2008年06月13日

尖閣諸島事故で台湾首相が「日本との戦争も排除しない」

☆尖閣諸島事故 「開戦も排除しない」 議会答弁で台湾首相 (毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080613-00000087-mai-int

http://www.asyura2.com/08/asia11/msg/400.html

沖縄県石垣市の尖閣諸島・魚釣島(台湾名・釣魚台)付近の日本領海で10日、台湾の遊漁船が日本の巡視船と接触し沈没した事故をめぐり、台湾の劉兆玄・行政院長(首相)は13日、日台間の領有権争いに関する議会答弁で「最後の手段として開戦も排除しない」と発言した。



【Aポイント+メール便送料無料】 水谷豊 / TIME CAPSULE (CD)
posted by はなゆー at 21:21| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメント欄がバカばっかりで笑える
「飼い犬に手を噛まれた」ってアメリカの飼犬の分際で犬飼ってるのかよw
Posted by ike at 2008年06月13日 22:20
感情的になって殺人沙汰になったら大変だ。
日本も台湾も中国も儲かる方法があるでしょ。三方一両損でもいいし。
外務省の中にも頭を使える人はいっぱいいるはずです。外交で解決できます。戦争に突入なんて論外。
庶民が大損させられてしまう。
Posted by 反戦とうちゃん at 2008年06月14日 03:56
大丈夫、戦争にはならないよ。
幸い、中台の指導者は馬鹿じゃないし、今んトコ日本もゲリゲリとかユーセーユーセーじゃないからね。
(尤も、ゲリゲリとかだと、戦前の利権による結びつきが強過ぎ、矢張り『飼い犬』を「猫可愛がり」しがち。)
本当は、B層右翼が傲慢にも『飼い犬』って思ってる面々は、もう台湾政界の片隅にすら残ってないんだけどさ!金の切れ目が縁の切れ目さ。
『台湾の出島』=「日本のコメンテーター」に残ってるのは幻影だけなんだよ。
現台湾総統は、却って就任が決まると顔が青褪めていたんで、意外と名政治家になるかも知れないよ?重責をヨク理解してる。
まだ、僅かながら台湾が日本に組み掛かろうものなら、中国が後ろから撃って来る可能性が残っている場合に、軽挙妄動は決してしまい。
Posted by 田仁 at 2008年06月14日 17:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック