2008年07月04日

石原都知事「宮内庁ごときが決めるべきことではない」

☆「宮内庁ごときが…」石原知事が反発 五輪招致の皇太子さまのご協力(産経新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080704-00000967-san-soci

http://www.asyura2.com/08/senkyo51/msg/628.html

2016年の夏季五輪開催を目指す東京都の石原慎太郎知事が皇太子さまに招致活動へのご協力を求めていることについて、宮内庁の野村一成東宮大夫は4日の定例記者会見で「招致活動の段階からかかわることは難しい」と述べ、実現は困難であるとの見通しを示した。

これに対し、石原知事は4日、訪問先の小笠原諸島・父島で記者団に「宮内庁ごときが決めるべきことではない」と反発。


★宮内庁が決めなくて誰が決めるというのだろう?皇族はその御立場上、「拒否する」とは言えないのだ。

★口先のみで帝を尊敬する権力者は古来より少なからず。



ワカタケル大王(上)
posted by はなゆー at 21:56| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック