2009年02月19日

スイス銀行最大手が米顧客の課税逃れへの加担を認めた

☆スイス銀行最大手、米顧客の課税逃れへの加担認め罰金支払いへ (CNN.co.jp)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090219-00000021-cnn-int

http://www.asyura2.com/09/hasan61/msg/608.html

司法省によると、同銀スタッフは米国をたびたび訪れ、課税回避が可能なスイス金融界の秘密主義を材料に顧客を募っていたとしている。




posted by はなゆー at 21:24| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔出版不況〕米プレイボーイ社が身売り検討 

男性娯楽誌「プレイボーイ」などを発行する米雑誌出版大手プレイボーイ・エンタープライゼズは、会社売却を検討していることを明らかにした。


☆米プレイボーイ、身売り検討 (時事通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090219-00000058-jij-int

http://www.asyura2.com/09/hasan61/msg/607.html



●全国基本送料無料!地上最強の美女たち!チャーリーズ・エンジェルコンプリート1st シーズンD...
posted by はなゆー at 19:47| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カリブ海の仏海外県グアドループでゼネストが暴徒化

 カリブ海の仏海外県グアドループ(Guadeloupe)で、物価高に抗議するゼネストが暴徒化し、労働組合関係者1人が発砲により死亡したほか、事態収拾のため派遣されたフランスの憲兵隊も銃撃を受けるなど、緊張が高まっている。

 現地ではゼネストが約1か月間続いているが、今週に入って暴徒化したデモ隊が店舗や車に放火したり、丸太や冷蔵庫などで道路にバリケードを築くなどしており、フランス当局は18日までに警官隊と治安部隊など計280人を新たに派遣することを決定した。

 フランスはすでに治安部隊など数百人を現地に派遣している。18日夜にはゴシエ(Gosier)で憲兵隊がショットガンによる攻撃5発を受けた。この攻撃で負傷者は出ていない。

 物価高に抗議するストライキは、近隣の仏海外県マルティニク(Martinique)でも起きており、両県の観光業界に大きな打撃となっている。

ラベル:guadeloupe MARTINIQUE
posted by はなゆー at 18:24| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自民党の元総裁・副総裁と読売・日テレのトップが意見交換

自民党の森喜朗元首相と青木幹雄前参院議員会長、山崎拓前副総裁が会談した。


☆自民 森・青木・山崎3氏が意見交換 (毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090219-00000002-mai-pol

http://www.asyura2.com/09/senkyo59/msg/122.html

会談には渡辺恒雄読売新聞グループ本社会長兼主筆と氏家斉一郎日本テレビ放送網取締役会議長が同席した。



日本テレビとCIA
posted by はなゆー at 07:39| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔動画〕日本テレビ経済部の「原聡子」記者によるレポート

交渉の背景や霞が関の裏事情を交え、経済部で農水省を担当する原聡子記者が解説する。

http://www.news24.jp/64039.html



日本テレビとCIA
ラベル:原聡子
posted by はなゆー at 07:06| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画史料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔日露首脳会談〕日本外交がロシアに完敗した

☆日露首脳会談 4島返還放棄は歴史的汚点…北大名誉教授 (毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090218-00000117-mai-pol

http://www.asyura2.com/09/senkyo59/msg/120.html

麻生氏は島の「面積分割」による解決に言及したことがあり、ロシア側から「スキがある人物」と思われたのではないか。4島以外の解決はないと、なぜ側近たちが首相を制しなかったのか。

日本は第二次大戦後、サハリン(南樺太の主権)を犠牲にしている。そのサハリンに行って今回のような妥協をしたのは致命的な後退であり、日露交渉史の大きな汚点になる。



☆露メディア「ロシアの領土主権が保証された」 (産経新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090218-00000579-san-int

http://www.asyura2.com/09/senkyo59/msg/121.html

記事は「日本の首相がサハリンのロシアの領土主権を保証した」という見出しで、日本政府が帰属未確定としている南樺太を含むサハリンを、麻生首相が訪問することで「ロシアがサハリンに主権を有することをはっきりと、最終的に確認することになる」と、日本外務省当局者が語ったとしている。

記事はサハリンをめぐる日露間の交渉の経緯を振り返った上で、2001年、ユジノサハリンスクで日本の総領事館が活動を開始したことを踏まえ、「日本政府はサハリンも、その行政区内にあるクリール(千島列島)も、ロシアに帰属していることを言外に認めた」としている。



《阿修羅掲示板の論客の反応》

☆死に体麻生が外交成果を得ようとするのは危険だな。

http://www.asyura2.com/09/senkyo59/msg/117.html

SEN 117 2009/2/19 00:29:15
投稿者: かずや


麻生政権が死に体政権なのは、世界常識になっているので外交成果を得ようとすれば相手国に足元を見られとんでもない失態をしでかす恐れがあるな。

麻生がオバマと会談するそうだがアメリカは、麻生の弱みに付け込んであらゆる譲歩を引き出すのではないのか?

麻生が大失態をしでかさないように麻生の側近は、十分注意しろ!



明石元二郎
posted by はなゆー at 06:08| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする