2008年07月04日

貧困層増大で創価学会への入信者が増加する?

☆貧乏と新興宗教 (続・nanayaのひとりごと)

http://nanaya-dokugo.jugem.jp/?eid=50

http://www.asyura2.com/07/cult5/msg/463.html

入信者の収益が増えたというのは、ある程度事実ではあるようだ。つまり、「必ず買えるんだ」と信じ込んで、くさらず歩き廻り、熱心に家庭への飛び込みをやれば1日に3軒や4軒は払ってくれるものだ。その人の努力が“仏智”にすりかえられるだけなのだが、こうして収益があがればあがるほど“仏智”の効用は高まっていくのである。



イケダ先生の世界
ラベル:nanaya 創価学会
posted by はなゆー at 05:57| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック