2008年07月07日

東京地検が大野松茂官房副長官の土地取引疑惑に関心 

「親族の土地が次から次へと公用地に」

☆福田首相側近・大野官房副長官の底なし土地取引疑惑 (日刊ゲンダイ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080707-00000010-gen-ent

http://www.asyura2.com/08/senkyo51/msg/669.html

市長が親族の土地の隣に公園を整備し、その後、緑化保全名目で、親族の土地を公用地として買い上げさせたということだ。意図はともかく、構図はそう見える。

(略)

大野には、仲川市長の父親の恭平氏が組合長だった狭山茶農協(原文ママ)との土地取引をめぐる疑惑も取り沙汰されている。



感動の狭山茶
posted by はなゆー at 17:03| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック