2008年07月23日

犬吠埼での米軍潜水艦による日本漁船「当て逃げ」疑惑の続報

千葉県犬吠(いぬぼう)埼沖で6月、福島県いわき市の巻き網漁船「第58寿和(すわ)丸」が転覆し死者4人、行方不明者13人を出した事故。

救助された乗組員は「右舷船底に強い衝撃を受けた」と証言。

だが「事故当時、僚船のレーダーや目視では、周辺海上に他船はいなかった。」


☆千葉沖漁船転覆 乗組員「船底に衝撃」 潜水調査を検討 (毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080723-00000008-mai-soci

http://www.asyura2.com/07/news6/msg/533.html

船体は深さ数千メートルの海底に沈んだとみられる。事故原因はこれまで、複数の波やうねりが干渉して突発的に波が高くなる「三角波」の可能性が指摘されていた。

だが理事所の調査で、僚船を含め三角波を見た者はなく、救助された乗組員は「体験したことのない衝撃を機関室の右舷船底部から受け、急激に右舷側に傾き沈んだ」と証言。機関室下の燃料タンクから漏れたとみられるA重油が海面に大量に浮いていたことが分かった。理事所関係者は衝撃でタンクが破損したとみている。

また、証言から▽高波なら波の進行方向に船は傾くが、寿和丸は波を受けた右舷側に大きく傾き、左舷側へは傾いていない▽船内には空気があるため転覆しても最低数時間は浮いているのに、寿和丸は数十秒で転覆、約15分で沈没した−−など通常の転覆事故とは異なる状況も判明。事故当時、僚船のレーダーや目視では、周辺海上に他船はいなかった。


☆いわき市の巻き網漁船「第58寿和丸」が千葉県犬吠埼灯台の東350キロで転覆は潜水艦事故? (7月14日の「違うことこそ素晴らしい」)

http://blog.goo.ne.jp/arai647/e/c6f11e953e681e84f93ef3152352a115

http://www.asyura2.com/07/news6/msg/534.html

・ 周囲にいた漁船の乗組員は、そんなに波は高くなかったし、現場に到着した時に波は治まっていたので、三角波が発生したとは考えにくいと証言している。

・ 海上保安庁は、三角波ではないといっている。

・ 気象庁も三角波ではないといっている。

(略)

・ 生存者の話によると午後1時半頃、右舷船首に強い衝撃を受け船が右に傾き、その5秒ほど後に再び強い衝撃があり更に傾いたらしい。波なら、右に衝撃を受けて右に傾くのは理屈に合わない。

・ 船は普通転覆しても完全に沈むまでには少し時間がかかるが、今回の事故ではあっという間に船は沈んでしまったので、船体に亀裂ができたと思われる。

・ 潜水艦に衝突されたのではないか?

・ エンジンを切って停泊中だった。深い海だったので、パラアンカー(パラシュート状のいかり)を下ろしていた。

・ エンジンを切っていたため、潜水艦からは船の存在がわかり難かった可能性がある。

・ 潜水艦が船に衝突した後にパラアンカーに引っ掛かって船を引きずり込んだために直ぐに船が沈んでしまったのではないか?

・ 船から流れ出た油の帯が南側に向かって伸びていたのが不可解である。潜水艦に引っ張られたからなのではないか?

・ 23日以降に修理された海上自衛隊の潜水艦はないとのこと。

・ 23日以降に横須賀で米海軍の原子力潜水艦「ヘレナ」が修理を受けている。「第58寿和丸」の転覆と関連があるか否かは、今のところ不明。

・ 日本側が米海軍にこの件について問い合わせているか否かは不明。

・ 今のところ潜水艦に衝突されたと実証されたわけではないが、消去法で考えるとその可能性が高いと思われる。


☆三角波? (女と男とアダルト・チルドレン)

http://blogs.yahoo.co.jp/hanakotori913/13379998.html

http://www.asyura2.com/07/news6/msg/535.html

この船、第58寿和丸で助かった人の証言では、「昼食後エンジンを止めて休憩していたところ、2回の衝撃があり、船はみるみるうちに転覆した」とのこと。

6、5キロの場所に居た僚船は、レーダーに映らなくなったので、見に行ったら転覆していた、その状況では「当て逃げ」されたな、と思ったそうです。

寿和丸はボートを引いていたが、助かった3人はそのボートに乗って助かった、それでは、三角波だとすると、ボートはなぜ大丈夫だったのか?

また、現場から流れた多量の油の流れもおかしい。

そして、田岡さんの推理では、潜水艦にぶつけられたとすると、全ての謎が開明できるんだそうです。

潜水艦が他の船の存在を知るのは、エンジン音やスクリュー音、この場合、エンジンを切って停泊していた漁船の存在に気がつかない。

そして潜望鏡かレーダーを上げた時が最初の衝撃で、あわてて潜水しようとすれば尾翼が当たる、それが2度目の衝撃。
 
もし、潜水艦が当て逃げしたとすれば、と田岡さんが調べたそうです。この場所は佐世保、横須賀、からハワイに行く体験コース。

日本の自衛隊の潜水艦は、該当するものがないが、アメリカの「ヘレナ」という潜水艦が横須賀で油圧系統の修理中ということがわかった。

ふだんはまっすぐ佐世保に行く潜水艦だそうです。

(略)

番組では、数々の潜水艦事故のことを挙げていましたが、ハワイ沖のえひめ丸をはじめ、あちこちで起きていて、甑島でジョージワシントンの当て逃げで2人が亡くなったときも、当て逃げをしてグアムで修理中にバレたんだそうです。


☆ウィキペディア「ヘレナ」(原子力潜水艦)の項→

http://tinyurl.com/6pwbn9

ヘレナ(USS Helena, SSN-725)は、アメリカ海軍のロサンゼルス級原子力潜水艦の1隻。艦名はモンタナ州ヘレナに因んで命名された。その名を持つ艦としては4隻目。





posted by はなゆー at 07:22| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。