2008年08月11日

グルジアの閣僚(ユダヤ系)がイスラエル軍に感謝の意

グルジアの閣僚(ユダヤ系)が、グルジア軍を訓練し、武器も提供してくれたイスラエル軍に感謝の意を伝達した。

☆Jewish Georgian minister: Thanks to Israeli training, we're fending off Russia (イスラエルの最有力紙「ハーレツ」。なお、IEブラウザ以外で読み込むことを推奨)

http://www.haaretz.com/hasen/spages/1010187.html

http://s01.megalodon.jp/2008-0811-0955-28/www.haaretz.com/hasen/spages/1010187.html

Jewish Georgian Minister Temur Yakobshvili on Sunday praised the Israel Defense Forces for its role in training Georgian troops and said Israel should be proud of its military might, in an interview with Army Radio.

"Israel should be proud of its military which trained Georgian soldiers," Yakobashvili told Army Radio in Hebrew, referring to a private Israeli group Georgia had hired.

(以下省略)

《関連記事 その1》

☆“双頭”ロシア 後手踏む 南オセチア紛争 (8月10日の東京新聞)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2008081002000111.html

http://s03.megalodon.jp/2008-0811-1001-15/www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2008081002000111.html

ロシア軍事筋は「今回の夜間電撃作戦は米軍やイスラエル軍に似ており、ロシア軍では不可能な水準だ」と指摘。


《関連記事 その2》

☆イスラエルがグルジア軍に協力しているとの一部報道 (拙稿)

http://alcyone.seesaa.net/article/104550372.html

イスラエルのニュースサイト、デブカ・ファイル

http://wiredvision.jp/archives/200110/2001101005.html

は、9日土曜、「イスラエルの軍事専門家が、経済的な利益を見込み、ロシアとの紛争において、グルジア軍を支援している」と報じました。さらに、「グルジア大統領は直々に、イスラエルの軍事顧問の同国における駐留、及び、イスラエルからの兵器購入に同意している」としました。

この報道ではまた、「グルジアの南オセチアに対する攻撃を計画したのは、イスラエルの軍事顧問であり、ロシア政府は、ここ数週間、イスラエル政府に対し、グルジアへの支援を停止するよう求めており、これに関して、イスラエルとの国交断絶すらほのめかした」とされています。



posted by はなゆー at 10:07| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一読の要がありますんで、何卒、是が非にも。

世に倦む日日
http://critic5.exblog.jp/9269246/
新自由主義サーカシビリ政権の南オセチアへの軍事侵攻と虐殺
Posted by 田仁 at 2008年08月11日 18:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック