2008年08月01日

〔史料〕林芳正・防衛大臣の車が飲酒運転で当て逃げ(2004年)

☆林芳正代議士の車が当て逃げ 下関・新春パーティ前日飲酒運転のうえに 被害者の運転手を呼びつけ暴行 (2004年1月27日付のオピニオン紙「長周新聞」=下関市)

http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/hayasiyosimasadaigisinokurumagaatenige.htm

下関市内で24日、林芳正参議院議員夫妻が乗った高級車が、タクシーに接触事故を起こしたうえに逃げるという事件があった。それだけにとどまらず、被害者のタクシードライバーが林芳正事務所に呼びつけられ、えり首をつかまれ衣服の一部を破られるなどの暴行を受けた。タクシードライバーの濱川正治氏(54歳)は、「タクシードライバーのプライドにかけて、泣き寝入りだけは絶対にしない」と、事故の正当な処理と謝罪を要求している。

暴力団も顔負け

 濱川氏はこの日、夜にかけての勤務で九時半ごろ客を乗せ、信号の多い東駅交差点を避けるために、県道下関港垢田線からそれて山の口町の市道をぬけようとしていた。この市道は延長800メートルほどでふたたび県道に復帰する近道として知られているが、見とおしの悪い急なS字カーブがあるうえに、狭いところは幅員四メートル弱と、普通車2台がやっととおるほどの場所である。

 濱川氏がそのS字カーブにさしかかったとき、反対からシルバーの高級車が来たので、道をゆずろうと左の電信柱とブロック塀ぎりぎりにタクシーを寄せて停車した。ところがシルバーの高級車は注意深くぬけるどころか、あまりスピードを落とさない状態でタクシーの横をとおりぬけようとして、右側の後部バンパーとウインカーに接触した。

 「“ガーン”と大きな音がした。お客さんが“あたった、あたった”といい、それからわたしも車をおりた」と当然、高級車も止まるものと思っていた。ところが高級車は止まらないで、スーッと走り去っていった。客を車に置いたまま「おい、止まれ!」と叫び、走って追いかけたが足ではとうていつかまえられるものではない。

 大きな音にびっくりしてか、近所の人たちも出てきて、現場で一時ワイワイとなった。そのあて逃げ高級車は、林芳正参議院議員夫妻が乗っていた車で、同事務所のF運転手がハンドルを握っていた。事故現場から直線距離で100メートルほどの林芳正事務所にむかっていたものと思われる。

 タクシーにもどった濱川氏は、無線であて逃げされたことを会社に伝えて、ふたたび客を乗せて目的地にむかった。ところが接触事故から30分以上が過ぎて、濱川氏のタクシーに会社から無線が入り、林芳正事務所にむかうようにとの指示がされた。


 政治家の看板でこけおどし

 「あてられた被害者が、加害者から呼び出されるなんて聞いたことがない」と、濱川氏はまったく納得がいかなかった。林芳正事務所の駐車場に停車して、事務所に入らずにクラクションを鳴らしたところ、窓があいてF運転手が外に出てきた。「なんであて逃げされて、呼ばれないといけないのか」と濱川氏が抗議すると、F運転手は寄ってきて「言葉遣いが悪いんじゃ」「電話したからええやろうが」と反対にいいがかりをつけられ、いきなりえり首をつかまれた。

 えり首をつかまれながらも濱川氏は顔にかかるF運転手の息がひじょうに酒臭かったため、「これはあたりまえに相手をしてはいけない」となされるがままにされていたという。F運転手は身長が175センチメートル前後で大柄なうえに、酒に酔って力任せに振り回すため、制服上着の裏ポケットは破れ、袖のボタンはひきちぎられた。

(以下省略)
ラベル:濱川正治 林芳正
posted by はなゆー at 22:27| ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 史料倉庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんなやつ人として許せないです。
当時のマスコミは何をしてたのか・・・?
やはりもみ消したのでしょうかねぇ。
Posted by taro at 2008年08月02日 20:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

林芳正防衛大臣飲酒当て逃げ暴行恣意的捜査事件
Excerpt: http://wanwanlapper.seesaa.net/article/104035068.html ○組閣メンバー見て吹きました。真のステルス複合体涙目。  アメリカがおかしいのが誰の目にも..
Weblog: わんわんらっぱー
Tracked: 2008-08-02 10:52