2008年07月27日

「最後の授業 ぼくの命があるうちに」のパウシュ教授が死去 

ランディ・パウシュ氏(「最後の授業 ぼくの命があるうちに」で知られる米カーネギーメロン大教授。バーチャルリアリティの第一人者)が死去。47歳。

「夢を叶える道のりに障害が立ちはだかったとき、僕はいつも自分にこう言い聞かせてきた。レンガの壁がそこにあるのには、理由がある。僕の行く手を阻むためにあるんじゃない。その壁の向こうにある何かを自分がどれほど真剣に望んでいるか、証明するチャンスを与えているんだ」。


☆ランディ・パウシュ氏死去 「最後の授業」で知られる米カーネギーメロン大教授 (共同通信)

http://www.47news.jp/CN/200807/CN2008072601000905.html

http://www.asyura2.com/07/news6/msg/540.html

末期がんを告知された後の昨年9月に行った、自分の夢や生きる意味について語った最後の講義が、インターネットで話題を呼んだ。この講義は「最後の授業」として出版され、日本など世界各国で翻訳された。



最後の授業 DVD付版


posted by はなゆー at 04:07| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。