2008年06月12日

民主党上層部が前原誠司氏に近い議員たちを締め上げ

「文藝春秋」7月号より。

http://www.bunshun.co.jp/mag/bungeishunju/akasakataro/index_2.htm

http://s04.megalodon.jp/2008-0612-2029-38/www.bunshun.co.jp/mag/bungeishunju/akasakataro/index_2.htm

民主党幹部らは、「前原の政治音痴には呆れる」と言いつつ、福山哲郎ら小泉、小池、前原会談に同席した参院議員らを締め上げ、次の会合への出席を止めさせた。野党が多数を占める参院の離党組の数がそろわなければ、衆院の前原が少数で飛び出たとて、与党の誰も喜びはせず、再編の衝撃もない。いわば前原を干しあげることで、中連立構想の芽を早々と摘み取ったのだ。


★前原氏本人ではなく、その周辺を締め上げるのは、中国兵法で言うところの「打草驚蛇=草を打って蛇を驚かす(蛇を直接叩くことを目的とするのではなく、蛇を叩く代わりに草を叩いて蛇の状況を把握する)」であり、理にかなっている。



小早川 秀秋(こばやがわ ひであき)
posted by はなゆー at 20:53| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック