2008年07月23日

ドイツ政府「原発の周辺に住む子供はガンの発生率が高い」

ドイツ連邦政府が公表した「放射線防護のための研究」によれば、ドイツの21の原子力発電所の一つで、周辺5キロ以内に住んでいる5歳以下の子どもたち(1980年から2003年まで)を調査したところ、小児ガンの症例が77あり、これはドイツの小児ガンの平均より60%高いことが判明。

また、白血病に限ると、平均では17症例になるはずのところが37症例もみつかり、117%(2倍以上!)高いことが判明した。


☆Kids Living Near Nuclear Power Plants Have Much Higher Rates of Cancer (Natural News)

http://www.naturalnews.com/023678.html

http://www.furl.net/item/35725846/cached

Children's risk of cancer goes up substantially the closer they live to a nuclear power plant, according to a German government study.

Researchers contracted by the Federal Office for Radiation Protection studied the occurrence of cancer in children under the age of five who were living within five kilometers (three miles) of one of 21 nuclear reactors in 41 districts of the country between the years of 1980 and 2003. A total of 4,735 children without cancer and 1,592 children with cancer were included in the study population.



一筋の麺に技を極めた!元祖かも川「麺百彩」元祖かも川手延べかも川さくらひやむぎ「送料込」...


posted by はなゆー at 20:27| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
宇宙時代に生態系の技術が最も重要かもしれない フリーウェイの周りの森にナノバブルの液体を散布すると森が復活するかもしれない 健康が最高能力を生み出し宇宙開発を成功させるかもしれない
Posted by 増田二三生 at 2008年08月11日 18:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。