2010年08月04日

イラン大統領の暗殺未遂事件が発生、死傷者出たが大統領は無事

deepthroat
http://twitter.com/gloomynews/statuses/20292211743
イラン西部ハマダンの街で、アフマディネジャド大統領の車列を狙った爆弾テロが発生。大統領は無事で、直後のイベントに出席した。大統領の側近及び記者団にけが人多数とのアル・アラビアニュース報道。  

           ↓

☆Iran rejects Ahmadinejad attack reports
(イラン「プレスTV」)

http://www.presstv.com/detail.aspx?id=137410§ionid=351020101

Speaking to Press TV, an informed source in Iran's presidential office has rejected as false the reports of grenade attack on Iranian President Mahmoud Ahmadinejad.

Some foreign news sources published reports that a grenade exploded near the motorcade of President Ahmadinejad during his visit to the western city of Hamedan on Wednesday.

The source denied the reports, saying no such attack took place.
posted by はなゆー at 19:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔AFP通信動画〕レバノン軍とイスラエル軍が交戦

Lebanese military leaders meet after border clashes with Israel

http://www.youtube.com/watch?v=qmcWPqLX2do

posted by はなゆー at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔アルジャジーラ動画〕イスラエルとレバノンが交戦

Clashes kill five in Lebanon

http://www.youtube.com/watch?v=opTE7QnY7m8

Three Lebanese soldiers, a journalist and an Israeli officer have been killed in a cross border clash between the two countries.

Another Israeli commander was critically wounded. Zeina Khodr reports from Adaisseh in Lebanon where the incident took place.

posted by はなゆー at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔動画〕駐アフガン自国兵の戦死でニュージーランド首相が緊急会見

John Key on the death of NZ soldier

http://www.youtube.com/watch?v=Tkec6svoIPs

PM expresses condolences as the first Kiwi soldier is killed in combat in Afghanistan


posted by はなゆー at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アフガニスタンで戦死したニュージーランド兵は28歳

☆NZ soldier killed in Afghanistan named
(ニュージーランド紙「ニュージーヘラルド」)

http://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=10663510

The New Zealand soldier killed in Afghanistan overnight was a decorated officer who had been in the army for five years.

Lieutenant Timothy Andrew O'Donnell, 28, died and two of his fellow soldiers were injured when their patrol was ambushed in the province of Bamyan.
posted by はなゆー at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アフガニスタンでニュージーランド兵に初の戦死者

☆NZ soldier killed in Afghanistan
(ラジオ・ニュージーランド)

http://www.radionz.co.nz/news/stories/2010/08/04/13bee3f9bdbf

A New Zealand soldier is dead after an attack during a patrol in Bamyan province, Afghanistan.

It's New Zealand's first combat death in that country.

Two other New Zealand personnel and an interpreter were seriously wounded.
posted by はなゆー at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

在日米軍が広報宣伝戦に「萌え」を投入し、多大な効果

deepthroat
http://twitter.com/gloomynews/statuses/20221186360
日本政府の思いやり予算増額を狙い、在日米軍が萌え系プロパガンダを開始。日米軍事同盟をマンガで過剰にわかりやすく説明した冊子を配布開始。横田基地では初版3万部を求め行列、すでに残数25部で大人気とか。


deepthroat
http://twitter.com/gloomynews/status/20221284314
在日米軍の萌え系マンガ冊子『わたしたちの同盟:永続的パートナーシップ』は米軍公式サイトで→
http://www.usfj.mil/Manga/


deepthroat
http://twitter.com/gloomynews/status/20222746402
噂によれば、在日米軍出版『わたしたちの同盟』の主人公は青い目の男の子『うさ君(Usa-kun)』が日本の女の子『新井杏(あらいあんず:Alliance)』ちゃん。うさ君は新井家に「ホームステイ」中とのこと。


deepthroat
http://twitter.com/gloomynews/status/20222998623
新井家にホームステイするうさ君は、杏を脅かすゴキブリを退治して言う:「次は二人で一緒にゴキブリ退治だ!」すると杏はゴキブリ退治は辞退しながら言う:「でもあなたという友達が一緒に居てくれるおかげで安心ね。」 この暗喩には苦笑。ゴキブリって・・・



☆Manga to promote US-Japan military alliance
(英国BBC)

http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-pacific-10851195

The first Japanese-language manga comic, entitled Our Alliance - A Lasting Partnership, will be posted online on Wednesday.

In it the young girl, Arai Anzu - which sounds like alliance when pronounced by a Japanese person - asks the boy, Usa-kun - a play on USA - why he is protecting her house.

"Because we have an alliance," he says. "We are 'Important Friends'."

"It's good to have a friend you can rely on to go with you," the little girl concludes.




《おまけ》

☆プロパガンダ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%91%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80

国家が戦争を遂行するためには、国民に戦争するしか道がないことを信じ込ませるために国策プロパガンダが頻繁に行われる。イギリスの政治家アーサー・ポンソンビーは、第一次世界大戦でイギリス政府が行った戦争プロパガンダを分析して、以下の10の法則を導きだした。

1. われわれは戦争をしたくはない。
2. しかし敵側が一方的に戦争を望んだ。
3. 敵の指導者は悪魔のような人間だ。
4. われわれは領土や覇権のためではなく、偉大な使命(大義)のために戦う。
5. われわれも誤って犠牲を出すことがある。だが、敵はわざと残虐行為におよんでいる。
6. 敵は卑劣な兵器や戦略を用いている。
7. われわれの受けた被害は小さく、敵に与えた被害は甚大。
8. 芸術家や知識人も正義の戦いを支持している。
9. われわれの大義は神聖なものである。
10. この正義に疑問を投げかける者は裏切り者である。

フランスの歴史学者であるアンヌ・モレリは、この10の法則が第一次世界大戦に限らず、あらゆる戦争において共通していることを示した。そして、その著作の日本語版の辞のなかで、「私たちは、戦争が終わるたびに自分が騙されていたことに気づき、『もう二度と騙されないぞ』と心に誓うが、再び戦争が始まると、性懲りもなくまた罠にはまってしまう」と指摘している。



☆総統の顔
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%8F%E7%B5%B1%E3%81%AE%E9%A1%94

『総統の顔』(そうとうのかお、原題:Der Fuehrer's Face)は、ウォルト・ディズニー・プロダクション(現:ウォルト・ディズニー・カンパニー)が制作したアニメーション短編映画作品。公開は1943年1月1日。1943年アカデミー短編アニメ賞受賞作品である。

第二次世界大戦中にドナルドダック・シリーズ第43作として製作された短編映画で、当時の独裁国家をアニメで風刺したもの。その舞台となる町は作品中では『ナチランド』として描かれ、ヒトラーの独裁政権下に置かれていた当時のドイツ国をイメージしている。



町中にハーケンクロイツが立ち並ぶ独裁政権の「ナチランド」。簡素な家に暮らす主人公のドナルドは、朝から軍人らが楽器を演奏し歌う軍歌に朝寝もゆっくりできないと頭を抱えていた。

ドナルドは起床早々朝からアドルフ・ヒトラー、昭和天皇、ベニート・ムッソリーニの絵に敬礼させられ、二度寝したくても軍隊に銃剣につつかれてそれは叶わない。朝食には「ベーコンエッグの香り」という物質のニオイをかいでオカズにし、のこぎりで切るほど固い食パンを前歯でかじって食べるという不自由な暮らし。さらには、軍隊に無理矢理連行され兵器工場でこき使われることに。

工場では、延々と砲弾を製造するも一向に終わりがない。その上、大量のアドルフ・ヒトラーの肖像も砲弾と一緒に生産ラインに流れてきたためその一つ一つに律儀に敬礼もしなくてはならない。少しでも愚痴をこぼそうものなら四方から銃剣を突き付けられ、休憩時間は下手な山の絵がかかる貧相な部屋で過ごす。

その後、放送で演説を聴かされる羽目になり、大量の砲弾がラインに流れてきて混迷のあまりドナルドは倒れる。頭がおかしくなったドナルドは、空想の世界に飛び込んでしまい、様々な砲弾が行き交う世界に迷い込む。

しかしそれは夢で、星条旗のパジャマを着たドナルドは正真正銘のアメリカ人。目覚めると窓際から伸びていた物影をヒトラーと一瞬勘違いをするものの、それは自由の女神像のミニチュアだった。喜びのあまりそれに熱烈なキスをし、アメリカ国民であることを心から喜ぶドナルドであった。


posted by はなゆー at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルはイランではなく「シリア」を攻撃するような雰囲気

ynetnews.com(イスラエル)
http://twitter.com/ynetnewscom/status/20221299866
US official: Nuclear inspection in Syria possible

         ↓

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-3929625,00.html

The United States ambassador to the UN's International Atomic Energy Agency says member nations will likely consider a special inspection of Syria to answer nagging questions over its nuclear activities.

posted by はなゆー at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする