前の記事 TOP 次の記事

2010年02月21日

【人民裁判】マスメディアによる「小沢一郎叩き」がさらに加熱

岩上安身
http://twitter.com/iwakamiyasumi/status/8860466370
どこの社の社会部なのか、伏せておく。通常、会議に出席しないような上層部のお偉方まで列席して、大会議が行われた。中身は、とにかく叩く、今まで以上に調べて、何でもいいから叩く、という厳命。検察敗北、終戦というのは認識が間違っている。まだまだ、メディア財閥が解体されるまで、攻撃は続く。


岩上安身
http://twitter.com/iwakamiyasumi/status/8861166204
歴史のかなたの話ではない、今まさに起きている現実。大マスコミの幹部が、白昼、リンチの大号令を下す。狂気の沙汰です。もう、彼ら自身でも、止められない。この話を伝えてくれた内部の人間は、行き着くところまで行くと、あきらめ顔。




岩上安身
http://twitter.com/iwakamiyasumi/statuses/9380479245
「断固、戦う」と言っていた小沢氏が、不起訴処分前後から、全面対決のトーンを弱めたことについて、取り引きでもあったのではないか、という疑いが一部で囁かれている。私も、同様の懸念について、不起訴発表直後にツィートしたが、今は懐疑的。というのは、検察側の攻撃的な姿勢に変化がないからだ。



岩上安身
http://twitter.com/iwakamiyasumi/statuses/9380587205
ある大手マスコミの社会部の人間と、今日、話した。「検察と警察の公安部からのリーク、今でも、連日、ありますよ」と、その人物は言う。「『あそこの土地を調べたらどうだ』とか、『あの取引は怪しい』とか。調べて、報じろ、騒いで、風を吹かせてくれ、ということです」・・・


岩上安身
http://twitter.com/iwakamiyasumi/statuses/9380677803
「会社は、人員を動員して、金もかけて調べ続けてます。みんな、社の方針や検察・警察のリーク攻勢について、何も言わない。黙々と業務をこなしています。皆が気にしているのは上司の評価だけ。社のトップの命令として、何でもいいから小沢を叩けと言われているから、絶対に逆らえませんから」


岩上安身
http://twitter.com/iwakamiyasumi/statuses/9381029263
「仕事ですからね、リークされたところはしらみつぶしに調べます。でも、水谷建設の話より、もっと無理筋だったりする。思うことはあっても、絶対に顔には出しません。この話、書くなら、絶対に、うちの社とか、自分だと特定されないようにしてくださいね。わかるようなら、もう話しませんから」


岩上安身
http://twitter.com/iwakamiyasumi/statuses/9381243874
今ツィートしたのは、取材して得た証言の、ほんの一部。こんな動きを見ていたら、検察と小沢氏側の手打ちはなかった、と見るのが常識。仮に形だけ行われたとしても、検察側は、守る気はさらさらない、ということ。停戦のふりをして攻撃。まさに仁義なき戦い。



《おまけ》

205 :四代目@また官僚とマスコミの勝ちだね
◆Wg12u2MAZU :2010/02/08(月) 22:33:03 ID:wOfckd/h
(注:小沢幹事長が区切りの良いところで幹事長を辞任するという民主党の内部情報をうけての発言)

なぜ、幹事長辞任したかというと、大手マスコミが、「検察が起訴できないのなら、私たちが【議員辞職】に追い込みましょう」という共同戦線を張ったから

ここでのキーポイントは、【幹事長辞任】ではなく【議員辞職】ってこと

●●●●(注:某巨大新聞社の最有力者。原文はカタカナ4文字。本名ではなく、愛称)は役員室にスタッフ呼んで、議員辞職するまで政治社会紙面の10%以上を小沢バッシング、民主党バッシングに充てるよう指示を出したさらに、極めて異例なプロジェクトチームが組まれた

どんな些細なことでも、小沢バッシングに繋がる情報を集めるプロジェクトチームだね

このチームは、小沢ガールズ周辺にも調査を開始した
バッシングできるならなんでもやる調査ね



posted by はなゆー at 03:59 | 時事(国内)

前の記事 TOP 次の記事




Powered by Seesaa