2008年06月20日

米国下院のブッシュ弾劾決議案→911事変に乗じた悪質な世論誘導

6月11日米国下院がブッシュ弾劾決議案を可決
http://www.asyura2.com/08/wara3/msg/136.html
投稿者 不動明王 日時 2008 年 6 月 15 日


Article I
第I条

Creating a Secret Propaganda Campaign to Manufacture a False Case for War Against Iraq
イラクとの戦いを擁護する間違った論拠を捏造するため秘密の宣伝活動をしてきたこと


Article II
第II条

Falsely, Systematically, and with Criminal Intent Conflating the Attacks of September 11, 2001, With Misrepresentation of Iraq as a Security Threat as Part of Fraudulent Justification for a War of Aggression
侵略戦争を正当化するため、イラクが国防上の脅威になっているとして「イラクのテロリスト」による見せかけの2001年9月11日の攻撃を、不正に、組織的に、犯罪的な意図をもって実行したこと


Article III
第III条

Misleading the American People and Members of Congress to Believe Iraq Possessed Weapons of Mass Destruction, to Manufacture a False Case for War
間違った戦争を擁護する論拠を捏造し、イラクが大量破壊兵器を所有したと信じこませて米国民と国会議員をミスリードしてきたこと


Article IV
第IV条

Misleading the American People and Members of Congress to Believe Iraq Posed an Imminent Threat to the United States
イラクをアメリカ合衆国に対する差し迫った脅威と思わせて米国民と国会議員をミスリードしてきたこと

(略)

Article XXIV
第XXIV条

Spying on American Citizens, Without a Court-Ordered Warrant, in Violation of the Law and the Fourth Amendment
法律に反し、修正第4条違反を犯して、法廷命令による令状なしでアメリカ市民をスパイしてきたこと


Article XXV
第XXV条

Directing Telecommunications Companies to Create an Illegal and Unconstitutional Database of the Private Telephone Numbers and Emails of American Citizens
テレコミュニケーション会社に対し、アメリカ市民の個人的な電話番号と電子メールの違法で憲法に反するデータベースを作成するよう指示してきたこと

(略)

The full text of the articles is available at:
これら各項目の全文は、ここで読むことができます:

(注:PDFファイルである)
http://chun.afterdowningstreet.org/amomentoftruth.pdf


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


正確な情報を入手:6月11日米国下院がブッシュ弾劾決議案を可決
http://www.asyura2.com/08/wara3/msg/178.html
投稿者 不動明王 日時 2008 年 6 月 17 日


確かに日本の新聞のサイトで検索しても記事はありませんでしたが、NY Timesや Washington Post の記事を読むと、ブッシュ弾劾が議会で決議されたのではなく、クチニッチ(?)議員(注:デニス・クシニッチ下院議員)の提出した、ブッシュ弾劾法案を、司法委員会に送ることが、251票対156票で決まったと言うことのようです。そして、その法案は、そこでブッシュ大統領に任期満了までは取り上げられず、法案は静かな死を迎えることになるであろう、とも書かれています。

(略)

司法委員会に送付する下院での決議を251票対156票の多数決で通過しただけでも大変な出来事です。


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


すいません、1箇所だけ、ちょっと・・・。9・11に関して。
http://www.asyura2.com/08/wara3/msg/164.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2008 年 6 月 17 日


ただ、1箇所、9・11に関するご翻訳にやや無理があるような気がします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Falsely, Systematically, and with Criminal Intent Conflating the Attacks of September 11, 2001, With Misrepresentation of Iraq as a Security Threat as Part of Fraudulent Justification for a War of Aggression

侵略戦争を正当化するため、イラクが国防上の脅威になっているとして「イラクのテロリスト」による見せかけの2001年9月11日の攻撃を、不正に、組織的に、犯罪的な意図をもって実行したこと
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とご翻訳の部分なのですが、

これは正確には

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
侵略戦争に対する詐欺的な正当化の一部として、2001年9月11日の攻撃とイラクに関する虚報を、安全保障上の脅威として、不正に、組織的に、犯罪的な意図をもって結び付けたこと
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と訳すべき箇所だと思います。イラク戦争の開戦理由はデタラメの集合体なのですが、さらに加えてそれと9・11を結び付けて反対派を封じ込め、米国民を戦争に向かわせた、ということです。


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

6月11日米国下院がブッシュ弾劾決議案を可決--第2条の解釈について
http://www.asyura2.com/08/wara3/msg/143.html
投稿者 NEO 日時 2008 年 6 月 15 日

ところで、第2条に関してですが、

Article II
第II条

Falsely, Systematically, and with Criminal Intent Conflating the Attacks of September 11, 2001, With Misrepresentation of Iraq as a Security Threat as Part of Fraudulent Justification for a War of Aggression

は、Conflatingがメインですから、
(偽って、組織的に、犯罪的な意図をもって)「911での攻撃とイラク侵略戦争へ導く為のデマを結びつけた」が趣旨で、
イラクに関しては、「侵略戦争を詐欺的に正当化する理由の一部として国防上の脅威になるという誤った主張」に関係づけられたと言っているのではないでしょうか?

ちょっと面倒な文章ですが、まとめると

2001年9月11日の攻撃を、侵略戦争を詐欺的に正当化する理由の一部として イラクが国防上の脅威になっているという間違った主張と、偽って、組織的に、犯罪的な意図をもって結びつけたこと。

ぐらいな感じではないかと思いますが、いかがでしょうか。


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


一読の価値あり!!弾劾根拠に 「911調査の妨害」「イラク主権侵害・資源支配」「戦争プロパガンダ推進」を列挙。画期的。
http://www.asyura2.com/08/wara3/msg/142.html
投稿者 Wotan 日時 2008 年 6 月 15 日


同時に注目すべきは21条と思われます。
ご翻訳を引用しますと

「イランからの脅威を訴えて議会と米国民を誤解させ、イラン政府を倒すことを目的としてテロリスト集団をイラン国内で支えてきたこと」

とあります。

ここにイランとの融和が示唆されていると思われます。これでオクトーバーサプライズもなくなったかもしれません。

アメリカの戦略転換が大統領選レベルと並行して各層で進行していることを示していると思われます。

問題はこの戦略転換の先です。
より狡猾なブレジンスキー戦略を追究していく課題があると思います。


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


英語版ウィキペディア「Dennis Kucinich」の項→

http://en.wikipedia.org/wiki/Dennis_Kucinich

On June 9, 2008, Kucinich gave notice of his intention to introduce 35 articles of impeachment against President George W. Bush on the floor of the House of Representatives.

He officially offered his resolution the next day and the Clerk spent just under four hours reading the resolution into the House record. After the Clerk had finished reading the resolution, Kucinich moved to refer the resolution to the House Judiciary Committee; the House voted on June 11 to refer the resolution.

Calling it "a sworn duty" of Congress to act, Robert Wexler co-sponsored and signed, on June 10, 2008, Kucinich's Articles of impeachment for President Bush, and stated: "President Bush deliberately created a massive propaganda campaign to sell the war in Iraq to the American people and the charges detailed in this impeachment resolution indicate an unprecedented abuse of executive power."Democratic leaders Steny Hoyer and Nancy Pelosi opposed it and she announced that “she would not support a resolution calling for Bush's impeachment, saying such a move was unlikely to succeed and would be divisive.” The testimony will be offered on June 20 by former Bush press secretary Scott McClellan.

posted by はなゆー at 05:24| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ブッシュ弾劾決議案の委員会付託が下院で可決
Excerpt: (追記:当初の「下院を通過」は不正確で,「委員会付託を可決」と言うべきでしょう.タイトルを変えました.大統領弾劾の手続きについて調べたところ,英語版wikipediaしか見つかりませんでした.) ht..
Weblog: ペガサス・ブログ版
Tracked: 2008-06-20 07:59