2008年06月21日

東国原知事「宮崎県職員は農業に従事を」 

宮崎県の東国原英夫知事は、県議会一般質問で「農業の重要性を県民に知ってもらうため、県庁職員全員が農業に従事する半官半農運動が必要だと思う」と発言した。

☆東国原知事 「県職員は農業に従事を」 また“脱線”発言 (西日本新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080621-00000014-nnp-l45

http://www.asyura2.com/08/senkyo51/msg/327.html

本会議後、記者団に対し、知事は「耕作放棄地を1人1反ずつ受け持つとか、種をまいて農作物を育てるといった運動を検討してもいい。強制ではない」と説明した。

★「半官半農運動」なる新語が飛び出したが、日本の保守層は農本主義に共感する人が多いから、大衆迎合路線としては効果がありそうだが。



☆宮崎県産・完熟パパイヤ黒酢 宮崎県のセールスマン! 東国原知事のキャラクターが目印!
posted by はなゆー at 15:58| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この男は、他人の生活に立ち入って、ああせい、こうせいと言うのだなあ。
きわめて幼稚な思いつきで。

自分がまずやったらどうか。
そうしたら、できるかできないかわかるというものだ。

東国原といい、橋下といい、石原といい、なんだか同じなバ○男。
Posted by こいつはバカか at 2008年06月22日 06:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック