banned the planting of genetically modified sugar beets engineered by Monsanto Co in a ruling that marks a major setback for the biotech giant.

U.S. District Judge Jeffrey White ruled in 2009 that the U.S. Department of Agriculture had approved Monsanto's genetically modified sugar beets without adequate environmental study.



posted by はなゆー at 20:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スタジオ・ジブリが福島原発のPRに協力しているというのでネット騒然

石田昌隆(写真家)
http://twitter.com/masataka_ishida/status/21167610207
これは酷い
http://happylog.citywave.com/thema/comment.asp?did=1131074FEE77DF4CE53D
「福島第二原子力発電所エネルギー館」には「どんぐり共和国」という施設があり「スタジオジブリ」のキャラクターグッズがいっぱいだそう
http://www.tepco.co.jp/nu/f2-np/f2land/energymsm/acorn/index-j.html



vainic
http://twitter.com/vainic/status/21168591810
宮崎サン亡き後はこういう使い方されまくるんだろな


ita
http://twitter.com/itanthe3rd/status/21195332489
ジブリのファンタジーは放射能が不可欠か?なるほど、そうですか。
子供には見せられませんね。


tadzio
http://twitter.com/tadzi0/status/21158244382
それは解りますが、ジブリ本体が原発推進に協力しているかのような誤認ツイートが多過ぎる...


tadzio
http://twitter.com/tadzi0/status/21151133820
宮崎監督は ジブリという株式会社の最高責任者ではないですから... 現最高責任者は、ブッシュのイラク戦争を支持した当時のディズニーにいた方のようですね... 
原発PRに使われるのは悲しいことですが、今は そういう企業体なのかもしれません...


tadzio
http://twitter.com/tadzi0/status/21155933715
調べてみたのですが、ジブリグッズを販売するどんぐり共和国≠ヘ、様々なキャラクラーグッズを販売するベネリック(株)の一部門に過ぎず、それが福島原発にくっついているというだけでは、ジブリ本体と原発の関係云々できないのでは。ググってもジブリの電力関係CMみつからず...


tadzio
http://twitter.com/tadzi0/status/21156306219
どんぐり共和国≠ヘ全国に30店舗以上展開していて、そのうちのひとつが福島エネルギー館店。むしろ、東京電力側がジブリ人気を利用しようとしているだけかもしれません。


tadzio
http://twitter.com/tadzi0/status/21157729285
一度冷静になって問題を整理した方が良いと思います。現時点で把握できる事実だけでは ジブリ本体の過失は考えられません。キャラクターグッズをどこで売るか などというところまでコントロール出来ないでしょう。


mugla
http://twitter.com/murakaka/status/21159133317
しかし、ジプリのキャラクターが原発はエコだという啓発に効果をあげているのは見逃せないと思う。作品本来の魅力をも奪うのでは?


mugla
http://twitter.com/mugla77/status/21222730875
昨夜から色々考えてるのですが、我々原発反対派はジブリキャラが原発PRに使われるなど、ありえない、と思いますが、世間一般では原発=クリーンが浸透していて、ブログにあるようにジブリと原発はピッタリと思う人が多いのかも、とか考えてしまいました。

posted by はなゆー at 20:03| Comment(5) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

原発事故が発生した場合でも隣接県の県庁には連絡されない

二太郎
http://twitter.com/2tarou/status/20549934798
何よりも心配なのが、地元住民への直接連絡は自治体のみが担っており、その自治体への連絡遅れや連絡漏れ、隠蔽行為が横行していた過去の実態があること



九州・自然エネルギー推進ネットワーク
http://twitter.com/oita_energy/status/20549893620
そうなんです。例えば伊方原発で事故があった場合、100km以上離れいる愛媛県庁には連絡が行くのに、愛媛県庁より近い距離の大分県庁には何の連絡も来ないのです。だから私たちは大分県に伊方原発との間で安全協定を結べと、何度も要求してきました…。答えはNO!だそうです。


二太郎
http://twitter.com/2tarou/status/20550963461
大間原発でも、同じことが起こるでしょう。函館には連絡が入ません。


九州・自然エネルギー推進ネットワーク
http://twitter.com/oita_energy/status/20588202838
私たち(故松下竜一代表)は安全協定を伊方原発のあ(る)四国電力と大分県は締結をするように申し入れを県にしたことがあります。県の回答は「立地県でないのでできない」の一点張り。国の天下りらしき官僚は木で鼻をくくったと言う対応。


九州・自然エネルギー推進ネットワーク
http://twitter.com/oita_energy/status/20554600150
「原発立地県ではないので安全協定は結べない」という回答でした。しかし、それは真っ赤なウソです。京都府の舞鶴市は福井県の高浜原発との間に安全協定を結んでいます。原発立地県でなくても安全協定は結べる。ただし、安全協定はそもそも紳士協定で、罰則などない。



九州・自然エネルギー推進ネットワーク
http://twitter.com/oita_energy/status/20588463929
皆さんもチェルノブイリ事故のような大事故が起きたら私たち市民の安全はどう確保されるのか自治体へ問い合わせてください。たくさんボロが出てきます。大分県は当時(15年ほど前)ヨウ素剤の備蓄量を問うたら、「県立病院に200g瓶1本あります」と回答。私たちは笑いました。


九州・自然エネルギー推進ネットワーク
http://twitter.com/oita_energy/status/20588791914
原発事故時には大量の放射性ヨウ素が降下するが、子どもにはそのヨウ素を成長のための栄養素と勘違いして取り込んでしまうため、ヨウ素剤をあらかじめ飲んでおく必要がある。原発立地自治体では大量に備蓄している。伊方原発から50kmの大分県には僅か200gしかない!お粗末な話!


九州・自然エネルギー推進ネットワーク
http://twitter.com/oita_energy/status/20588980128
立地県でない県では原発事故に対して何も対応していません。もちろんきちんと私たちが要求して行けば、重い腰も上げるでしょう。原発はリスクが大きくて、こんなものはゴメンだという意識を国民が持つためにも放射能防災への取り組みを自治体へ要求しましょう。その最大のものが安全協定です。

posted by はなゆー at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

フランス最高裁が日本では多用されている農薬の使用禁止を命じた

☆ネオニコチノイド
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%82%AA%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%81%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%83%89
ネオニコチノイド(英: Neonicotinoide)は、クロロニコチニル系殺虫剤の総称。ニコチン様物質を意味し、イミドクロプリド、アセタミプリド、ジノテフランなどが該当する。急性毒性は低く、昆虫に対して選択的に毒性を示す。
(略)
ミツバチの大量失踪(蜂群崩壊症候群)の原因の一つといわれ、フランスでは最高裁判所で使用禁止となっている。




KnZ
http://twitter.com/_KnZ/status/20272099136
悪魔の農薬「ネオニコチノイド」農業大国フランスは使用禁止判決! 日本ではなぜか野放し状態。フランス最高裁は、ミツバチ大量死の原因をネオニコチノイドと断定。日本では次世代農薬として一番使われている。


猫野きじにゃあ
http://twitter.com/kijinyaa/status/20359115895
ミツバチの大量死が突然発生したのは2005年8月頃。原因は、JAがカメムシ駆除用の農薬として「有機リン系」から「ネオニコチノイド系」への変更を農家に薦めたこと。養蜂家、JA、農家、みんな知ってる。それが未だに問題になるのは、自分の利益だけを優先する人たちがどこかにいるんだろうね。


猫野きじにゃあ
http://twitter.com/kijinyaa/status/20315345600
ミツバチが田んぼの水を飲んでること、知ってる人、少ないんだよね。水溶性の農薬はやばいよなぁ。


kawaguchi
http://twitter.com/nekoncyu/status/20372112298
「ハチはなぜ大量死したのか」を読んでみます。農薬、遺伝子組換え作物に象徴される効率と利益優先の農業で土も動物も人間の体もジワジワと蝕まれいく..恐ろしいことです。

posted by はなゆー at 17:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

発癌性化学物質到達で「北海道の漁業」が大被害をこうむる恐れも?

有害物質クロロトリメチルシランが流出。
 

☆Floods Leave Damage Trail Through Northeast China
(7月30日のNTD動画ニュース)

http://www.youtube.com/watch?v=6KTnEry3zwk

In northeast China, torrential rain and floodwaters have left a trail of destruction. Large swathes of Jilin Province are under floodwater... in addition to thousands of barrels of chemicals that were recently washed into a major river.

Large swathes of land in Yongji County, Jilin Province, are lying under floodwater.

Chinese state-run media reports that thirteen people were killed in the county and 30,000 residents were left stranded after torrential rains hit the region.

Workers scrambled to retrieve thousands of barrels of chemicals washed into the Songhua River by floodwaters.

A total of 7,000 barrels were washed downstream from a factory, only about half were retrieved.

As much as 500 tons of chemicals could potentially be floating down river.

The Songhua River is a major tributary of the Amur River, which forms China's border with Russia for several hundred miles before crossing fully into Russia.

Rains so far this year across large swathes of central and southern China have killed nearly 1,000 people and left hundreds missing.




☆危険ガス入り容器3000個、洪水で主要河川に流出 中国
(7月29日のAFP通信)

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/accidents/2743754/6020553

連続豪雨に見舞われている中国北東部の吉林(Jilin)省で28日、洪水によって化学工場から爆発性の塩化メチルガス入りの容器約3000個が、主要河川の松花江(Songhua River)に河川に押し流された。

事故が発生したのは28日午前10時(日本時間同11時)ごろで、吉林市に近い化学工場から可燃性の化学物質510万トン以上が入った容器が流された。国営新華社(Xinhua)通信によると、流された容器は7000個で、うち3000個の中に爆発性が高い塩化メチルガスが入っていた。残りの容器は空だったという。

現地では作業員200人が容器の回収にあたっているが、29日までに400個しか回収できていない。




田仁(中国通)
http://twitter.com/cui4ying1/status/19916603480
香港PHX:吉林省永吉県で29日午前大雨の為山津波が起き、化学工場の凡そ7千個のドラム缶が松花江に流された。内3千個には原料が入った侭。吉林省は全力を挙げ回収中で4百個余が回収された。黒龍省は緊急会議を開催し対策本部を設置、又当局のモニタリングでは水質に異常無しと。吉林省は松花…


田仁(中国通)
http://twitter.com/cui4ying1/status/19917147653
松花江流域に8本の防御線を設けドラム缶散逸を防ぐ他、24時間体制で水質モニタリングを実施、黒龍江省は2時間毎に水質検査中で大きな変化は見られて居ない。ハルピン市は他の水源を使用する為に住民の飲料水には関わらず、松花江を水源にして居る沿岸地域は予備水源から生活用水…


田仁(中国通)
http://twitter.com/cui4ying1/status/19917391142
を確保する計画。ドラム缶流出部分の松花江水域は、早くても黒龍江省に3日後、ハルピンには7日後に到達予定。



東海アマ管理人
http://twitter.com/tokaiama/statuses/20124011201
松花江大洪水で510トンの化学物質が流域汚染、8月中旬にロシア・アムール川に流入、その後知床沖に流れ着く。北海道・千島方面が大汚染を被る可能性

          ↓

☆ハバロフスク 中国の化学工場事故の影響に予防措置を協議
(7月30日の「ロシアの声」)

http://japanese.ruvr.ru/2010/07/30/13898494.html

28日に中国の化学工場で発生した事故を受け、ハバロフスク地方(ロシア極東)では松花江の汚染された水がアムール川に流れ込んだ場合に備え、予防措置を講じる。同地方のヴャチェスラフ・シポルト知事が明らかにした。

シポルト知事によると、環境課には監視を強化するよう要請済み。アムール川流域の市や地方自治体と協議の上、対策が講じられる。

28日に中国の吉林省で増水が起こり、2つの化学工場の敷地から、大量の危険な化学薬品入りの容器数千個が流された。いくつかの容器に入っていた化学薬品は、水をかぶった際に爆発したという。中国は遮断施設を設置し、化学薬品の詰まった容器の引き上げを試みている。




☆松花江の大規模化学汚染、ロシアも巻き添えか
(大紀元日本)

http://www.epochtimes.jp/jp/2010/08/html/d67903.html

中国東北部の吉林省でこのほど、大洪水の発生により、510トンの化学原料が入った約7千個のタンクが松花江に流され、大規模な化学汚染事故が起きた。隣の黒龍江省では、松花江の流域の一部ですでに河水の飲用を禁止する通知を出しており、下流に位置するロシアでは、事態を憂慮し、中国側に対し事情説明を求め、緊急対策に乗り出している。汚染された河水は8月中旬にロシアに流れ込む見通し。

タンクに入っている化学物質はトリメチルクロロシラン
(化学式(CH3)3SiCl )。

無色な液体で発がん性が指摘されている。先月30日18時の時点で、5割強のタンクはすでに引き上げられたが、残り約3300個は依然、松花江を漂流している。

汚染された河水は8月2日前後に、黒龍江の肇東地区に到着する予定で、現地政府は、松花江の水の飲用と農業灌漑を禁止すると通知した。

松花江下流のハルピン市やジャムス(佳木斯)市などの都市は、緊急対策方案を発動、隣接する遼寧省や内モンゴルなどに支援を求め、水の調達に乗り出している。

汚染された水はその後、8月10日から12日前後にロシアのアムール川に流れ込む予定。ロシア連邦気象・環境観測局の発表によれば、同川沿岸の地区では、住民にボトル水などの生活必需品を購入する補助金を支給する計画で、24時間体制で水質の観測に当たっているという。

ロシア自然資源部の関係者は、「我々は中国政府に事情説明を求めたが、まだ回答を得ていない」と話した。

ロシア外務省によると、北京のロシア大使館、瀋陽市のロシア総領事館などが中国の関連政府機関と綿密に連絡を取り合い、事態の行方を見守っている。

松花江ではここ5年間で3度の重大汚染事故が発生した。

2005年11月に、吉林市の石油化学工場の爆発で下流の黒龍江省やロシア、オホーツク海までベンゼンなどが流れる大規模な事故が発生、飲用水や漁業に影響を与えた。ロシアメディアの報道によると、その影響を受け、当時、両国政府は関連の協議を締結、国境地域と河川で発生した緊急事件を互いに通報すると義務付けた。しかし、今回の汚染事故について、中国政府は迅速にロシア側に通報しなかったという。

一方、7月30日に、環境保護機関は、吉林省を流れる松花江の水はすでに国家の規定水準に達したと公表、省内の水道水の供給を再開した。現地住民が本紙に寄せた情報によれば、水道水は以前に比べて色がついており、ゴミも混じっているという。

posted by はなゆー at 19:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

敦賀原発1号機:12機器の溶接部を40年間検査せず 

☆敦賀原発1号機 40年検査せず 12機器の溶接部
(毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100722-00000005-mai-soci

http://www.asyura2.com/09/genpatu6/msg/604.html

把握していなかった溶接部分は、原子炉の出力を制御する原子炉再循環ポンプ3台全部に計18カ所、重大事故時に作動するECCS(緊急炉心冷却装置)系統の逆止弁など9個の弁にあった。

posted by はなゆー at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

柏崎原発の営業運転開始にあたって「県民向けの説明会」は行わない

☆技術委、柏崎刈羽原発1号機の営業運転を了解 新潟
(産経新聞)

http://sankei.jp.msn.com/region/chubu/niigata/100721/ngt1007211951003-n1.htm

http://www.asyura2.com/09/genpatu6/msg/603.html

泉田裕彦知事への報告や県民向けの説明会などは行わず、1週間以内に議事録をネット上で公開して委員会の正式な報告とする。

posted by はなゆー at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

〔写真〕ドイツの廃坑に山積みされている核廃棄物

☆ドイツの核廃棄物問題:山積みの廃棄物
(7月9日のナショナルジオグラフィック)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100709-00000002-natiogeop-int.view-000

http://www.asyura2.com/09/genpatu6/msg/599.html

2008年には、1980年代以降、アッセ2から放射能を含む水が流出しているとの報告もなされた。加えて坑道そのものも荒廃が進んでおり、いつ崩落してもおかしくない状況にある。

 
posted by はなゆー at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

秋田県湯沢市の「地熱発電」事業化調査「発電に蒸気量十分」 

☆「発電に蒸気量十分」 湯沢地熱が事業化調査公開
(河北新報)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100707-00000006-khk-l05

http://www.asyura2.com/09/eg02/msg/230.html

湯沢地熱の中西繁隆社長は「想定通りの蒸気量で、非常に有望な場所。今後、経済性を含めて事業化を検討していく」と話した。

posted by はなゆー at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔六ヶ所村〕高レベル放射能廃液が地下水に混入し汚染した疑惑

青森県六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場に近接する尾駮(おぶち)地区の井戸では、ストロンチウム90の値が全国平均値の七倍以上という驚くべきデータが「青森県原子力施設環境放射線調査報告書(平成二一年度第三四半期)」に掲載されている。



☆六ヶ所村の施設から大量の放射性物質 (きっこの日記)

http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20100706

青森県の核燃料再処理工場(六ヶ所村)に隣接する地区の井戸水から、全国平均の7倍を超える放射性物質のストロンチウム90が検出されていたことが分かった。

(略)

今回、「三陸の海を放射能から守る岩手の会」の調査によって発覚した六ヶ所村の核燃料再処理工場に隣接する地区の数値は14ミリベクレルで、全国平均の7倍であった。また、これまで全国でトップだった福井県の高速増殖原型炉「もんじゅ」に隣接する地域の6.7ミリベクレルの2倍以上でもある。




☆六ヶ所再処理工場近接する井戸でストロンチウム90検出
(薔薇、または陽だまりの猫)

http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/bd4ce0b71a519bf11922269fbc4b11f5

http://www.asyura2.com/09/genpatu6/msg/597.html

化学試験開始の翌年の平成一五年以降黒点のストロンチウム90の濃度が上がってきています。

ウラン試験、アクティブ試験と上昇傾向にあり、さらに昨秋、急上昇しました。




東海アマ管理人
http://twitter.com/tokaiama/statuses/17862522762
六カ所村井戸でストロンチウム90が7倍以上検出された問題、
再処理工場で1年以上前に行方不明になったままの134リットルの高レベル放射能廃液が地下水に混入汚染した疑い 



東海アマ管理人
http://twitter.com/tokaiama/statuses/17862733718
六ヶ所村再処理工場の姿勢は水俣チッソ以上にデタラメ、徹底した隠蔽体質、監督すべき原子力保安院も原燃となれあいで隠蔽に協力、国会調査にも協力しない。このままでは青森県民、子供達はラアーグ
http://www.news.janjan.jp/world/0812/0812030841/1.php http://www.greenpeace.or.jp/nuclear/lmec/appeal-lmec.html
なみの放射能被曝による白血病とガン、奇形の地獄に堕とされるのは確実、ただちに工場停止を 命がかかる




東海アマ管理人
http://twitter.com/tokaiama/statuses/17780550631
日本政府が六ヶ所村再処理工場の監査を行わないとすれば、チッソ水俣病に匹敵する戦後最悪の重大企業犯罪だ! 
マスコミはなぜ報道しないのか? 
これがどれほど恐ろしいことなのか核・放射線関係者なら誰でも背筋に寒気が走るはず。
明確にもっとも危険な放射能汚染が発生している!! 

 
              ↓


☆134リットルの高レベル核廃液が蒸発?行方不明 再処理工場内で放射能漏れ発生 
(JANJAN。2009/02/08)

http://www.news.janjan.jp/living/0902/0902076966/1.php

「高レベル放射性廃液が漏れる」という重大事故が、六ヶ所再処理工場(青森県六ヶ所村)で起きている。タンクなどから漏れた134リットルの濃縮した高レベル廃液が行方不明で、環境中への放出も疑われる。

(略)

最初の事故は1月21日、高レベル廃液ガラス固化建屋のセル(コンクリートで密閉した部屋)内に漏れた液体を調べたところ、放射能濃度が高かったことをきっかけに、高レベル廃液の配管からの漏れを監視カメラで発見した。

日本原燃は「高レベル廃液の滴下という看過してはならない事象」が起きたとして、1月30日に原子力安全・保安院に調査報告書を提出し、同日の社長記者会見で発表した。しかし、地元紙の報道では2回目の漏れが2月1日にも起き、前回と同じ箇所から約1ミリリットル漏れたと伝えた。




☆蒸発した高レベル核廃液の放射能いまだ行方知れず
(JANJAN。2009/02/24)

http://www.news.janjan.jp/living/0902/0902238111/1.php

ヒアリングの2日前、2月10日に日本原燃が発表した報告書には、主排気塔などの放射線モニターの観測値が示されている。しかしそのデータは1月17日以降のものばかりだ。原燃の報告ではタンク(供給槽A)から高レベル廃液が漏れ始めたのは1月9日のことで、17日以降にはセル内に取り付けられた漏洩に関する各種の警報が鳴っているが無視し続け、漏洩は21日まで続いた。

セル内の換気設備には放射能を取り除く各種のフィルターがあるが、除去できる放射能の粒子の大きさや種類は限られている。原燃は漏れた高レベル廃液の大部分は蒸発したとしているが、セルの中で気体になった放射能は種類によってフィルターを通り抜け大気中に放出されるものがある。これだけ大量の放射能が漏れて行方不明となっている状態では、ある程度の放射能が環境中に放出された可能性は高い。

(略)

ある青森県職員は、原燃が何度も廃液漏れ警報を無視したことなどに対し、「保安院がもっと厳しく事業者を指導しなければだめです。青森県民が一番心配してることは、漏れて蒸発してガスになった高レベル廃液の成分がどこにどれだけ行っているかというです。

これは青森で暮らしている人たち、農林水産漁業に従事している人たちの一番の心配(放射能による環境汚染)です。

posted by はなゆー at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

きっこの日記「六ヶ所村の施設から大量の放射性物質」

青森県六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場に近接する尾駮(おぶち)地区の井戸では、ストロンチウム90の値が全国平均値の七倍以上という驚くべきデータが「青森県原子力施設環境放射線調査報告書(平成二一年度第三四半期)」に掲載されている。



☆六ヶ所村の施設から大量の放射性物質 (きっこの日記)

http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20100706

青森県の核燃料再処理工場(六ヶ所村)に隣接する地区の井戸水から、全国平均の7倍を超える放射性物質のストロンチウム90が検出されていたことが分かった。人体や環境に悪影響を及ぼすストロンチウム90は、現在、全国の原発周辺400箇所で計測されているが、平成元年から21年までの平均値は2.08ミリベクレルと測定されており、この数値は人体や環境に影響を与えない数値とされている。

しかし、本来は自然界に存在しない放射性物質であるストロンチウム90による影響は、まだ解明されていない部分も多く、専門家の間からは「たとえ微量でも人体に蓄積すれば高い確率で白血病を引き起こす」との声も出ている。

今回、「三陸の海を放射能から守る岩手の会」の調査によって発覚した六ヶ所村の核燃料再処理工場に隣接する地区の数値は14ミリベクレルで、全国平均の7倍であった。また、これまで全国でトップだった福井県の高速増殖原型炉「もんじゅ」に隣接する地域の6.7ミリベクレルの2倍以上でもある。

ストロンチウム90は、半減するのに30年近くもかかる上に、人間の体内に入るとカルシウムと置き換わって蓄積されていき、長期間にわたって放射線を出し続けるため、たいへん危険な物質と言われている。

六ヶ所村の核燃料再処理工場では2008年まで行なわれていたアクティブ試験でも、クリプトン85をはじめとした大量の放射性物質を大気中へ放出していたが、青森県と原燃は検知データを3分の1に改ざんして過小報告していたことが分かっている。




東海アマ管理人
http://twitter.com/tokaiama/status/17780550631
日本政府が六ヶ所村再処理工場の監査を行わないとすれば、チッソ水俣病に匹敵する戦後最悪の重大企業犯罪だ! 
マスコミはなぜ報道しないのか?
これがどれほど恐ろしいことなのか核・放射線関係者なら誰でも背筋に寒気が走るはず。明確にもっとも危険な放射能汚染が発生している!! 


takapapacom
http://twitter.com/takapapacom/status/17806456871
人工的に作られる放射性同位体としてストロンチウム90は、体内に入ると電子配置・半径が似ているため、骨の中のカルシウムと置き換わって体内に蓄積し長期間に亘って放射線を出し続ける。このため大変危険である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%A6%E3%83%A0



東海アマ管理人
http://twitter.com/tokaiama/status/17829173924
放射線管理やったが、上司・会社の言いなりに都合の悪い事実を隠蔽する姿は腐るほど見たが、危険なデータを良心に従って公表した技術者を見たことは皆無。フィルムバッジ被爆時にも無被曝の真っ白フィルムを提出させられた。すべての放射線管理がこのように行われてる



●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


あれさん
http://twitter.com/aresan_nishioka/status/17775862396
「六ヶ所再処理工場に近接する尾駮(おぶち)地区の井戸でストロンチウム90の値が全国平均値の7倍以上」



三陸の海を放射能から守る岩手の会

(注:PDFファイルである)
http://bit.ly/aPgURT



●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○




〔PDF資料〜尾駮沼(六ヶ所村)の放射性物質「ヨウ素129」が急上昇〕

平成20年度・放出放射能環境分布調査報告書。


Chapa@Free Gaia
http://twitter.com/kamitori/statuses/12201156980
六ヶ所村尾駮沼の生物中ヨウ素129が急上昇

(PDFファイル)
http://bit.ly/aXwps3


「三陸の海・下北の大地を放射能から守ろう」ホームページ
http://bit.ly/aO6vof




Chapa@Free Gaia
http://twitter.com/kamitori/statuses/12199782658
ここ数年、再処理工場に隣接する尾駮沼のプランクトンや藻類など生物のヨウ素129の濃度が以前よりはるかに高くなっており、太平洋沿岸の海水のトリチウムの濃度も三陸海岸にそって高くなっています。

              ↓

☆六ヶ所村再処理工場周辺の放射能汚染 (中村隆市ブログ)

http://www.windfarm.co.jp/blog/blog_kaze/post-1782

試験運転の開始以来、再処理工場は放射性物質を上空および太平洋に排出し続けています。ここ数年、再処理工場に隣接する尾駮沼(おぶちぬま)のプランクトンや藻類など生物のヨウ素129の濃度が以前よりはるかに高くなっていること(※1)や、太平洋沿岸の海水のトリチウムの濃度が三陸海岸にそって高くなっていたこと(※2)などがわかっています。


※1 「平成20年度放出放射能環境分布調査報告書」(財団法人環境科学技術研究所)

※2 「平成20年度海洋環境放射能総合評価事業成果報告書」(文部科学省原子力安全課)



●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


☆六ケ所・尾駮沼にトリチウム/県・原燃が報告
(2007年10月13日の「東奥日報」)

http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2007/20071013151656.asp

 県原子力施設環境放射線等監視評価会議評価委員会が十二日、青森市で開かれ、県と日本原燃が、本年度第1四半期(四−六月)に測定した六ケ所六ヶ所村周辺の空間放射線や、農水産物の放射能濃度のデータを公表した。再処理工場に近い尾駮沼でトリチウム

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E9%87%8D%E6%B0%B4%E7%B4%A0

濃度が平常の変動幅を上回るなど、アクティブ試験(試運転)の影響で一部の測定値がわずかに上昇したものの、評価委は「おおむねこれまでと同じ水準だった」と結論付けた。

 尾駮沼では、四月十七日に二地点から採取した水から、一リットル当たり二−三ベクレルのトリチウムが検出された。これまでの採取では、すべて数値として示されない「定量下限値未満」だった。再処理工場からは四月六、七、十四日に液体廃棄物の海洋への放出があり、県はトリチウムを含んだ海水が同沼に流入したものとみている。ただ県は「仮に直接沼の水を飲んだとしても、健康に全く影響がないくらいの低い値」と説明している。

 評価委は東北電力・東通原発周辺の第1四半期の空間放射線などについても、これまでと同じ水準だった−とした。




☆六ヶ所村でトリチウムを検出 (壊れる前に…)

http://eunheui.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_80cf.html

再処理工場に近い尾駮沼で4月17日に採取した水から、3月までの調査ではいつも「定量下限値未満」だったトリチウム(水素の同位元素)が初めて検出されたことを伝えています。

タグ:きっこ
posted by はなゆー at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

六ケ所村近接の井戸から全国平均値の7倍以上のストロンチウム90

青森県六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場。


あれさん
http://twitter.com/aresan_nishioka/status/17775862396
「六ヶ所再処理工場に近接する尾駮(おぶち)地区の井戸でストロンチウム90の値が全国平均値の7倍以上」



三陸の海を放射能から守る岩手の会

(注:PDFファイルである)
http://bit.ly/aPgURT

posted by はなゆー at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

配管の不具合で東海第2原発の原子炉を停止 

東海第2原発(茨城県東海村)。原子炉を停止した後に燃料を冷却するための熱交換器に海水を送るポンプの流れが悪くなり、検査のために原子炉を停止。


☆配管の不具合で原子炉停止 東海第2原発 (共同通信)

http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010062501001084.html

http://www.asyura2.com/09/genpatu6/msg/591.html



posted by はなゆー at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

原発の地元の無所属地方議員に電力会社が「当選祝い金」を支出か

渡瀬義孝
http://twitter.com/yoshitaka_w/status/16354210711

浜岡原発を考える会・伊藤実さん講演(3)
「選挙で当選すると、無所属の人には中部電力が500万から800万くらいの当選祝い金を出しているらしいんですよ。当選祝い金を貰うと何も言えなくなる。噂では聞いてけど、実際あるんですよね」


           ↓

http://ihope.jp/2009/08/21090247.html

 96年は行政、中電が相当な攻勢をかけて、議会も混乱したみたいです。議員なんか全然ダメですからね。

 95年に町議会の選挙があって、私の先輩が原発反対だから応援してくれって言ってきたもんですから、私は選挙の幹事長になってなんとか当選させようと頑張ったら当選したんです。

 そうしたら、その議員、二ヶ月経ったら「原発賛成だ」って言うんですよ。公約違反じゃないかと色々言ったんだけど・・・

 分かったのは選挙で当選すると、無所属の人には中部電力が500万から800万くらいの当選祝い金を出しているらしいんですよ。当選祝い金を貰うと何も言えなくなる。噂では聞いてけど、実際あるんですよね。

 それで私たちは町会議員を引退した人にその事を尋ねたら、「俺の時は500万だったけど、今は1000万くらいじゃないの」とか軽々しく言う訳です。こういう贈収賄になるんですね。

 町の有力者とかPTAの会長にまで金品が来るんです。私が中学のPTAの副会長やったときもお歳暮だとか色々くるんですよ。「私は原発反対だから中部電力から貰ういわれは無い」といったら、それから来なくなりましたけども。

 そういう風に、金で黙らせるってやり方をずっとやられたもんだから、議会も選挙の時は、「原発の安全確保には苦言を呈する」とか上手いこと言うんですが、一回当選しちゃうと中電の下僕になっちゃって、全然住民の意思と裏腹な事をやってるんですよ。これは浜岡だけの問題じゃないらしいんですけども。


posted by はなゆー at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

〔一覧表〕六ヶ所村核燃料再処理工場が海に放出してきた「放射性廃液」

Anti KaminosekiNP
http://twitter.com/EscKaminosekiNP/status/16288932681

こりゃひどい / プルトニウム工場廃液表〜
青森県六ヶ所村にあるプルトニウム工場(核燃料再処理工場)が2006年3月に稼働してから,これまで海に放出してきた放射性廃液の一覧です.

            ↓

http://www014.upp.so-net.ne.jp/hamaoka/list/discharge.htm

六ヶ所村ラプソディー(DVD) ◆20%OFF!

六ヶ所村ラプソディー(DVD) ◆20%OFF!

価格:4,032円(税込、送料別)

posted by はなゆー at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする