2008年06月15日

〔クリップ〕「永田偽メール」に関する、当時の記事いくつか

☆偽メールを仕掛けたのは、自民党に近い筋ではなかったのか?  (論壇・記者倶楽部)

http://www.asyura2.com/0601/livedoor1/msg/644.html

投稿者 ニッテラン 日時 2006 年 3 月 30 日

当記者倶楽部は3月23日付で 「偽メールの作成者は女性国会議員秘書」と語った全国紙政治部記者のコメントを載せたが、「真偽については、まだ確認できない」という。

そして、さらに、こう続ける。

「この偽メールを仕掛けたのは、自民党に近い筋ではなかったのか。自民党側は、永田議員の国会質問の前に 『ガセだ』 と自信をもっていた。民主党よりも、偽メールに近い距離にいたということだろう」 (前出・記者)


☆ガセメールは小泉の陰謀 by 実話GON!ナックルズ

http://www.asyura2.com/0601/livedoor1/msg/642.html

投稿者 コマ落としの銀次 日時 2006 年 3 月 30 日

西澤孝のガセメールに関して、本日発売の実話GON!ナックルズに「小泉純一郎の陰謀」とする特集記事があり、興味深い記述がある。

今回のガセメールは、官邸のラスプーチンと言われる小泉側近Iの仕掛けと言う。今回のガセメールは、西澤に情報を持ち込んでメールを書かせたのは某全国紙の記者で、この記者がいたからこそ、永田議員は西澤のメールを信じたというのである。この新聞記者を動かしたのはIである。ということだ。


☆野田氏 「堀江メール」経緯説明 [産経新聞]

http://www.asyura2.com/0601/livedoor1/msg/608.html

投稿者 white 日時 2006 年 3 月 22 日 00:21:07

永田寿康衆院議員が二月八日か九日にメールの写しを「すごい情報が入りました。見てください」と持ってきた。「From(送信者)はライブドアの堀江貴文前社長だから消す必要はないのでは」と問うと、「ごく一部の限られた人に送受信する関係なので(アドレスに)特徴がある。情報提供者が絞られるので消している」との説明だった。口座送金(の不自然さ)については「そこは堀江前社長だから、ほかの人とは違う」とのことだった。


☆謀略の仕掛け人は小泉側近 [佐藤立志のマスコミ日記]

http://www.asyura2.com/0601/livedoor1/msg/538.html

投稿者 white 日時 2006 年 3 月 07 日

昨日の東京スポーツで週刊現代の元編集長の元木昌彦が、おもしろい情報を書いていた。

「ベテラン事件記者は、これは「謀略だ」と断じた。それも、仕組んだのは小泉の側近だというのだ。側近は武富士事件にからんで逮捕された情報屋と親しく、その手先として動いていたのが「週刊P」をクビになったA記者で、耐震偽装やBSE、堀江問題などで死に体になりかけていた小泉首相を助けるべく、仕掛けた」

側近は言わずと知れた、ある官邸のラスプーチン。そしてあの情報屋w。役者が揃いましたね。これに学会が加わると野口他殺説よりもこっちの方が、よっぽどおもしろい。


☆かなり眉唾ものだが、あり得ない話ではない。

http://www.asyura2.com/0601/livedoor1/msg/540.html

投稿者 南青山 日時 2006 年 3 月 08 日

某略説の最大の根拠は、目が泳ぎまくっていた武部会見のすぐ後に「ガセネタ」と小泉が言い切ったことのようだ。

この官邸謀略説が出てきたときにはまさかと思ったが、いろいろな情報かく乱戦の一環として、この謀略メールもあったと考えると、謀略説もいかにもありそうに思えてきた(これほど大騒動になると、もし謀略であることが発覚するとそれはそれで大変なことになる)。

これほど大騒動になることを最初から期待しないで、小騒動くらい巻き起こればいいと、いろいろ手だてを尽くした中の一つ、というのなら納得ができる。

小騒動で四点セットを少しでもはぐらかすことができれば万々歳、というわけだ。

アホ民主党議員がもろに引っかかり、アホ党首までもが党と自分自身の命運を賭けてしまうとは、いくら謀略上手とはいえ思いもよらなかったことだろう(謀略説に立つならばの話だが)。



心理諜報戦
posted by はなゆー at 10:16| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック