2008年07月01日

高齢者:善玉コレステロール値が低いと記憶力が低下する

善玉コレステロール値が低いと記憶力が低下する、仏研究報告

善玉コレステロール(HDL-C)が、高齢期における記憶力の維持に重要な役割を果たす。フランス国立衛生医学研究所(National Institute for Health and Medical Research、INSERM)の研究者らが、30日発行の学術誌にこうした研究結果を発表した。

 研究チームは、公務員の男女3673人を対象に、55歳時と61歳時の計2回、コレステロール値および記憶力を測定した。記憶力については、20個の単語リストを見せ、語をいくつ正確に覚えているかを測定した。

 すると、2回とも、HDL-Cが低いグループ(1デシリットルあたり40ミリグラム以下)では、HDL-Cが高いグループ(1デシリットルあたり60ミリグラム以上)に比べて記憶力低下のリスクが高いことが分かった。

 チームは、「善玉コレステロールが低いことと記憶力が悪いことには関連があり、善玉コレステロールが低いと中年以降に記憶力低下を招く」と結論付けている。

 研究の詳細は、米国心臓協会(American Heart Association)の学術誌「Ateriosclerosis, Thrombosis and Vascular Biology」に掲載されている。

posted by はなゆー at 19:03| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近の流行では、セトロニンとアドレナリンと血糖値の3低が、特に若年層男性のキレ易さの一因と見られてます。
Posted by 田仁 at 2008年07月01日 21:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック