2008年06月24日

ジンバブエでは最大野党の党首がオランダ大使館に避難

ジンバブエ、野党議長がオランダ大使館に避難

ジンバブエの野党・民主変革運動(Movement for Democratic Change、MDC)のモーガン・ツァンギライ(Morgan Tsvangirai)議長が、首都ハラレ(Harare)のオランダ大使館に避難した。オランダのマキシム・フェルハーヘン(Minister Maxime Verhagen)外相のBart Rijs報道官が23日、発表した。

 同報道官はAFPに対し、「ツァンギライ氏は現在、一時的にハラレのオランダ大使館に避難している」と述べた。

 また、「22日にMDCより要請があった。フェルハーヘン外相は、ツァンギライ氏が安全を必要としているのであれば避難を認めようと判断した」と述べた。



posted by はなゆー at 07:33| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。