2008年07月28日

カシミールでインド軍とパキスタン軍が小規模な交戦

カシミール情勢。インド軍が軍事境界線上のパキスタン側陣地を迫撃弾と機銃掃射で攻撃。パキスタン側は応戦して発砲した。

☆Indian troops fire at Battal check post in Rawalakot (パキスタン紙「The News」)

http://www.thenews.com.pk/updates.asp?id=50431

Indian forces fired on Pakistani troops deployed at a check post of Battal in Daramsal area along Line of Control on Saturday.

Pakistani troops returned fire but there was no report of casualties.

ラベル:カシミール
posted by はなゆー at 11:33| ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イラン・パキ・アフガンを挟むインドとトルコでの爆弾事件は両国での反イスラム世論作りとアフガン派兵を狙うチェイニーの手先たるアルカイダ風グループによるものか。

昆明での爆弾事件のトルキスタン独立勢力という犯行声明もCIA傘下企業のインテルセンターからで本物かどうか怪しい。

インド軍、米軍グリーンベレーに「ジャングル戦」訓練 : AFPBB News
http://www.afpbb.com/article/politics/2423234/3169260
Posted by ゴンベイ at 2008年07月28日 12:01
昆明の件は、TNTやプラスチック爆弾や軍用でなく、今時珍しい硝酸アンモニウムでした。
Posted by 田仁 at 2008年07月28日 13:35
(硝酸アンモニウムは民生用てか工業用ですね?ダイナマイトより安定してる。)
Posted by 田仁 at 2008年07月28日 20:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック