2008年07月22日

柏崎刈羽原発でボヤ→1、2号機で出火 

柏崎刈羽原子力発電所。1、2号機のサービス建屋で、放射線監視用設備の電源から煙が出た。

☆柏崎刈羽原発でぼや=1、2号機で出火 ― 約30分後に鎮火確認・新潟 (時事通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080722-00000066-jij-soci

http://www.asyura2.com/07/genpatu4/msg/581.html

午前10時50分ごろ、発見した作業員が柏崎市消防署に通報し、電源を切断。消防が約30分後に鎮火を確認したという。


〔ヤフーニュースのコメント欄より〕

「小さなミスをくり返す企業は、必ず大きなミスをする。」



榎木孝明/天と地と 天ノ盤
posted by はなゆー at 14:20| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック