2008年08月06日

自殺した米研究者、炭疽菌事件の指紋とDNA一致

 2001年に米国で炭疽(たんそ)菌入りの郵便物が政府関係者や記者らに送りつけられた事件で、起訴を目前に自殺した研究者のDNAが、炭疽菌事件の事件で採取していた指紋のものと一致した。米NBC Newsが4日、報じた。

 自殺したのは、メリーランド(Maryland)州フォート・デトリック(Fort Detrick)にある米政府の生物兵器研究所で炭疽菌関連の研究を行っていたブルース・イビンズ(Bruce Ivins)博士(死亡当時62)。

 米連邦捜査局(FBI)による最新科学技術を用いた調査の結果、事件で送りつけられた郵便物の指紋と、イビンズ氏の研究室にある炭疽菌入りのフラスコから採取した指紋のDNAとが一致した。

 ニューヨーク・タイムズ(New York Times)紙が匿名情報として伝えたところによると、イビンズ氏の他にも10人あまりが該当するフラスコに触れた可能性があるとしている。

 一方、炭疽菌事件でメリーランド州内の3か所の郵便局から発送された封筒のうちの1通は、イビンズ氏が偽名で借りていた私書箱からのものだったという。また、事件当時、イビンズ氏が研究所で長時間、残業をしていた事実も指摘している。

 NBC Newsによると、米法務省は4日中にも事件について公表する見通しだ。炭疽菌事件では5人が犠牲となっている。

ラベル:Bruce Ivins 炭疽菌
posted by はなゆー at 08:06| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても、(真夏なのに)寒々しい限りです。
本当にDNAが報道の通りだったとしても、自主的に、か?強制されて、か?或いは騙されて、若しくは知らずに彼の手を素通りか?と、幾通りにも考えられるし。
見事、死人に口無し。
まあ、ケネディ暗殺と同等かそれ以上には違いない謀略っぽいな、と。
Posted by 田仁 at 2008年08月07日 00:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック